神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

八坂神社

世良田八坂神社(群馬県太田市世良田町)4

群馬県太田市に鎮座する「世良田八坂神社」に参拝してきました。

群馬県太田市の南部、伊勢崎市に近いところに神社は鎮座していました。

最寄り駅は、東武伊勢崎線「世良田駅」になります。
徒歩では、約15分位はかかりそうです。

駐車場は、鳥居前にありました。


こちらの神社の由緒は、次の通りです(案内板より)。
「八坂神社の創建は明らかでないが、縁起によれば新田氏代々の崇敬社であり、織田信長も同社を崇拝し社殿を修造したという。
また尾張国(愛知県)津島天王社の分霊を移したとも伝える。
これは世良田政義の娘と南朝の王子尹良親王との間に出生した良王が、津島天王社の神主となったという故事によるものであろう。
『永禄日記』(長楽寺蔵)の永禄八年(1565)六月七日の条に、『天王祭ヲイタス』とあり、古くは『牛頭天王』を祀る天王社であった。
江戸時代は神宮寺(大正二年普門寺へ合併)が奉仕し、世良田・女塚・境・三ツ木・粕川村など五ヶ村の鎮守であったが、明治初年さらに平塚・村田村・木崎宿などが加わり、二十四ヶ村の郷社とされ、八坂神社と称した。
当社は、農業・疫病除けの神として広く信仰されている。
特に夏祭は『世良田祇園』として知られ、かって十一台の屋台が繰り出して競う祇園ばやしは、夜空にこだまして絢爛幻想の世界を現出し、関東の三大祭の一つに数えられた。
近年は交通事情により祭りの規模は縮小されているものの、村人により祭り屋台・囃子が良く保存されており、神輿の渡御などに『世良田祇園』の伝統が受け継がれている。」


国道354号線から少し北へ行ったところに神社は鎮座しています。

こちらは鳥居になります。
72a822b8.jpg

木造のようです。

こちらは手水舎になります。
1a57f86f.jpg

手と口を漱いで参拝です。

境内は静かになります。

こちらは案内板になります。
b5abf476.jpg

由緒が記されています。

境内には入ると正面には社殿が鎮座しています。
7a76c3c6.jpg

cfee4257.jpg

(´人`)

社殿は、織田信長が造営を命じたとも伝えられていますが、どうなんでしょうか?

こちらが本殿になります。
89c59410.jpg

なかなか立派です。

境内の右側には、神楽殿がありました。
38a1feac.jpg

どんな神楽が舞われるのでしょうか?

大きな舞台もありました。
ad37cdc5.jpg

こちらでも神楽が舞われるのでしょうか?続きを読む

駒形神社(群馬県前橋市)4

群馬県前橋市にある「駒形神社」に参拝してきました。

前橋市の東部、伊勢崎市や高崎市にも近いところに鎮座していました。

以前の参拝日記⇒こちら


こちらの神社の由緒は次の通りです(案内板より)。
「本社の鎮座するこの地は古くは利根川本流の西岸に位置し、広漢たる原野の中に駒形社一社のみあり、駒形大明神と称し、祭神に保食命で、食糧、農耕守護の神として信仰された。
上野名跡考では『駒形とは野の神、山の神、水の神、土の神の社地より準き土を採り、駒形を造り野馬守護のためこの四神を祀る』と誌す。境内は馬蹄形をなし源頼朝の愛馬『磨墨』の蹄と伝えられるものが御神体の一部にある。
勧請年月は、元亀元年と伝えられる。
『上野国郡村誌』
神仏混有時代は小屋原町の天台宗泉蔵寺に属していたが、慶安年間(1650年)項束善養寺村(現前橋市東善町)より数戸、この地へ移転して以来漸次戸数の増加により社殿を改築し、別当『山伏修験本明院』を設け駒形の氏神とした。
社殿は宝暦七年(1752年)に改築したが現在のものは明治三十八年十月の新築である。
明治四十年十二月本社境内末社三社(八坂社、稲荷社、秋葉社)並びに町内字東高島鎮座琴平神と、その境内末社四社(八坂社、稲荷社、秋葉社、菅原社)及び町内字桃井鎮座の雷電神社と、その境内末社三社(八坂社、三峯社、諏訪社)を駒形神社に合併した。
大正三年十月九日、群馬県より神饌幣帛料供進神社に指定され村社となる。
昭和二十年神社官制廃止に伴い、同年十二月『宗教法人駒形神社』となる。」


1月1日に参拝してきました。
初詣の参拝客が多かったです。

二の鳥居になります。
f1e1a261.jpg

その脇には、社号標がありました。
b7c9c4d7.jpg

何だか可愛らしい文字です。

境内に入ります。

参道を進みます。
1d9312a1.jpg

狛犬がいらっしゃいました。
d8a6d312.jpg

953e15c8.jpg

意外といかつい顔です。

こちらが神楽殿になります。
7a51aa02.jpg

どんな神楽が舞われるのでしょうか?

