まほろば御朱印紀行

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

上州三十三観音霊場

前橋厄除大師蓮花院 ぴんころ地蔵尊の御朱印(群馬県前橋市下増田町)5

KIMG4831
 群馬県前橋市の東部、伊勢崎市に近いところに寺院がありました。
 少し北には北関東自動車道、南にはJR両毛線が走っています。

 最寄り駅は、JR両毛線「駒形駅」になります。
 駅から徒歩で寺院まで30分位はかかりそうです。

 駐車場は、門前と寺院裏にありました。
 自動車は、合わせて100台以上は停められそうです。


 こちらの寺院の由緒は、次の通りです(上毛新聞社刊『ぐんまのお寺 真言宗1』より一部抜粋)。
「(前略)
 『寺院明細帳』によれば、栃木県の出流山千手院満願寺の末とある。真言宗であり、新義真言宗智山派と追記されている。
 由緒沿革記によれば、天分二年(1533)勢多郡荒砥村大室の住人玉泉坊の開基という。その後、十世の間は各宗の僧侶が相続し、宮城村鼻毛石の赤城寺(せきじょうじ)を本寺としたという。享保四年(1719)下野出身の第十一世宥尊上人が、下野出流山千手院住職宥盛に従って求法を継ぎ、今宮山蓮花院増田寺と称した。
(中略)
 元禄三年(1690)十二世舜賀上人の代に堂を改築したが、宝暦年間(1751〜1764)に類焼にあい、本堂を残して、土蔵、鐘楼、山門などを焼失した。本堂は今に伝わる。舜賀上人を中興開山としている。この舜賀上人は大黒天を自ら刻んでいる。
 明治二十五年(1892)5月、本堂改築の際に知事の許可を得て、武州大師河原平間密寺、川崎大師の第一分身、甲子大黒天を安置した。これについて『明細帳』には明治二十一年三月九日に厄除弘法大師 武蔵国江原村平間寺分体安置で出願、五月十四日許可とある。表門前の石碑には明治二十年(1887)十二月二十五日仮安置とも刻まれている。今本堂に本尊として安置されているのは厄除弘法大師像である。表門をくぐった楼上にも弘法大師の像が立つ。
(中略)
 本尊の聖観音菩薩は天文二年(1533)京都の仏師鈴木民部の作という。この仏像は開山の玉泉上人が依頼して作らせたものという。また、浩玄が造った観音菩薩もある。これは明応七年(1498)の作という。
 正月の厄除け祈願には大変な参詣者がある。
(後略)」


 前橋市といっても市街地からかなり外れていますので、周辺は田園地帯となりかなり長閑になります。

 こちらの寺院は「今宮山蓮花院」という寺院名になりますが、「前橋厄除大師」という通称で知られています。
 周辺の道路には、お寺の看板が出ています。自動車で行かれる方は、その看板を目印にしてください。

 境内はとても狭い位です。

 本堂
KIMG4812
 本尊である「聖観音菩薩」になります。この観音様は、関東八十八ヶ所・上州三十三観音霊場・ぼけ封じ関東三十三観音霊場の札所本尊になります。
 他にも川崎大師平間寺よりの勧請になる「厄除弘法大師」も祀られています。

 お正月は、祈祷祈願を行う参詣者で混みあうようです。
 今の時期以降は、毎週日曜日午前10時より護摩祈祷が行われておりますので、ご希望の方はお寺までお申し込みください。私が参拝したときも祈祷祈願の申し込みをされている方々がいらっしゃいました。

KIMG4815
KIMG4814
 その中にところ狭しと仏像が祀られています。まるで仏像博覧会のような独特の雰囲気を醸し出しています(・ω・)

 ぴんころ地蔵尊です。
KIMG4820
KIMG4821
(´人`)

