神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

秩父市

誦経山四萬部寺 秩父札所一番(埼玉県秩父市栃谷)5

KIMG2830

 埼玉県秩父市の北部、栃谷地区にお寺はありました。

 西武鉄道「秩父駅」より「皆野駅」行きの西武バスに乗り、「札所一番」バス停で降りて直ぐです。

 寺院専用の駐車場はありました。自動車は10台以上は停められそうです。


 こちらの寺院の由緒は次の通りです(螢ぅ鵐妊奪ス刊『訪ねてみたい埼玉のお寺』による)。
「人皇四十五代聖武天皇の御宇(724〜748)に行基菩薩は、勅命を頂き諸国巡回の旅に出ました。その折、この地に立ち寄り岩下に宿したとあります。不思議な霊験があって苦行連行したところ、七日め夜、微風香気がただよい紫雲が渓谷に満ち、空中音楽とともに浄心がいよいよ深くなりました。
 頭をあげると不思議なことに、栃の樹上に忽然と聖観音の尊像が出現し、妙なる声で行基にお告げになりました。『この地、深山幽告なりといえども、むかし法華経を修行せしところなり。汝今、我が示現の真相を写して此の地に留めよ。以後五百年後結縁の衆生成熟して、王公大臣権志高僧も参詣すべし、此の時に身三十三所に現し所願すでに満足せん。』と言い終わって光明の中におかくれになりました。
 行基は感涙して傍らの栃の木一株をとり示現の妙相を彫刻し、身の丈一尺五寸三分の尊像を造って、お告げの通りに岩窟の中に安置しました。
 その後、永延二年(988年)に性空と幻通に命じて、法華経四萬部を写経して地中に納め、岩窟中の尊像を本尊として一宇を建立し、大施餓鬼の法供養を修されました。そのため山号を『誦(法華)経山』と号し、寺名を『四萬部寺』といいます。」


 山門になります。
KIMG2810
 山門脇には小僧さんがいらっしゃいました。
KIMG2811
 可愛らしいです。

 観音堂になります。
KIMG2814
 秩父三十四観音霊場の発願寺として知られている寺院になります。
 
 境内はさほど広くはありませんが、雰囲気のよいお寺でした。

 施餓鬼堂になります。
KIMG2817
 関東三大施餓鬼として知られています。

 梅が咲き始めていました。
KIMG2818

 巡礼用品はこちらのお寺で揃えることがでします。「南無観世音菩薩」と書かれた「白衣(笈摺)」は3Lまでありました。また、御詠歌が印刷され御朱印のみを頂く笈摺もありました。納経帳や納め札(100円)等もありました。



 御朱印は「納経所」で頂きました。御朱印代は300円です。






寺院名:誦経山 四萬部寺
所在地:埼玉県秩父市栃谷418番地
宗 派:曹洞宗
本 尊:聖観音
札所等:秩父三十四観音霊場 一番札所
御詠歌:ありがたや 一巻ならぬ 法の花 数は四万部の 寺のいにしえ

銭神様 聖神社(埼玉県秩父市黒谷)5

KIMG2826

 埼玉県秩父市の北部、国道140号線沿いに神社は鎮座していました。

 最寄り駅は、秩父鉄道「和銅黒谷駅」になります。徒歩では5分位かと思われます。

 神社専用の駐車場はありました。自動車は5台位は停められそうです。


 こちらの神社の由緒は以下通りです(由緒書きによる)。
「『続日本紀』によると、元明天皇の時代、慶雲五年(708年)に武蔵国秩父郡から和銅(ニギアカガネ)という天然の銅塊が発見され朝廷に献上されたことを祝い、年号が和銅に改元されたと記されています。
 和銅元年(708年)、朝廷は勅使に雌雄一対の和銅製蜈蚣を持たせ、和銅が発見された和銅山前の祝山に、和銅と和銅製蜈蚣を御神体とした神籬を建て祝典を挙げました。祝典ののち、神籬を現在の地へ遷し、聖神社として神鎮められたと伝えられています。
 これ以来、蜈蚣は聖神社の御眷属として大事にされています。
 聖神社の聖とは、『この上なく耳聡く口すべらかな』(何をお願いしてもよく聞いてくれお願いを叶えてくれる)神様がいらっしゃるという意味でもあります。
 昭和十一年には、神饌幣帛料供進神社に指定されました。
 昭和二十八年には、三笠宮崇仁親王が参拝し、社前に松をお手植えされました。翌年には勢津子秩父宮妃が参拝されました。
 社殿は今まで5回建替えられたことが記録に残っており、現在の移築した社殿は、秩父市有形文化財に指定されています。
 旧本殿は新社殿並びに遷され、和銅出雲神社として祀られています。」


 鳥居になります。
KIMG2820
 さきに進みます。
KIMG2819
 手水舎がありました。
KIMG2821
 さきに進みます。
KIMG2822
 社殿になります。
KIMG2823
 社殿内には氏子総代さんかと思われる方がいらっしゃり、参拝者の対応をされていました。

