神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

伊勢崎市

石岡山不動院退魔寺 北関東不動尊 再拝(群馬県伊勢崎市美茂呂町)5

image

 群馬県伊勢崎市の東部、茂呂郵便局の近くにお寺はありました。

 駐車場は山門を入るとありました。


 こちらの寺院の由緒は、次の通りです(上毛新聞社刊『ぐんまのお寺 真言宗』から抜粋)。
「寺伝によれば、応安四年(1371)茂呂勘解由左衛門尉源義輝の開基、道照禅師の開山としている。
 永和三年(1377)銘の茂呂道照坊山出土の阿弥陀種子板碑を所蔵している。
 現在の退魔寺の位置は、天正十八年(1590)廃城となった茂呂城の跡地である。城主が滅び寺もまた衰廃していたのを光円坊宥秀が中興した、と寛政十年(1878)の『伊勢崎風土記』にはある。
 寺ではまた石田三成の妖怪退治を伝える。
 以後、寛文三年(1663)回禄の災いに罹り、同十年(1670)再建。延宝五年(1677)九月不動堂を建立。本尊大日如来座像は正徳四年(1714)に住職宥慶の発願により総檀徒の喜捨で造立した、と記された木牌がある。宝暦十年(1760)六世宥伝が庫裡を建築。寛政四年(1792)八世快尊が本堂を改築、10月27日入仏式が行われ、同日から11月1日まで不動堂が開帳されている。文化十四年(1817)水神を祀る石宮が茂呂村惣村中によって境内に建てられた。
 明治三十年(1897)ごろできた『佐波新田郡三十四ヶ所観音霊場』に退魔寺の子安観音が第二十三番に見える。
(中略)
 主な年中行事には1月28日の初不動の縁日があり、だるま市が立つ。なお、昭和37年(1962)ごろまでは節分会に火渡りの儀式が行われていた。」


 戦国時代の武将「石田治部少輔三成」がこの地を通ったとき、妖怪が出て民を苦しめていたので、石田三成が退治したので「退魔寺」という寺号になったのではないかと言われています。

 山門です。
image

 4月23日に参拝いたしましたが、境内には牡丹や躑躅(つつじ)が咲いていました。ゴールデンウィーク中は見頃かもしれません。
image

image

image

 桜の木がありましたが、残念ながら散ってしまっています。

 本堂
image

 不動堂
image

 観音堂
image

 御朱印は、大日如来(東国花の寺百ヶ寺)・厄除不動明王(北関東三十六不動尊霊場)・子安観音(上州三十三観音霊場)の三種類がありました。御朱印代は各300円です。

 近くには「飯福神社」が鎮座しています。






寺院名:石岡山 不動院 退魔寺
所在地:群馬県伊勢崎市美茂呂町3612番地
宗 派:真言宗豊山派
本 尊:胎蔵界大日如来
札所等:上州新四国八十八ヶ所 二十二番札所
    北関東三十六不動尊霊場 六番札所
    上州三十三観音霊場 十五番札所
    伊勢崎佐波三十四観音霊場 二十三番札所
    東国花の寺百ヶ寺
御詠歌:悪魔をば みな退けて 茂呂の寺 大慈大悲の 誓いなりけり

石岡山 不動院 退魔寺(群馬県伊勢崎市美茂呂町)5

image

群馬県伊勢崎市の東部にお寺はありました。

最寄り駅は、東武伊勢崎線「新伊勢崎駅」になります。
徒歩では、かなりかかりそうです。

駐車場はありました。
自動車は、5〜6台位は停められそうです。


こちらの寺院の由緒は、次の通りです(上毛新聞社刊『ぐんまのお寺 真言宗』から抜粋)。
「寺伝によれば、応安四年(1371)茂呂勘解由左衛門尉源義輝の開基、道照禅師の開山としている。
 永和三年(1377)銘の茂呂道照坊山出土の阿弥陀種子板碑を所蔵している。
 現在の退魔寺の位置は、天正十八年(1590)廃城となった茂呂城の跡地である。城主が滅び寺もまた衰廃していたのを光円坊宥秀が中興した、と寛政十年(1878)の『伊勢崎風土記』にはある。
 寺ではまた石田三成の妖怪退治を伝える。
 以後、寛文三年(1663)回禄の災いに罹り、同十年(1670)再建。延宝五年(1677)九月不動堂を建立。本尊大日如来座像は正徳四年(1714)に住職宥慶の発願により総檀徒の喜捨で造立した、と記された木牌がある。宝暦十年(1760)六世宥伝が庫裡を建築。寛政四年(1792)八世快尊が本堂を改築、10月27日入仏式が行われ、同日から11月1日まで不動堂が開帳されている。文化十四年(1817)水神を祀る石宮が茂呂村惣村中によって境内に建てられた。
 明治三十年(1897)ごろできた『佐波新田郡三十四ヶ所観音霊場』に退魔寺の子安観音が第二十三番に見える。
(中略)
 主な年中行事には1月28日の初不動の縁日があり、だるま市が立つ。なお、昭和37年(1962)ごろまでは節分会に火渡りの儀式が行われていた。」