 今回は「ぴんころ地蔵尊」の御朱印を頂きました。御朱印代は500円です。判子の書き置き御朱印になります。

 各種御守り(一体800円)や各種御札(一体1,000円)がありました。御守りの種類は多かったです。

 霊場の札所になっていますので、御朱印はあります。




寺院名:今宮山 増田寺 蓮花院
所在地:群馬県前橋市下増田町1626番地
宗 派:真言宗智山派
本 尊:聖観世音菩薩 弘法大師
通 称:前橋厄除大師
札所等:関東八十八ヶ所 五番札所
    上州三十三観音霊場 十三番札所
    ぼけ封じ関東三十三観音霊場 十八番札所
御詠歌:誓願も めぐみもあらたか 観世音 上州の里に 四方も照らさん
    赤城山 大師の御手に 導かれ 長寿福寿を 願うこの寺

日限地蔵観音院 御詠歌の御朱印&交通安全ステッカー(群馬県桐生市東)5

KIMG4827
 桐生市の東部、桐生タイムスという新聞社の少し北側にありました。
 お寺の西側には「諏訪機神社」が鎮座しています。

 最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」、上毛電気鉄道「西桐生駅」になります。徒歩ではかなりかかりそうです。近くまでバスが来ているかもしれません。

 駐車場は、道路を挟んで反対側と境内の東側にありました。自動車は、数十台位は停められそうです。


 上毛新聞社刊‘ぐんまのお寺 真言宗機任砲茲襪藩浬錣蓮以下の通りです(一部を抜粋)。
「当寺の開創は文書・記録が失われていて確実なことはわからない。しかし、江戸時代中ごろの郷土史家高橋五右衛門守行によって著された『今泉古事談』によると、正保元年(1644)養甚という道心が岩崎彦右衛門の庵に移り住んだのを始まりとする。承応元年(1652)小俣村(足利市)威徳院の弟子、秀賀という僧が来住、庵を今の観音堂の廟所に移し観音院と呼んだ。その後、寛文二年(1662)に現在地諏訪の森に移した。」


 11月24日の地蔵菩薩の縁日に参拝です。 

 山門
KIMG4807
 参道には露店が出ております。
KIMG4808
 地蔵堂になります。
KIMG4809
 お地蔵さまの縁日です。「日限地蔵尊」として知られている諏訪山観音院に参拝いたしました。日限地蔵尊は地蔵堂に祀られています。

 本堂
KIMG4810
 本堂には聖観音が祀られており、関東八十八ヶ所・上州三十三観音霊場・上州新四国八十八ヶ所の各札所本尊になります。

 水掛不動尊
KIMG4811
 御朱印は、縁日は本堂内の御朱印受付にて頂きました。御詠歌の御朱印を頂きました。御朱印代は300円でした。

 各種御守りはありました。交通安全のステッカーを頂きました。300円です。





寺院名:諏訪山 能満寺 観音院
所在地:群馬県桐生市東二丁目13‐18
宗 派:真言宗豊山派
本 尊:聖観世音菩薩
札所等:関東八十八ヶ所 十番札所
    上州三十三観音霊場 五番札所
    上州新四国八十八ヶ所 四十八番札所
御詠歌:諸人の 願いをしかと 能満の 深き誓いに 絶えぬ香煙

瑠璃光山光栄寺 叶念珠(群馬県みどり市大間々町)5

KIMG4770
 群馬県みどり市大間々町にある真言宗智山派の名刹「瑠璃光山光栄寺」に参拝。
 叶念珠を一体頂きました。500円です。ピンク色の叶念珠がありました。
 
 山門
KIMG4747
 本堂
KIMG4745
 近くの高津戸峡は、紅葉が始まっています。



寺院名:瑠璃光山 医王院 光榮寺
所在地:群馬県みどり市大間々町大間々1056番地
宗 派:真言宗智山派
本 尊:薬師如来
通 称:柿薬師
札所等:関東八十八ヶ所 八番札所
    上州三十三観音霊場 一番札所
    関東九十一薬師霊場 四十九番札所
御詠歌:柿薬師せいなる光あびながら 祈りの声を耳にふれつつ(関東八十八ヶ所)
    山の名の るりを土なる かの国の みちはこがねの さかひとぞきく(上州三十三観音霊場)

