神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

日光市

日光二荒山神社中宮祠 七福神御朱印(栃木県日光市中宮祠)5

KIMG3024

 栃木県日光市山内の日光東照宮の隣に鎮座していました。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(國學院大学日本文化研究所編『神道辞典』による)。
「〈祭神〉二荒山大神(大己貴命、田心姫命、味耜高彦根命)
 〈指定文化財〉大太刀一口、小太刀一口(国宝)、金銅装神輿(三基)、御撰和歌集、大太刀二口、太刀一口、剣、下野国男体山頂出土品、温泉神社銅祠(重文)。本社本殿・拝殿・神輿舎・神橋、中宮祠本殿・拝殿をはじめ本社・別宮・末社の主要建造物の多くが重文。
 〈例祭日〉4月17日(弥生祭、4月13〜17日) 〈神事〉武射祭・蟇目式(ひきめしき)神事(1月4日)、開山祭(5月5日)、登拝祭(7月31日〜8月8日)、日光連山登拝祭(8月下旬)、仲秋登拝祭(9月21日)、閉山祭(10月25日)
 〈由緒〉関東平野北方に聳える二荒山(男体山)は神の鎮まる霊峰として太古より信仰されたが、天応二年(782)沙門勝道が初登頂の大願を果たし、山頂に小祠を祀ったのを頂上奥宮の起源とする。一説によれば『延喜式』には名神大社に列し、神階は正一位に進んだとされるが、『延喜式』に記載された二荒山神社は宇都宮二荒山神社とする説もある。
 日光市山内にあり、東照宮に隣接する本社のほか、中禅寺湖畔に中宮祠が、さらに男体山頂に奥宮が鎮座する、二荒山の名義については、弘仁七年勝道上人の開闢により男躰女躰の二神が現われた、すなわち二現(ふたあれ)からきたとする説。あるいは、観音浄土の補陀落浄土から転じたとするせつなどがある。
 十七世紀はじめ、幕府により、この古来の聖域の上に東照宮が創建されることとなり、この神社も幕府から地主神として厚遇を受けた。江戸時代まで神領は七十余郷という広大なものであったが、今も男体山はじめ女峯山、赤薙山、太郎山、大真名子山、小真名子山、前白根山、奥白根山のすべてが境内で3,400ヘクタールに及び、華厳滝やいろは坂もここに含まれる。日光市の氏神としての氏神としての崇敬も受けている。
 男体山山頂からは昭和三十四年の学術調査により古墳時代にはじまるおびただしい信仰遺物が出土しており重文に指定されている。
 〈旧社格〉国幣中社(明治六年)」


 入り口になります。
KIMG3002
 神門になります。
KIMG2994
 神門手前の左側には稲荷神社が鎮座していました。
KIMG3001
 拝殿になります。
KIMG2995
 社殿全景になります。
KIMG2997
 奥の宮までの登拝口になります。
KIMG2998
 御朱印は、たくさんありました。
KIMG2999
KIMG3000
 御朱印は、祈祷受付で頂けました。御朱印代は500円でした。
 御守りや御神札といった授与品はありました。




神社名:日光二荒山神社中宮祠
鎮座地:栃木県日光市中宮祠2484番地
祭 神:二荒山大神(大己貴命 田心姫命 味耜高彦根命)
社格等:延喜式内社 下野国一宮 旧国幣中社
URL:http://www.futarasan.jp/

日光山中禅寺 大黒天の御朱印(栃木県日光市中宮祠)5

KIMG3007
 栃木県日光市にある日光山中禅寺の「大黒天」の御朱印になります。下野七福神の一尊にあたります。
 授与所で頂きました。 

 大黒堂になります。
KIMG2983
 「波之利大黒天(はしりだいこくてん)」が祀られています。
 日光山を開いた勝道上人が男体山登拝を祈願、中禅寺湖の波の上に大黒天が現れ、祈願が成就したと伝わるそうです。

 境内からの男体山になります。
KIMG2991




寺院名:日光山 中禅寺
所在地:栃木県日光市中宮祠2578番地
宗 派:天台宗
寺格等:日光山輪王寺別院
本 尊:十一面千手観世音菩薩
通 称:立木観音
札所等:坂東三十三観音霊場 十八番札所
    下野七福神 大黒天
御詠歌:中禅寺 登りて拝む 湖の 歌の浜路に 立つは白波

