神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

伊勢崎佐波観音霊場

石岡山 不動院 退魔寺(群馬県伊勢崎市美茂呂町)5

image

群馬県伊勢崎市の東部にお寺はありました。

最寄り駅は、東武伊勢崎線「新伊勢崎駅」になります。
徒歩では、かなりかかりそうです。

駐車場はありました。
自動車は、5〜6台位は停められそうです。


こちらの寺院の由緒は、次の通りです(上毛新聞社刊『ぐんまのお寺 真言宗』から抜粋)。
「寺伝によれば、応安四年(1371)茂呂勘解由左衛門尉源義輝の開基、道照禅師の開山としている。
 永和三年(1377)銘の茂呂道照坊山出土の阿弥陀種子板碑を所蔵している。
 現在の退魔寺の位置は、天正十八年(1590)廃城となった茂呂城の跡地である。城主が滅び寺もまた衰廃していたのを光円坊宥秀が中興した、と寛政十年(1878)の『伊勢崎風土記』にはある。
 寺ではまた石田三成の妖怪退治を伝える。
 以後、寛文三年(1663)回禄の災いに罹り、同十年(1670)再建。延宝五年(1677)九月不動堂を建立。本尊大日如来座像は正徳四年(1714)に住職宥慶の発願により総檀徒の喜捨で造立した、と記された木牌がある。宝暦十年(1760)六世宥伝が庫裡を建築。寛政四年(1792)八世快尊が本堂を改築、10月27日入仏式が行われ、同日から11月1日まで不動堂が開帳されている。文化十四年(1817)水神を祀る石宮が茂呂村惣村中によって境内に建てられた。
 明治三十年(1897)ごろできた『佐波新田郡三十四ヶ所観音霊場』に退魔寺の子安観音が第二十三番に見える。
(中略)
 主な年中行事には1月28日の初不動の縁日があり、だるま市が立つ。なお、昭和37年(1962)ごろまでは節分会に火渡りの儀式が行われていた。」

image

伊勢崎佐波三十四観音霊場の案内板には、次の通り書かれていました。
「第二十三番 石岡山不動院退魔寺、子安観音
 応安四年(1371)城主茂呂勘解由左衛門尉源義輝、城内の光円坊を改め、香華院を創立。弘法大師御自作の不動明王を本尊とし、小俣鶏足寺より道照禅師を開山の師と仰ぎ、帰依したことに始まり、その後、宥秀和尚の時に退魔寺と改称したと伝えられる。
 また所伝によると石田三成当地を通過した折、当時、土橋(光円橋)付近に毎夜妖怪が現れ、庶民このために難渋すると聞き、退治したので石田氏の徳をたたえ寺号を改め、寺紋を石田氏の紋にしたともいう。
 寛文二年(1662)火災に罹り、同十年再建。大日如来(胎蔵界)を安置、延宝五年(1677)不動堂を再建、昭和十六年(1941)再度不動堂を二十三世慶隆和尚によって再建し、今日に至る。」

山門になります。
image

午後に参拝したので、逆光になってしまいました。

先に進みます。

image

東国花の寺百ヶ寺の札所になっているだけあって、境内には牡丹がありました。しかし、時季が過ぎました。残念です。
image

紫陽花もありますので、梅雨の時期は良いかもしれません。
また、茂呂城跡にお寺があるため、その標がありました。

山門を入ると正面には「不動堂」がありました。
image

「厄除不動尊」が祀られており、北関東三十六不動尊霊場の札所本尊になります。

「堤守護神十三仏第一番不動様」と書かれた標がありました。
image


他の札所?はあるのでしょうか?

また、「本堂」が右奥にありました。
image

本尊である「大日如来」が祀られており、東国花の寺百ヶ寺・上州新四国八十八ヶ所の札所本尊になっています。

本堂と不動堂の間には「観音堂」がありました。

image

新上州三十三観音霊場と伊勢崎佐波観音霊場の札所本尊が祀られています。

毘沙門堂がありました。
image

石造のようで、あまりお顔がよくわかりません。

近くには妖怪が出たという「光円橋」がありました。
image

image

今も妖怪が出るのでしょうか?
といっても石田三成が退治したので平気でしょう。まさか、石田三成が徳川家康の元に出ていたりして…

御朱印は「庫裡」で頂けました。「大日如来(東国花の寺百ヶ寺)」・「厄除不動尊(北関東三十六不動尊霊場)」・「子安観音(新上州三十三観音霊場・伊勢崎佐波観音霊場)」の3種類がありました。
御朱印代は、各300円です。