庚申塔や馬頭観音の碑がありました。
f5c7a918.jpg

何だか神仏習合的な感じがします。

社殿になります。
869545b6.jpg

そんなに大きな社殿ではありません。
参拝客で列を作っています。
地域の方々に親しまれている神社なんですね。
授与所前でも御守りや御札を頂く方が多いです。続きを読む

富田八坂神社(栃木県栃木市)5

6f00e878.jpg

栃木県栃木市に鎮座する「富田八坂神社」に参拝してきました。

栃木市の南部、旧大平町に神社はありました。

最寄り駅は、JR両毛線「大平下駅」、東武日光線「新大平下駅」になります。
両駅から徒歩では5分位かもしれません。

神社専用駐車場は、見当たりませんでした。

少し離れた所に「金剛峯山 如意輪寺(下野三十三観音霊場 二十五番札所)」がありました。


こちらの神社の由緒は以下の通りです。
「八坂神社神輿新調記念碑
往昔、千種の里と呼ばれたこの地に、皆川氏の一族である富田氏の居城富田城(富田中根城)が築かれた永享年間(1429〜40)、城内に牛頭天王として祀られたのが、素盞鳴命を主祭神とあおぐ当八坂神社の始まりと伝えられている。
その後、江戸時代の寛永十七年(1640)三月二十二日に牛頭天王は現在の地に移創された。
正保年間(1644〜47)、富田の地は日光例幣使街道が整備されると、奉幣使や日光社参の諸大名、秩父火消同心やその他の諸役人、一般人の往来が頻繁となり、その宿場町として繁栄をきわめたが、享保八年(1723)十一月、宿内に恐ろしい疫病が流行した。
このため氏子たちは一致してその撲滅のため協力しあい、神輿を新調して宿内を巡行これを追散せしめたのであった。
時代は下って明治元年(1868)、牛頭天王は八坂神社と改称し、同二十六年(1893)に富田全域の総鎮守となり今日に至ったが、その間由緒ある神輿は、永い年月を経たことから、老朽化が著しい状況を呈するようになった。
そこで、このたびこれを新調するため、氏子の皆さまの浄財をご芳志いただき、ここにめでたく新しい神輿が完成と相い成ったのである。
以上の由来と、この偉業を後世に末永く伝えるとともに、これを記念してこの碑を建立するものである。
平成六年七月吉日」


こちらの神社は、日光例幣使街道富田宿の総鎮守になる神社になります。

道路沿いに鳥居がありました。
42aa8352.jpg

社号碑になります。
bad25c01.jpg

境内の左側には、手水舎がありました。
2cde484b.jpg

こちらは、神楽殿です。
b1543add.jpg

どんな神楽が舞われるのでしょうか?

こちらが社殿になります。
fefa7434.jpg

小ぢんまりしてます。

本殿は覆われていて、見ることは出来ませんでした。続きを読む

美和神社&桐生西宮神社(群馬県桐生市)5

群馬県桐生市に鎮座する「美和神社」に参拝してきました。
延喜式神名帳に記載された式内社になり、旧郷社になります。

最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」もしくは上毛電気鉄道「西桐生駅」になります。
徒歩では少々かかりそうです。

駐車場はありませんでした。
自動車で行かれる方は気を付けてください。


美和神社の由緒は以下の通りです。
「当社は大和国御諸山神鎮まり坐す『元』官幣大社『現』大神大社と御同神にして創建は人皇十代崇神天皇の御代今を去る弐千有余年前我毛野国に東国鎮護の神として奉斎時恰も天下疾疫大に流行し時天皇之れを憂慮し玉ふ一夜大物主命天皇の御夢に告げて曰く之れ我御心なり宣く我御前を祭祀せば立ち所に息み年亦豊穣國家安穏なるべしと於是御社を御諸山に建立し御神霊を奉斎す此の事大和の御本社由緒記にも見ゆ。
(下野国十二社式内大神神社も同時鎮祭せしものならん)
当社は桓武天皇延暦十五年八月甲戌上野国山田郡美和大神を官社と為すと日本後記に見え後清和天皇貞観四年五月二十五日を以て従五位下勲十二等を授けられ又三代実録に陽成天皇元慶四年五月戌寅従五位の上より正五位以下勲十二等を授けられ其后朱雀天皇白河天皇崇徳天皇高倉天皇後鳥羽天皇土御門天皇亀山天皇後宇多天皇の各朝より位階を賜進せられたり延喜制式内の小社に列せられ国帳従一位美和大明神と記しあり
延享元年八月二十七日神祇道管領卜部朝臣兼確より上野國山田郡園田庄桐生鎮座三輪神社の御神号を贈進せられ。
旧旗本布施孫兵衛斯る古社の釆邑にあることを喜ひ毎年当社へ御供米参斗八舛御燈明料として米八石を慶応四年辰三月迄寄進せらる。
明治五年十一月郷社に列せられ。第二十三大区十二小区の鎮守とす。
明治四十一年七月省令に依り桐生町村社八坂神社を合併。」


入口になります。
b64673ad.jpg

右側には社号標がありました。
d067c8af.jpg

こちらは三輪大明神と刻まれています。
1b84b68d.jpg

鳥居になります。
415669cc.jpg

境内の右側に手水舎がありました。
8658d8e1.jpg

神楽殿になります。
2cd2bc4a.jpg

どんな神楽が舞われるのでしょうか?