 和銅出雲神社になります。
KIMG2824
 祭神は、出雲大社と同じ「大国主命」になります。いわゆる大黒さまです。

 由緒書きには参拝記念スタンプが押されていました。
KIMG2827

御朱印は、社殿内にいらっしゃる方に声をかけて頂きました。御朱印代は300円です。

 御守り(一体500円〜)や御神札(一体500円〜)といった授与品はありました。




神社名:聖神社
鎮座地:埼玉県秩父市黒谷2191番地
祭 神:金山彦命 国常立尊 大日孁貴尊 神日本磐余彦命 元明金命
社格等:旧村社 神饌幣帛料供進神社

大東山源蔵寺(埼玉県秩父市)5

798f0aca.jpg

埼玉県秩父市にある「大東山源蔵寺」に参拝しました。
曹洞宗のお寺になります。

中心部にある秩父駅からは、自動車で約十数分位の所にありました。

最寄り駅は、秩父鉄道大野原駅になります。
徒歩では、7分位です。

「愛宕神社前」という交差点が目印になります。

駐車場はありました。
自動車は、十数台位は停められそうです。

自動車を停めて、参拝です。

秩父三十四観音霊場の札所ではないので、参拝者は私だけでした。

御朱印は、本堂の右側にある「寺務所」で頂けます。
御朱印代は、300円でした。

由緒書きは、ありません。

お寺の方に御朱印をお願いしたら、「当寺は、観音霊場ではないですが・・・」と言われましたが、「十三仏霊場ですよね」というと、快く御朱印を書いていただきました。
汎用の御朱印帳に頂きました。

般若心経を写経したものを納経したら、「せっかくなので、本堂に上がってお線香をあげて下さい。」と言われ、本堂内でお参りさせて頂きました。

(´人`)

本堂の内部は、厳かな感じで良かったです。続きを読む

秩父神社(埼玉県秩父市)5

f3325889.jpg

埼玉県秩父市に鎮座する「秩父神社」に参拝してきました。
延喜式内社になる神社になります。

最寄り駅は、秩父鉄道「秩父駅」になります。
徒歩では、3分位になります。
西武秩父線「西武秩父駅」からは15分位歩きます。

駐車場は、境内の前にありました。
自動車は、数十台停められそうです。

こちらの神社は、秩父市の中心部にあり、秩父鉄道の線路沿いにありました。
駐車場に自動車を入れようとしたら、通り過ぎちゃいました。

境内の右側には「参集殿」がありました。
祈祷や結婚式をされる方は、利用をされるようです。
参拝したときは、結婚式の写真撮影に出くわしました。

社殿です。
3573bc97.jpg

権現造になります。
「伝左甚五郎」作の彫刻がされており、日光東照宮に引けを取りません。
「八意思金命 知知夫彦命 天之御中主神 秩父宮雍仁親王」の四柱が祀られています。
参拝客は、多かったです。

こちらの神社の創建は、崇神天皇の御代に「知知夫彦命」が祖神である「八意思金命」を祀ったのを始まりとするそうです。

なお秩父宮家は、こちらの秩父からきており、昭和天皇の弟君「秩父宮雍仁親王」を合祀しています。

御朱印は、境内の右側にある「授与所」で頂けました。
御朱印代は、300円でした。

御守りや御札といった授与品は、多くありました。
その中にオリジナル御朱印帳があります。
5ba23340.jpg

1,300円(御朱印代込)で置いてありました。
中身の頁は、浅黄色っぽい色をしており、なかなかの色合いです。

由緒書きは、ありました。

授与所には、神職の方以外にも巫女さんが詰めていらっしゃいました。
巫女さんのいらっしゃる神社は、良い雰囲気です。

また、参拝してみようと思ってます。




神社データ
神社名:秩父神社
鎮座地:埼玉県秩父市番場町1‐3
祭 神:八意思金命 知知夫彦命 天之御中主神 秩父宮雍仁親王
社格等:延喜式内社 武蔵野国四宮 知知父国一宮 国幣小社 別表神社
社 殿:権現造

久昌寺(埼玉県秩父市)5

日本百観音霊場には、西国三十三観音霊場と坂東三十三観音霊場な他にも「秩父三十四観音霊場」があります。

埼玉県秩父市を中心に、三十四ヶ所の観音菩薩を祀る寺院を巡拝します。

その中で、今回ブログに書くのは秩父市内から南下をした所にある「岩谷山久昌寺」というお寺になります。

駐車場は、山門前にあり、十数台は停められそうです。

最寄り駅は、秩父鉄道「浦山口駅」になります。
しかし、徒歩ではかなり歩くと思われます。

山門には久昌寺の通称の「御手判寺」という扁額が掲げられています。
a2799411.jpg


山門を入ると、正面には秩父三十四観音霊場の札所本尊を祀る「観音堂」があります。
bcbbd96f.jpg

風格のあるお堂です。

観音堂の右側を通り、池の脇を通ると、「本堂・納経所」、「弁天堂」があります。
d035754c.jpg

水面に緑が映えて、とても綺麗でした。

御朱印は、本堂の右側にある「納経所」で頂けます。
御朱印代は、300円でした。

納経所には、閻魔大王の爪で彫ったと言う「御手判」という御札?が頒布されています。
6b8f71eb.jpg


あの世へ無事に旅立てる通行手形だそうです。

秩父三十四観音霊場は、春先から初夏にかけて巡拝するには適する霊場かもしれません。




寺院データ
寺院名:岩谷山 久昌寺
住 所:埼玉県秩父市久那2215番地
宗 派:曹洞宗
本 尊:阿弥陀如来 聖観世音菩薩 弁財天
通 称:御手判寺
札 所:秩父三十四観音霊場 二十五番札所
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール

まほろば

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣しており、社寺参詣道代表師範です。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士(ファイナンシャルプランナー)、日商簿記検定2級、秘書検定2級、全経電卓検定3級、神社検定参級、安全衛生推進者
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
J-CASTニュース
livedoor 天気
  • ライブドアブログ