お札等の授与品がありました。
image

必要な方はどうぞ。




寺院名:石岡山 不動院 退魔寺
所在地:群馬県伊勢崎市美茂呂町3612番地
宗 派:真言宗豊山派
本 尊:大日如来
札所等:上州新四国八十八ヶ所 二十二番札所
    北関東三十六不動尊霊場 六番札所
    上州三十三観音霊場 十五番札所
    伊勢崎佐波三十四観音霊場 二十三番札所
    東国花の寺百ヶ寺
御詠歌:悪魔をば みな退けて 茂呂の寺 大慈大悲の 誓いなりけり

理春山 竹芳寺(群馬県伊勢崎市)5

156a6ed2.jpg

群馬県伊勢崎市にある「理春山竹芳寺」に参拝してきました。
曹洞宗に属するお寺になります。

伊勢崎市役所から西へ約1km行った所にお寺はありました。
お隣は、群馬ヰセキとJAです。

最寄り駅は、東武伊勢崎線「伊勢崎駅」・「新伊勢崎駅」になります。
徒歩ではかなりかかりそうです。

駐車場は、参道の左側にありました。
自動車は、5台は停められます。


こちらのお寺の由緒は以下の通りです(伊勢崎佐波観音霊場の案内パンフレットより)。
「かつてこの地域を知行していた旗本駒井家の菩提寺であった。
初代を竹芳全可、奥方を華厳理春と号しそれをとって理春山竹芳寺という。
二代親直の代に発看義光大和尚を迎えて開山に及び三代親昌に於て完成す。住職五世英嶽大和尚の時なり。
尚初代、二代は当寺御取立以前なので宝幢院に納る。
三代目より御定府の事故江戸青山玉窓寺に葬す。
当時には御追骸として御髪来り是を葬して御廟を立つ。」


お寺は、大通りから少し南へいった所にありますので、わかりづらいかもしれません。
「伊勢崎霊園」という看板を目印にしてください。
46f4dee9.jpg

こちらが入口になります。
06ad61b9.jpg

特に山門はありません。

こちらが寺号標になります。
24fb222a.jpg

ffb79771.jpg

宝篋印塔なんでしょうか?
802a143e.jpg

入り口の左側には、「三社大明神」というお社?お堂?がありました。
c08341ae.jpg

稲荷大明神・天満宮・秋葉大明神で三社だそうです。
こちらの祠は竹芳寺の鎮守社なんでしょうか?

こちらが案内板です。
5c1054db.jpg

参道を進むと、左側には駐車場があります。

参道を進んでいきます。
b87e3156.jpg

石橋なんでしょうか?
川は流れてはいませんが・・・

境内に入ると、鐘楼がありました。
2ab4623d.jpg

安永四年(1775)にできた梵鐘だそうで、「伊勢崎市指定重要文化財」になっています。

こちらが案内板です。
c0aa5536.jpg

平成25年6月29日に参拝しましたが、境内にあった紫陽花は満開でした。
1e598de5.jpg

この時期の紫陽花は、やはり綺麗です。
本堂前には、仏像がありました。
3e2c2228.jpg

一体誰なんでしょうか?

また、こちらの仏像もありました。
5b4070db.jpg

お地蔵様なんでしょうか?
若しくは、お釈迦様なんでしょうか?

