93500612.jpg

群馬県邑楽町にある「月音山明言寺」に参拝してきました。
曹洞宗に属しているお寺になります。

群馬県邑楽郡邑楽町にありました。
国道122号線の「石打」という交差点が目印になります。
周辺には看板が出ています。
5586bb3f.jpg

最寄り駅は、東武伊勢崎線「篠塚駅」になります。
徒歩では、かなりかかりそうです。

駐車場は、境内の右側と入口前にありました。
自動車は、かなりの台数が停められそうです。


こちらのお寺の由緒は、次の通りです(由緒書きより)。
「曹洞宗月音山明言寺の本尊は千手観世音菩薩です。
千手観世音菩薩は、また、子年生まれの方の守り本尊でもあります。
明言寺は元久元年(1204)天台宗の寺院として創建されましたが、その後天正二年(1574)曹洞宗寺院として再興されました。
当山の別称である『こぶ観音』は、観音のあらたかな霊験を説く『子生観音』と『瘤観音』の二つの説話に由来するものであります。」


入口になります。
2cfa7c21.jpg

入口の右側には、案内板がありました。
a51e9b08.jpg

入り口を入ると、左側には地蔵菩薩等の諸佛が祀られています。
478885fa.jpg

参道を進みます。
69fe5f5f.jpg

参道の右側には公民館がありました。
c455299a.jpg

また、参道の左側にはお土産屋さんがありました。
145d5365.jpg

「ぐんまちゃんもなか」がありましたが、どんな感じなんでしょうか?
d6417722.jpg

次回参拝したときには、食べてみたいです。

山門になります。
662510ca.jpg

それほど大きくはありません。

山門に掲げられていた扁額になります。
1dd1be97.jpg

手水舎になります。
0cd476e0.jpg

茅葺きの屋根になり、趣きがありました。

こちらが本堂になります。
8231911f.jpg

7819c230.jpg

本堂に掲げられていた扁額になります。
51545eff.jpg

「大悲殿」とは「観世音菩薩がいらっしゃる場所」という意味になります。

境内には、参拝者もいらっしゃり、地域の方々に愛されている寺院だと思われます。

こちらが内部です。
68d62b08.jpg

荘厳な感じです。

本堂の後方には「奥の院」がありました。
ご本尊の千手観音が祀られているのは、本堂ではなく「奥の院」だそうです。

本堂の左側には「仏殿」でありました。
6773a4df.jpg

曹洞宗としての本尊「釈迦如来」、曹洞宗開祖であり吉祥山永平寺開山住職「道元禅師」、諸嶽山総持寺開山住職「瑩山禅師」が祀られています。

仏殿に掲げられていた扁額です。
e4b16025.jpg

「慈眼堂」になります。
302a7904.jpg

馬頭観音・如意輪観音・聖観音・二十二夜塔・十世祥山泰瑞和尚の供養塔があり、目の病気にご利益があり、参詣人が絶えないといいます。続きを読む