image

伊勢崎佐波三十四観音霊場の案内板には、次の通り書かれていました。
「第二十三番 石岡山不動院退魔寺、子安観音
 応安四年(1371)城主茂呂勘解由左衛門尉源義輝、城内の光円坊を改め、香華院を創立。弘法大師御自作の不動明王を本尊とし、小俣鶏足寺より道照禅師を開山の師と仰ぎ、帰依したことに始まり、その後、宥秀和尚の時に退魔寺と改称したと伝えられる。
 また所伝によると石田三成当地を通過した折、当時、土橋(光円橋)付近に毎夜妖怪が現れ、庶民このために難渋すると聞き、退治したので石田氏の徳をたたえ寺号を改め、寺紋を石田氏の紋にしたともいう。
 寛文二年(1662)火災に罹り、同十年再建。大日如来(胎蔵界)を安置、延宝五年(1677)不動堂を再建、昭和十六年(1941)再度不動堂を二十三世慶隆和尚によって再建し、今日に至る。」

山門になります。
image

午後に参拝したので、逆光になってしまいました。

先に進みます。

image

東国花の寺百ヶ寺の札所になっているだけあって、境内には牡丹がありました。しかし、時季が過ぎました。残念です。
image

紫陽花もありますので、梅雨の時期は良いかもしれません。
また、茂呂城跡にお寺があるため、その標がありました。

山門を入ると正面には「不動堂」がありました。
image

「厄除不動尊」が祀られており、北関東三十六不動尊霊場の札所本尊になります。

「堤守護神十三仏第一番不動様」と書かれた標がありました。
image


他の札所?はあるのでしょうか?

また、「本堂」が右奥にありました。
image

本尊である「大日如来」が祀られており、東国花の寺百ヶ寺・上州新四国八十八ヶ所の札所本尊になっています。

本堂と不動堂の間には「観音堂」がありました。

image

新上州三十三観音霊場と伊勢崎佐波観音霊場の札所本尊が祀られています。

毘沙門堂がありました。
image

石造のようで、あまりお顔がよくわかりません。

近くには妖怪が出たという「光円橋」がありました。
image

image

今も妖怪が出るのでしょうか?
といっても石田三成が退治したので平気でしょう。まさか、石田三成が徳川家康の元に出ていたりして…

御朱印は「庫裡」で頂けました。「大日如来(東国花の寺百ヶ寺)」・「厄除不動尊(北関東三十六不動尊霊場)」・「子安観音(新上州三十三観音霊場・伊勢崎佐波観音霊場)」の3種類がありました。
御朱印代は、各300円です。

お札等の授与品がありました。
image

必要な方はどうぞ。




寺院名:石岡山 不動院 退魔寺
所在地:群馬県伊勢崎市美茂呂町3612番地
宗 派:真言宗豊山派
本 尊:大日如来
札所等:上州新四国八十八ヶ所 二十二番札所
    北関東三十六不動尊霊場 六番札所
    上州三十三観音霊場 十五番札所
    伊勢崎佐波三十四観音霊場 二十三番札所
    東国花の寺百ヶ寺
御詠歌:悪魔をば みな退けて 茂呂の寺 大慈大悲の 誓いなりけり

真光山 永照院 長安寺(群馬県伊勢崎市西小保方町)5

image

image

群馬県伊勢崎市にある「真光山長安寺」に参拝してきました。
天台宗に属するお寺になります。

伊勢崎市の北部、旧佐波郡東村にお寺はありました。
県道桐生伊勢崎線沿いにあ、国道17号線からも近く、道を挟んで反対側には「スマーク伊勢崎」や「ヤマダ電機」がありました。

最寄り駅は、JR両毛線「国定駅」になります。
徒歩では、少々かかりそうです。

駐車場は、境内の東側と道路を挟んで反対側にありました。
自動車は、合わせて10台以上は停められそうです。

以前の参拝日記は⇒こちら


こちらの寺院の由緒は、次の通りです(上毛新聞社刊『ぐんまのお寺 天台宗』より抜粋)。
「長安寺は、文応元年(1260)、亮海法師により草創されたと伝えられている。中興開山は、八代目の尊高といわれている。本山は比叡山延暦寺であり、本寺は伊勢崎市の華蔵寺である。長安寺の詳しい沿革は不明だか、かつては当寺の住職になった者が、本寺(華蔵寺)の住職になるという不文律があったという(『東村誌』)。
(中略)
 当山の表門には、明治初期に、大名後部氏の江戸屋敷の門を譲り受けつ再建したものである。門には、後部氏の家紋『三階菱』がある。
 長安寺の墓地には、中世の石造仏(凝灰岩製)がある。なお、境内には村の重要文化財に指定されている宝篋印塔がある。寛延四年(1751)に建立されたもので、願主の上田村の桑原家昌と西小保方村の小島茂善の名前が刻まれている。台石の四面には、宝篋印陀羅尼経が記されている。
(後略)」