水澤観音水澤寺 新上州観音霊場の御詠歌の御朱印(群馬県渋川市伊香保町)5

KIMG4567
 群馬県渋川市の中でも伊香保温泉に近いところにお寺はありました。

 お寺専用の駐車場は、お寺の北側にありました。自動車は、100台以上は停められそうです。


 こちらの寺院の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「【水沢寺】
 群馬県北群馬郡伊香保町にある天台宗寺院。五徳山。本尊は十一面千手観世音菩薩。
 寺伝では、上野国国司高光により菩提寺として建立され、高麗の高僧恵灌(えかん)を招いて開山別当としたという。本尊は高光の元に嫁いだ伊香保姫の持仏という。」

 また、東京堂出版刊「古寺名刹辞典」によると次の通りです。
「【水沢寺】
 群馬県北群馬郡伊香保町水沢214。五徳山と号す。天台宗。坂東三十三ヶ所第十六番霊場である。水沢観音とも呼ばれる。本尊は十一面千手観音。
 奥深い境内には観音堂、六角堂、弘法大師堂、飯縄権現などの諸堂があるが、かつては三十以上の堂塔を誇ったという。履中天皇のころ、上野国へ流されて来た左大将高野辺家成の娘に伊香保姫という方があった。姫が高光中将のもとへ嫁ぐまでには多くの悲話が残されている。水沢寺は高光中将により、自家の菩提寺として建立され、高麗より来日した高僧恵灌を招いて開山別当とした。本尊は伊香保姫の持仏であったという。
 御詠歌は
  たのみくる心も清き水沢の
   深き願いを得るぞうれしき」


 久しぶりに参拝。観音堂前の前の香炉には線香が手向けられ、良い香りがします。
KIMG4564
 六角堂は、大日如来と地蔵菩薩が祀れています。
KIMG4563
 関東百八地蔵尊霊場の札所本尊であります。

 鐘楼堂です。
KIMG4560
 御朱印は、授与所にて頂きました。新上州三十三観音霊場の札所になっているため、その御詠歌にて頂きました。御朱印代は300円になります。




寺院名:五徳山 無量寿院 水澤寺
所在地:群馬県渋川市伊香保町水沢214番地
宗 派:天台宗
本 尊:千手観世音菩薩
通 称:水澤観音
札所等:坂東三十三観音霊場 十六番札所
    上州三十三観音霊場 別格霊場
    関東百八地蔵尊霊場 三十三番札所
御詠歌:たのみくる 心も清き 水沢の 深き願いを うるぞうれしき

石山観音万徳寺(群馬県伊勢崎市下触町)5

KIMG3594
 群馬県伊勢崎市の北西部、前橋市に近いところにお寺はありました。

 お寺専用の駐車場はありました。


 山門に掲げられた案内板によると、こちらの寺院の由緒は、次の通りです。
「上州石山観音 沿革
 嵯峨天皇代、弘法大師がこの地を巡錫(説法ながら各地を巡る)した折に聖観音像を一夜で厳頭に刻し二十一日間この石上で修法さる。(聖観音は三十三体観音の本尊、地獄道に堕ちた者を救う)
 その後、妙恵比丘がこの地に庵を造りお産、病苦、畜馬、畜牛に霊験を給わる。
 神鳳抄によれば平安朝代石山の荘園として領有三十町歩に及び、奈良時代延喜式による御牧等設けられると記さる。
 当山は北関東随一の馬頭観音で一名師子無畏観音とも云い、頭上に馬の頭を戴き畜生道に堕ちた者を救う。馬頭観音を心中で想い、口で念ずると四十里以内に不魔諸々の鬼神がいなくなり罪障消滅、多くの福を得ると云う。

鐘楼堂
 元亀年間、赤堀城城主秀綱が主家の追福と乗馬の安泰を祈念して寄進さる。

大鰐口(金鼓)
 参詣者が鰐口を鳴らして下をくぐれば人馬の障りを除き、馬が戦場でも大砲や爆音にも驚かず流弾が当たらず運送にも事故がないと云う。直径一丈近く天明年間死者の鎮魂供養として近郊信者の寄進による。

