まほろば御朱印紀行

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

はねたき橋

大間々神明宮 御守(群馬県みどり市大間々町)5

KIMG3986
 群馬県みどり市の中でも旧大間々町にありました。

 最寄り駅は、わたらせ渓谷鉄道「大間々駅」になります。徒歩では、10分はかからないと思われます。

 駐車場は、参道を入り、鳥居の左側にありました。自動車は、7〜8台位は停められそうです。
また、参道の南側には大きな駐車場があり、そちらにも停められそうです。


 こちらの神社の由緒は以下の通りです。
「神明宮は黒川郷(渡良瀬川流域の里)一の社として、貞和三年(1347)境内地の伊勢ヶ渕に天照皇大神の神社を丈袋坊によりまつられる。慶長二年大間々町の鎮守として現在の処に仮宮をたて、慶長四年(1599)中興遷座をする。以来、明治十二年に至るまで二十一年目毎に社殿を建て替えまたは、修復工事をなし式年遷宮を行って来る。この間、正徳五年(1715)外宮豊受大神の分霊を合祀し、天保七年(1826)酒井岩見守(二万五千石)は上州領分五千石の祈願所となし勢多郡下の勧化をゆるされる。
 明治五年十一月一町十八ヶ村の惣鎮守として郷社に列す。
 明治二十年三月大間々町の大火により社殿を消失し廃土のなか氏子達は再建する。しかし二十三年再び火災にあい、氏子達の経済的負担が大きく縮小した社殿の建立となる。その後、郷社神明宮にふさわしい社殿の建て替え計画は昭和の大恐慌により挫折する。昭和十六年より五年間、氏子総代近藤春吉氏を中心に社殿改築資金の積み立てを行うが、終戦の混乱と物価の高騰により建築を断念する。鎮座六百五十年、中興遷座四百年の記念事業としてまた、二十一世紀に向け数百年後まで残す大事業として、多くの氏子崇敬者に神社建築資金の御寄進を賜り平成十二年五月二十日総桧造りの御社殿を完成する。
 ここに、神社建設に携わった方々、建設資金の御寄進を賜った氏子崇敬者の皆様に、新しいご社殿に鎮りまし坐す御神霊のご加護あらんことを祈念する。」


 いろんな意味で知られている「はねたき橋」のそばに鎮座しています。

 一の鳥居
KIMG4008
 二の鳥居
KIMG4009
 4月9日に参拝しましたが、染井吉野は満開、枝垂桜は5分咲き位でした。
KIMG4010
 次の土日は満開か散りはじめているかもしれません。