日光山中禅寺 坂東札所(栃木県日光市中宮祠)5

KIMG3006

栃木県日光市の中でも西部、中禅寺湖の畔に寺院はありました。

 最寄り駅は、JR日光線「日光駅」・東武日光線「東武日光駅」になります。両駅から近くまでバスが来ています。

 寺院専用の駐車場は門前にありました。


 こちら東京堂出版刊「古寺名刹辞典」によると次の通りです。
「栃木県日光市中宮祠2578。日光山と号す。天台宗。輪王寺の一堂である。坂東三十三ヶ所霊場十八番の札所である。
 この寺は俗に立木観音堂と呼ばれているように、観音堂を中心とした寺である。明治三十五年(1902)9月に山崩れにあったため、大正二年の9月に現在地に移った。それまでは北岸の中宮祠のとなりにあった。
 本尊の立木観音は、開山勝道上人によって立木の一木に刻まれた丈六の千手観音である。(後略)」

 また、吉川弘文館刊「日本仏教史辞典」によると次の通りです。
「栃木県日光市中宮祠字歌ヶ浜にある寺。現在は輪王寺(日光市)の所管。中禅寺湖東岸にあり坂東十八番札所である。
 歌ヶ浜の地名は勝道が創建した折に天人が飛び来り歌舞を奏したという伝えに由来し、また峰修行の道場として往古から尊崇された霊地でもあった。
 この境内には、楼門・観音堂・波之利大黒天堂・愛染堂・五大堂・宝物殿・鐘楼・別所などがある。特に、観音堂は中禅寺の本堂で、勝道が湖上に拝した千手観音を立木のまま自刻した4.8辰傍擇崑坐(重要文化財)を本尊とするもので立木観音堂と称される。
 延暦三年(784)男体山ね山麓に創建されたのが起こりで、以来、二荒山神社の境内にあったものであるが、明治三十五年(1902)9月の大山津波により倒壊し、現在の歌ヶ浜に移遷され大正二年(1913)10月に落成し今日に至っている。」


 拝観料が大人500円かかります。

 山門になります。
KIMG2974
 鐘楼堂になります。
KIMG2976
 桂の木だそうです。
KIMG2977
 延命水
KIMG2980
 愛染堂になります。
KIMG2981
 内部には愛染明王が祀られています。
KIMG2982
 大黒堂になります。
KIMG2983
 大黒堂は「波之利大黒天(はしりだいこくてん)」が祀られていますが、残念ながら拝観はかないません。
KIMG2985
 観音堂内は案内をする人がいらっしゃり、ざっくりとした縁起が聞けます。千手観音の脇侍として祀られている四天王は源頼朝の寄進だそうです。
 本堂をあとにすると五大堂(護摩堂)を参拝でき、ここでも案内を聞けます。

 五大堂からの眺めです。
KIMG2988
 輪王寺もそうですが、観音堂では御守りの宣伝、五大堂では祈祷の案内の宣伝をするので、お寺の経営・運営は大変だなぁと思いつつ、「『信者』と書いて『儲かる』と読む」という言葉を思い出してしまいました。

 御朱印は、参道途中の授与所で頂けます。三種類(千手観音、大黒天、金剛閣)ありました。御朱印代は、御朱印帳に直書きは300円、書き置きは400円です。
 
KIMG2989
 御朱印帳は三種類(1,500円が二種類、1,300円)があります。
 他にも御守り等の授与品はありました。





寺院名:日光山 中禅寺
所在地:栃木県日光市中宮祠2578番地
宗 派:天台宗
寺格等:日光山輪王寺別院
本 尊:十一面千手観世音菩薩
通 称:立木観音
札所等:坂東三十三観音霊場 十八番札所
    下野七福神 大黒天
御詠歌:中禅寺 登りて拝む 湖の 歌の浜路に 立つは白波
URL:http://rinnoji.or.jp/precincts/cyuuzenji