仁王像(金剛力士)
 五百の夜叉神(天夜叉、地夜叉、虚空夜叉)を使役し千の仏の法を護る金剛神なり。阿吽の二体の守護神なり。阿像は密跡金剛で智慧福徳を具う、吽像は那羅延金剛で力量は虚像の七倍の力あり理性と福徳を具う。当山の彫刻者は雲慶作(運慶の略号とも云う)鎌倉時代の作とも。

金毘羅宮
 お堂の西にあり仏教では薬師十二神将の一体で宮比羅大将と云い『鰐(ワニ)』を祭主、金毘羅大権現と云う海上では船旅の守護神、陸では良運の神なり。
 この境内は以前『昼尚暗(ひるなおくら)き』と云われ杉松の茂った期に国定忠治が仲人となり大前田一家と九宮一家の手打式は有名で、人は縁結びの観音と呼ぶ。

石の大鳥居
 入り口にあり天の像で天門と云う。天照大神が石窟にお籠りになられた時八百万神(やおよろずのかみ)が出御を祈り、木を石戸の前に建て鳥を止まらせて鳴かせた。この木が鳥居の始まりなり。当山の鳥居は本地垂迹の説(神仏混合)による。

塁岩と出羽三山
 堂の裏の岩は赤城の火山岩で、昔地殻変動により岩盤隆起と長い年月雨水の為この岩が露出さる。

帝釈天
 ヒンズーの神の中で最高と云う人類を護る堂の鬼門除けに羽黒山、湯殿山、月山を祭る。
堂の南側の八海山大神は東西南北とその四隅を祭る縁起のよい神と云う。

百体庚申塔(豊作の神)
 猿田彦神の化生。道教の教えによれば人間の体内にいる虫(三尸蟲・さんしちゅう)が庚申の日の夜、その人の悪事を天帝に密告すると云う。よって密告されないように夜を明かして庚申様を祭った。仏家では帝釈天と青面金剛(堂内にある)とを祭った。

水子地蔵(水子霊を救い代受苦の菩薩)

蒋総統の顕彰碑
 第二次世界大戦後、日本が4つに分断されるのを防ぎ国民に安心感を与えた名将なり。生国の中国に向け建立す。 」


 こちらの寺院は、石山霊園の隣にあるといった感じです。実質「石山霊園管理事務所」が維持管理しています。
 
 道路沿いです。
KIMG3593
 鳥居がありました。
KIMG3591
 山門になります。
KIMG3579
 由緒が書かれた案内板。
KIMG3584
 鰐口
KIMG3580
 鐘楼堂
KIMG3582
 鐘楼がない・・・

 観音堂には「馬頭観音」が祀られていました。
KIMG3578
 上州三十三観音霊場十二番札所になります。

 御朱印は、石山霊園管理事務所で頂けます。御朱印代は300円です。
 霊園管理事務所までは写真を左へ行くと山門がありますが、右へ行くと管理事務所があります。
KIMG3590
 右の道を進んでいくと霊園の管理事務所があります。
KIMG3588
 1月18日は、祈祷祈願が行われるそうです。
KIMG3577
 家内安全や交通安全の祈祷祈願が受けられます。祈祷料は3,000円です。




寺院名:観音山 北野院 万徳寺
所在地:群馬県伊勢崎市下触町4番地
宗 派:真言宗豊山派
本 尊:馬頭観音
通 称:石山観音
札所等:上州三十三観音霊場 十二番札所
御詠歌:玉とむすび 蓮葉におきたる 露の一雫 ながきは人の願いにて 短きものは命なり
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
livedoor プロフィール

まほろば

まほろばと申します。

「社寺参詣道 代表師範」になります。

社寺巡りや散歩を趣味にしています!
リンクやトラックバックはご自由に。ただしアダルト系は困ります。
コメントもしていただくと嬉しいです。

いろんな情報もコメントしてください。

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣してます。社寺参詣道代表師範&御朱印ブロガーです。伊勢神宮・靖国神社・世良田東照宮・久能山東照宮・鳳来山東照宮の各崇敬会に入会しています。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士、日商簿記検定2級、秘書検定2級、神社検定参級、全経電卓検定3級、安全衛生推進者
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
livedoor 天気
  • ライブドアブログ