こちらが本堂になります。
d7154b81.jpg

本尊である「聖観世音菩薩」が祀られています。
以前参拝したときは、本堂は新築中でしたが、6月29日に参拝したときは出来てました。続きを読む

太陽山 香火院 天増寺(群馬県伊勢崎市)5

140fcb36.jpg

群馬県伊勢崎市の北東部にお寺はありました。
県道桐生伊勢崎線から少し北にいった所にあります。

最寄り駅は、JR両毛線・東武伊勢崎線「伊勢崎駅」になります。
徒歩では、20分位かかりそうです。

駐車場は、境内の左側にありました。
自動車は、数十台位は停められそうです。


こちらのお寺は、慶長六年(1601年)に伊勢崎藩主になった「稲垣平左衛門長茂」によって創建されました。
代々の稲垣家の菩提所になります。


護国門です。
1f6c6647.jpg

普通の門柱ですね。
何故このような名称になったのかは、わかりませんでした。

護国門から境内に入ると右側には、観世音菩薩立像がいらっしゃいました。
eb99a092.jpg

参道の両脇には梅の木ありました。
参拝した時は、まだ花は咲いておらず、2月下旬から3月にかけて境内に甘酸っぱい香りが漂うかもしれません。

参道を進んでいくと山門がありました。
23ed6033.jpg

周辺のお寺の中ではかなり大きく、とても立派でした。

こちらが扁額です。
e5b5b272.jpg

山門の右側には、曹洞宗開祖の「道元」の像がありました。
ccceabc6.jpg

やはり、曹洞宗のお寺です。

庚申塔もありました。
1a6562ec.jpg

山門を入り、右側には貞和二年(1346年)に建立の「宝塔」がありました。
7594054d.jpg

群馬県指定重要文化財になっており、かなり大きいというか、「太い」といった印象です。

手水舎です。
c0696e2c.jpg

手水舎の後ろには、「お救い地蔵さま」がいらっしゃいました。
8b53b781.jpg

両手をつき、お願いをすると、苦悩を抜き去り、救ってくれ、平安を与えてくれるそうです。
早速、お願いをいたしました。

本堂になります。
0d2b5d35.jpg

本尊である「千手観世音菩薩」が祀られています。
創建当時は、稲垣平左衛門長茂が武運長久を願って合戦で持ち歩いたと伝わる「千手観世音菩薩」を祀っていたそうです。
三度の火災に見舞われてしまい、観音様は代替わりしたそうです。
現在でも運を開き、魔除けの霊験あらたかな観音様として信仰されているそうです。続きを読む

菩提山 光蔵密寺 宝幢院(群馬県伊勢崎市)5

群馬県伊勢崎市にある「菩提山 光蔵密寺 宝幢院」に参拝してきました。
真言宗豊山派に属するお寺になります。

以前の参拝日記は⇒こちら


伊勢崎市の中心部から南西へ行った所にお寺はありました。
近くには、イトーヨーカ堂伊勢崎店がありました。

最寄り駅は、JR両毛線・東武伊勢崎線「伊勢崎駅」になります。
徒歩では、かなりかかりそうです。


こちらのお寺は、歴応二年(1339年)親袂僧都が開山になります。
大永三年(1523)清心法印の時には永代檀林となって皇室守護祈祷の大任を受け、今でも醍醐・朱雀・村上天皇の三天皇の菩提を弔っているそうです。


こちらは、山門になります。
24f61e2a.jpg

なかなか立派です。

山門を入ると、右側には手水舎がありました。
737d4462.jpg

境内の左側には「観音堂」がありました。
e58363e8.jpg

十一面観音が祀られています。
伊勢崎佐波観音霊場の札所本尊になります。
d2d8e4f1.jpg

88a5d090.jpg

小窓から中を覗きこむと、観音様が見えました。
8d1f46f3.jpg

観音堂の前には、御詠歌の碑ありました。
62c071dd.jpg

「宝幢のもとにたたせし大悲尊 菩提の種を人に授けん」と刻まれています。

こちらは、宝篋印塔でしょうか?
ef78176f.jpg

観音堂の右側にありました。

参道を進むと、正面には「本堂」がありました。
5452e268.jpg

本尊である「大日如来」が祀られています。
上州新四国八十八ヶ所の札所本尊になります。

本堂には、山号額が掲げられていました。
6d7c60f8.jpg

また、御詠歌の額も掲げられていました。
5a106de7.jpg

こちらも観音堂の前にある御詠歌の碑と同じ御詠歌が刻まれています。

両方ともなかなか立派です。続きを読む

華蔵寺(群馬県伊勢崎市)4

ba14fdcb.jpg

群馬県伊勢崎市にある「丘林山 浄土院 華蔵寺」に参拝してきました。
天台法華円宗になります。

伊勢崎市の中心部から少し北、華蔵寺公園内にお寺はありました。

最寄り駅は、JR両毛線・東武伊勢崎線「伊勢崎駅」になります。

駐車場は、境内の東側にありました。
自動車は、数十台位は停められそうです。

貞観十四年(872年)に鎮護国家の道場として創建、智證大師円珍上人が東国巡錫の折りにこの地を選び伽藍を建立、現在の寺院名になったそうです。

江戸時代には伊勢崎藩とも繋がりがあったようで、文化三年(1806年)に熱病が流行ったため、藩からの要請で祈祷が行われ、領内の村々に護摩札が配られたそうです。
また、雨乞いの祈祷も行われていたようです。

入口になります。
3bd1461c.jpg

山門はありませんでした。

本堂になります。
b4f1c9d3.jpg

本尊である「釈迦如来」が祀られています。

こちらのお寺は、昭和四年に浅草寺より「聖観世音菩薩」の分身を勧請したそうです。
また、伊勢崎佐波観音霊場の札所本尊である「十一面観音」も安置されています。
観音様が二体も・・・
けんかしないのでしょうか?

また、不動明王も安置されており、縁日の18日には護摩祈願を行っているようです。

境内には、元禄十五年(1702年)の「三界万霊塔」がありました。
ae3f20de.jpg

観世音菩薩がいらっしゃいました。続きを読む
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