日光二荒山神社(栃木県日光市山内)5

image

 栃木県日光市山内の日光東照宮の隣に鎮座していました。

 最寄り駅は、東武日光線「東武日光駅」になります。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(國學院大学日本文化研究所編『神道辞典』による)。
「〈祭神〉二荒山大神(大己貴命、田心姫命、味耜高彦根命)
 〈指定文化財〉大太刀一口、小太刀一口(国宝)、金銅装神輿(三基)、御撰和歌集、大太刀二口、太刀一口、剣、下野国男体山頂出土品、温泉神社銅祠(重文)。本社本殿・拝殿・神輿舎・神橋、中宮祠本殿・拝殿をはじめ本社・別宮・末社の主要建造物の多くが重文。
 〈例祭日〉4月17日(弥生祭、4月13〜17日) 〈神事〉武射祭・蟇目式(ひきめしき)神事(1月4日)、開山祭(5月5日)、登拝祭(7月31日〜8月8日)、日光連山登拝祭(8月下旬)、仲秋登拝祭(9月21日)、閉山祭(10月25日)
 〈由緒〉関東平野北方に聳える二荒山(男体山)は神の鎮まる霊峰として太古より信仰されたが、天応二年(782)沙門勝道が初登頂の大願を果たし、山頂に小祠を祀ったのを頂上奥宮の起源とする。一説によれば『延喜式』には名神大社に列し、神階は正一位に進んだとされるが、『延喜式』に記載された二荒山神社は宇都宮二荒山神社とする説もある。
 日光市山内にあり、東照宮に隣接する本社のほか、中禅寺湖畔に中宮祠が、さらに男体山頂に奥宮が鎮座する、二荒山の名義については、弘仁七年勝道上人の開闢により男躰女躰の二神が現われた、すなわち二現(ふたあれ)からきたとする説。あるいは、観音浄土の補陀落浄土から転じたとするせつなどがある。
 十七世紀はじめ、幕府により、この古来の聖域の上に東照宮が創建されることとなり、この神社も幕府から地主神として厚遇を受けた。江戸時代まで神領は七十余郷という広大なものであったが、今も男体山はじめ女峯山、赤薙山、太郎山、大真名子山、小真名子山、前白根山、奥白根山のすべてが境内で3,400ヘクタールに及び、華厳滝やいろは坂もここに含まれる。日光市の氏神としての氏神としての崇敬も受けている。
 男体山山頂からは昭和三十四年の学術調査により古墳時代にはじまるおびただしい信仰遺物が出土しており重文に指定されている。
 〈旧社格〉国幣中社(明治六年)」