 社殿になります。
KIMG4011
 社務所で御守りを一体頂きました。初穂料は500円になります。

 御朱印あり。

 近くには瑠璃光山光栄寺や南王山世音寺があります。





神社名:大間々神明宮
鎮座地:群馬県みどり市大間々町大間々2245番地
祭 神:大日孁命 豊宇気毘売神
社格等:旧郷社 大間々総鎮守
札所等:銅七福神 弁財天

はねたき道了堂 瑠璃光山光栄寺の境外仏堂(群馬県みどり市大間々町)5

KIMG3390
 群馬県みどり市にある渡良瀬川に架かる「はねたき橋」のそばにお堂はありました。

 最寄り駅は、わたらせ渓谷鉄道「大間々駅」になります

 お寺専用の駐車場はありました。


 由緒
「『どうりゅうさん』の呼び名で親しまれております『はね瀧道了尊』は、諸願成就、子育ての仏様として江戸時代から現在に至るまで、時代を越えてたくさんの信仰を集めてまいりました。
 道了尊は、宝暦二年(1752)5月、光栄寺第十世寿賢の代、神奈川県足柄市大権現最乗寺より、ここ大間々の渡良瀬川沿岸にお迎えされたと、記録に残されています。以前は、現在地よりも北側およそ100米の斜面を下がった所にありました。当時、縁日は毎月27日、28日の2日日間で、道了堂参道には『滝の湯』という湯屋や茶店が並び、たいへん賑わっていたそうです。また、天保二年(1831)には、かの渡辺崋山も当地を訪れ、要害山から高津戸一帯を描いたことが『毛武游記』に記されています。しかし、昭和二十二年(1947)のキャサリン台風による水害で、渡良瀬川沿岸にあった道了堂は、周辺の滝の湯、茶店もろとも一瞬のうちに濁流に飲まれ、跡形も無く流されてしまいました。その後、災害復旧は果したものの、道了堂の再建が叶わなかったこともあり、残念ながら道了尊信仰は衰微して行きましたが、参拝は、数少ない篤信者の方方により続けられてきました。しかし、落石、崩落の危険は絶えず、参詣が困難となり、また、再建に対する地元民の強い要望もあり、平成十五年(2003)十一月一日、光栄寺開山400年を記念して、道了尊をこの地に移転、勧請いたしました。
 はね瀧道了尊のこのお姿は、烏天狗のお顔をしており、子どもの心に宿ろうとする悪鬼を睨みつけ、さらに悪鬼を懲らしめる為に右手にねじり木を、左手に網を持ち、煩悩を焼き尽くす火焔を背負い、疾風より早く駆ける白狐に乗っていらっしゃいます。往昔、心のねじれた子どもを立ち直らせる為に道了尊に詣で、ねじり木一本を持ち帰り、『拗ねた心の子どもはすなほなれかし』と朝夕お唱えし、大願成就のあかつきには、ねじり木を二本にしてお礼参りをしたということが古い記録にあります。近時、不登校や引きこもりなどの心の悩み、万引きや麻薬などの非行が、大きな社会問題となっていることは周知の通りです。未来を担う子どもらがすなおに育って欲しいという親の願い、人々の様々な願いを叶えてくださる道了様をここに改めてお祀りいたしました。道了様の霊験は、その昔には、養蚕守護・水難除・盗賊除・火災除・鼡口止などにその功徳を発揮されてきました。時代が変わった今も、開運・家内安全・身体健全・交通安全・所縁吉祥・五穀豊穣。災厄消除、特に、非行防止など、心願成就を願う方々に多くの御利益が享受されますよう期待いたします。」


 こちらのお堂は、同市内にある真言宗智山派の名刹「瑠璃光山医王院光栄寺(宗派:真言宗智山派、本尊:薬師如来、札所等:関東八十八ヶ所八番札所)」の境外仏堂になります。
 10月28日は大祭になり、参拝者で賑わいます。その大祭の日に参拝しました。
KIMG3387
KIMG3388

 御朱印もありましたので頂きました。御朱印代は300円です。
 私は大祭の際に頂きましたが、普段は瑠璃光山光栄寺で頂けるかもしれません。





寺院名:はねたき道了尊
所在地:群馬県みどり市大間々町大間々1259
宗 派:真言宗智山派
本 尊:道了尊
備 考:瑠璃光山光栄寺の境外仏堂


〈光栄寺のデータ〉
寺院名:瑠璃光山 医王院 光榮寺
所在地:群馬県みどり市大間々町大間々1056番地
宗 派:真言宗智山派
本 尊:薬師如来
通 称:柿薬師
札所等:関東八十八ヶ所 八番札所
    上州三十三観音霊場 一番札所
    関東九十一薬師霊場 四十九番札所
御詠歌:柿薬師 聖なる光 あびながら 祈りの声を 耳にふれつつ(関東八十八ヶ所)
    山の名の るりを土なる かの国の らみちはこがねの さかひとぞきく(上州三十三観音霊場)
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
livedoor プロフィール

まほろば

まほろばと申します。

「社寺参詣道 代表師範」になります。

社寺巡りや散歩を趣味にしています!
リンクやトラックバックはご自由に。ただしアダルト系は困ります。
コメントもしていただくと嬉しいです。

いろんな情報もコメントしてください。

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣してます。社寺参詣道代表師範&御朱印ブロガーです。伊勢神宮・靖国神社・世良田東照宮・久能山東照宮・鳳来山東照宮の各崇敬会に入会しています。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士、日商簿記検定2級、秘書検定2級、神社検定参級、全経電卓検定3級、安全衛生推進者
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
livedoor 天気
  • ライブドアブログ