八意思兼神社になります。
8a538115.jpg

社名から推察するに思兼神を祭神とすると思われます。
聖徳太子も祀られています。

その右側には機神社(はたがみしゃ)になります。
e6cf28fe.jpg

やはり絹織物の街です。

市神母衣輪神社になります。
b10cdafe.jpg

元治元年(1865)に建立された筆塚になります。
ce889189.jpg

仙台石になり、当時の神官小島行楚の書だそうです。

八坂神社の神輿倉になります。
00ce3d34.jpg

05fa973f.jpg

八坂神社の祠をさがしたのですが、美和神社に合祀されているそうです。
八坂神社は、桐生祇園祭の神社になります。

こちらが美和神社の社殿になります。
fe8ede1c.jpg

早速参拝です。

こちらが狛犬です。
1e93bcf0.jpg

e14823af.jpg

結構いかつい顔をしています。続きを読む

香林火雷神社(群馬県伊勢崎市)3

群馬県伊勢崎市にある「香林火雷神社」に参拝してきました。
旧村社になります。

群馬県伊勢崎市の北部、旧赤堀町にありました。
国道50号線「西久保町」という交差点を少し北上した所にありました。

駐車場は見当たりませんでした。
自動車は、境内の左側にある公民館?兼社務所の前に停められそうです。

最寄の駅は、JR両毛線「国定駅」になります。
徒歩では、かなりかかりそうです。


こちらの神社の由緒は、以下の通りです。
「この地(群馬県)は地形上から山と雷に対する風格化が多い。
大雷、火雷神社等に雷の通り道というのがあって、その道筋に神社を建てて、その怒りを鎮めようとした。
神社は政治と祭り事と称した様に、人間と切っても切り離せない生活の中の同居人であった。
雷は災害も、もたらすが、雨を伴う恵みの雨は作物の生育を助け、農耕民族にとって不可欠なものでありました。
創建年代は不詳なれども古老の傳える所によれば、今から七○○年前頃、この地に鎮守の杜があり、室町時代より続く境野家(土手屋敷)の氏神として「太郎宮」が建立されました。
その後領主上野介景秀公神明の尊崇厚く神殿を修理し、奉幣の儀を行う後、累世崇敬せられしも、何時、郷民の持ちとなりました。
以後、郷民の手により守られ祭祀が絶えることなく行われて来ました。
現在の拝殿は元禄時代(1690年頃)に、本殿は宝暦八年(1758)に再建された建物である。
明治十二年、火雷神社と改称し村社に列す。
明治四十二年大字天神久保に祭祀してあった菅原神社、稲荷神社と火雷神社に祭祀してある八幡神社、春日神社、山神社、樺神社、鹿島神社、菅原神社、秋葉神社、八郎神社、神明神社を合祀して今日に至る。
大正三年四月十五日、神饌幣帛料供進神社に指定される。」


こちらが鳥居になります。
ab15eadb.jpg

道路沿いにありました。
T字路の所にあるので、ミラーが何だか邪魔な感じがしますが、仕方ありません。

こちらが社号標になります。
57670a57.jpg

村社になります。

鳥居を入ると、両サイドには狛犬がいらっしゃいました。
35f3cd44.jpg

359c83ed.jpg

いかつい顔をしています。

参道を進むと、正面には社殿がありました。
b84a370d.jpg

祭神は、火産霊命になります。

(´人`)

境内の左側には椎ノ木がありました。
d9296629.jpg

御神木という位置付けだと思われます。
傍らには、小さな立て看板がありました。
a48f3d6c.jpg

「まず頼む 椎ノ木もあり 夏木立」と詠まれた松尾芭蕉の句が書かれていました。
何か所縁があるのでしょうか?

摩利支天が祀られているお社がありました。
4dd9f8c1.jpg

由緒は、以下の通りです。
「開運の神、摩利支天尊は、元は火雷神社の裏にあったが、勝負に負けず嫌いの強い神として信仰され、参拝者が多いので、火雷神社境内の西方、社前の現在地へ遷した。
昔、柔道の先生高柳伝四郎氏は東京へ試合に行く時、丑の刻参りを行ったと伝えられる。
現在では進学、就学、選挙、又は勝負に関する事が非常に多彩なので、特に参拝者が多く、願が成就した時は木の木刀を作って御礼参りに行くのである。
現在でも年中新しい木の木刀が奉納してある。
摩利支天は梵名マリーチの音訳で訳すと、威光とか陽焔となるこれは陽炎の事を考えればよい。かげろうの神格化されたもので、日天の前にいつも疾走して阿修羅の軍を調伏する神とされている。」

何だか神仏習合的な感じがします。
何故、お寺に合祀されなかったのだろうか?続きを読む
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
メッセージ
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