 東照宮側からくると神門がありました。
image

 境内の全景になります。
image

 当日は小雨が降っており、霧がかかりとても幻想的でした。

 拝殿です。
image

 神楽殿かと思われますが、中に大黒さまがいらっしゃいます。
image

 御朱印は、祈祷受付で頂けました。御朱印代は500円でした。
 御守りや御神札といった授与品はありました。





神社名:日光二荒山神社
鎮座地:栃木県日光市山内2307番地
祭 神:二荒山大神(大己貴命 田心姫命 味耜高彦根命)
社格等:延喜式内社 下野国一宮 旧国幣中社

日光東照宮 御朱印&御守り(栃木県日光市山内)5

image

 栃木県日光市の北部、旧日光市に東照宮は鎮座していました。

 最寄り駅は、東武日光線「東武日光駅」になります。

 駐車場は、周辺に有料で停められます。


 日光東照宮の由緒は皆さんご存じかも知れませんが、あえて調べてみました。次の通りです(東京堂出版刊『神社辞典』による)。
「栃木県日光市山内。旧別格官幣社(現、別表神社)。祭神は徳川家康で、豊臣秀吉と源頼朝を配祀する。
 日光国立公園の自然美のうちに展開する東照宮の人工美は結構の極致であり、世に『日光を見ない者は結構といえない』ともてはやされる。日光は古くから男体山を 対象とする山岳信仰の霊場として栄えて来た。二荒山神社や輪王寺の起こりもそこに求められるが、東照宮の鎮座によって更に信仰的な脚光をあびることになる。
 徳川家康は元和二年(1616)4月17日駿府城に薨ずるや、遺命により一旦駿河の久能山に埋葬(久能山東照宮の創立)、一周忌を期して日光に改葬することになる。二代将軍秀忠は同年11月社地を選定、本多正純・藤堂高虎を奉行として翌三年4月社殿を完成した。朝廷より既に東照大権現の神号、正一位の追贈宣下があったが、家康の霊枢は久能山を進発して4月4日日光到着、8日奥院廟塔に改葬、17日遷座祭が執行された。
 現在の秀麗な社殿は三代将軍家光によって造り替えられたもので、寛永二年(1633)11月着工、同十三年4月に竣工した。幕府は巨額の造営費を拠出したといわれる。その後はたびたびの修繕を経て、その美観を今日に伝える。
 当初は東照社と呼んだが、正保二年(1645)11月宮号の宣下があり、東照宮と改称した。また翌三年4月の例祭からは、朝廷よりの奉幣が恒例となり、日光例幣使と呼ばれて幕府終焉まで続いた。例幣使は中山道を経て日光に至ったが、この道は特に例幣使街道と称された。東照宮への参道である全長37kmの沿道の杉は(松平正綱が杉苗20万余本を20数年かけて植樹)今も約一万五千本を残して特別史跡・特別天然記念物に指定されている。
 歴代将軍及びその名代の参詣もしばしばあり、幕府は日光山内を直轄の特別区域として、殊に鄭重な取り扱いをし、広大な神領を寄進した。
 東照宮は海抜640m、191,400嵳召龍内に精巧華麗な多くの建造物を配置する。権現造といわれる本殿・石の間・拝殿、正面及び背面唐門、東西透塀、陽明門、東西回廊など八棟は国宝建造物に指定される。陽明門は終日眺めていても見あきぬところから『日暮御門』とも呼ばれ、奥社参道の潜門長押上の彫刻『眠り猫』は名工左甚五郎作として有名。本殿の背後に位置する奥宮(唐銅製の廟塔)とその参道にある坂下門、また本殿前方に展開する神輿舎、本地、輪蔵(経蔵)、御水舎、神厩舎、神庫、表門、五重塔など34棟は重要文化財である。本地堂天井の鳴龍、神厩長押上の三猿(見ざる・言わざる・聞かざる)はまた有名。
 宝物館に保存・展示する宝物のうち銘助真・国宗の二太刀は国宝、東照宮縁起絵巻、家康の具足・刀剣などは重文の指定。
 例大祭は春季5月17日、18日、秋季10月17日 (もとは4、9月の両度)で、神輿渡御・百物揃千入行列・東遊舞などが行われる。百物揃千人行列とは、極めて多い種類と人数とが奉仕するところから出た名称で、創建時に秀忠将軍社参のもとで奉仕された様式を今日に伝えるという。」


 拝観料は1,300円になります。現在はら「二社一寺共通拝換券」はありません。

 鳥居になります。
image

 五重塔になります。
image

 境内は参拝者&観光客が多かったです。
image

 三猿がいらっしゃいます。
image

 さらに鳥居がありました。
image

 こちらが陽明門になります。
image

 流石陽明門です。風格があり、威厳があり、立派でした。

 拝殿内に入ることができ、神職による案内が聞くことができました。
 新しい授与品「陽明香守(白檀の香り)」が出来たことを妙に宣伝していましたのが気になりました。
image

 私も一体頂いてしまいましたが…

 奥社殿&徳川家康廟にも参拝しました。
image

image

image

 徳川家光の御代、徳川秀忠の時代に建てられた奥社殿を新築しました。新築するまであった奥社殿は、現在群馬県太田市に鎮座する「世良田東照宮」に移築されました。
 現在の奥社殿は、やはり世良田東照宮の社殿に似ています。

 御朱印とオリジナル御朱印帳を頂きました。
 オリジナル御朱印帳は2,100円(御朱印代込)でした。
image

 御神札(一体800円)を頂いて参りました。





神社名:日光東照宮
鎮座地:栃木県日光市山内2301番地
祭 神:徳川家康公
相 殿:源頼朝公 豊臣秀吉公
社格等:旧別格官幣社
札所等:全国東照宮めぐり
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール

まほろば

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣しており、社寺参詣道代表師範です。 管理部に所属する会社員。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士(ファイナンシャルプランナー)、日商簿記検定2級、秘書検定2級、全経電卓検定3級、神社検定参級、安全衛生推進者
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
J-CASTニュース
livedoor 天気
  • ライブドアブログ