こちらが山門になります。
image

現在の門は新築されていますが、以前の山門は江戸時代の旗本「跡部氏」の屋敷の門を移築したそうです。

右側には手水舎がありました。
image

手と口を漱いで参拝です。

鐘楼堂がありました。
image

十三仏もいらっしゃいました。

本堂になります。
image

本尊である「釈迦如来」が祀られています。
以前は本尊を「阿弥陀如来」としていましたが、本尊を修復した際に釈迦如来と判明したそうです。

本堂に掲げられていた扁額です。
image

なかなか立派です。

「みかえり堂」になります。
image

水子供養をするお堂だそうです。
てっきり本尊は「地蔵菩薩」かと思っていましたが、「阿弥陀如来」が祀られているそうです。

境内の左側にある「威音王堂」がありました。
image

「みかえり不動尊」とも呼ばれる不動明王が祀られており、厨子の中に納められています。室町時代の作になり、普段は秘仏になるそうです。このお不動さまは室町時代より長安寺に伝わり普段は不動堂内の厨子の中に納めてあります。
大晦日の除夜祭(午後11時40分〜午前1時30分ごろまで)、節分会(午後12時から13時まで)の年2回御開帳が行われます。
こちらのお堂では、護摩を修しています。祈祷祈願をご希望の方は、お寺にご連絡ください。

ちょうど花祭りが行われていました。
image

image

image

北側の庭園には綺麗な花木が植えられていました。
また藤棚があり、藤が咲き始めており、とても綺麗でした。
これからの季節は花木が綺麗だと思われますので、参拝をお薦めします。

庭園内には、稲荷堂がありました。
image

いわゆる「荼枳尼天」が祀られています。
鎮守社という位置付けなんでしょう。

常行の滝がありました。
image

手前の池には蓮があり、季節になると綺麗だと思われます。

御朱印は、本堂の右側にある庫裡で頂けます。「みかえり不動尊(北関東三十六不動尊霊場)」・「阿弥陀如来(全国善光寺会)」の2種類がありました。
御朱印代は、各300円でした。

なお、北関東三十六不動尊霊場の巡拝用品(納経軸、納経帳、納経色紙、ガイドブック)はまだ在庫はあるそうです。





寺院名:真光山 永照院 長安寺
所在地:群馬県伊勢崎市西小保方町304‐1
宗 派:天台宗
本 尊:釈迦如来
札所等:北関東三十六不動尊霊場 七番札所(札所本尊:みかえり不動尊)
御詠歌:かえりみて つみとがはらう 威音王 佐波路にたかき みすくいの寺

茂呂飯福神社(群馬県伊勢崎市)5

image

群馬県の伊勢崎市に鎮座する「茂呂飯福神社」に参拝してきました。
茂呂郵便局の南、茂呂小学校の西側に鎮座する神社です。

近くには、東国花の寺百ヶ寺・北関東不動尊霊場・新上州観音霊場の札所になる『石岡山退魔寺』がありました。

茂呂郵便局の左側から神社方向へ伸びる道がありました。
駐車場は、鳥居の左側から入ることができ、自動車は境内に数台は停めることが出来そうです。


こちらの神社の由緒は、次の通りです。
image

「当社の創建年代は明らかではないが、伝承によれば、建武年間(1334〜36)に宗良親王が父君後醍醐天皇の命を受け征東将軍となって東国に赴いたが、御子の尹良親王薨去後は新田一族を率いて王事を尽していた。
その宗良・尹良両親王の御息所にちなんで、ここに『位々登美』の御神霊を奉祀した事が始まりとされている。
その後は那波氏によって再興されたが、正親町天皇の御代の永禄五年(1562)、北條氏の兵乱に遭って社殿は悉く破損した。
しかし、由良氏によって修理がなされ、天正年間(1573〜92)には、竹姫公の采邑となった。
江戸時代に至ると、伊勢崎城主酒井日向守忠能によって修理が加えられ、明治維新以来は氏子の経営するところとなった。
明治七年(1874)、村社に列せられ、同四十年(1907)九月十七日、境内末社の愛宕神社・秋葉神社・菅原神社、字堤の飯福神社・同境内末社の琴平神社・八幡神社、及び字宮上の秋葉神社、字白山の白山神社・同境内末社の菅原神社・疱瘡社を合祀して今に至る。
境内には、大正十四年(1925)建立の『古銭発見碑』があり、以前は桜の名所でもあった境内地を氏子達は『カミノヤマ』(上之山)と称している」


御朱印を頂いたのは平成23年2月27日、写真を撮ったのは平成27年1月12日になります。

こちらが鳥居になります。
image

潜ると社殿がありました。
image

(´人`)

主祭神の保食神を中心に祀られています。
菅原道真公も祀られているので、受験生も参拝しても良いかもしれません。

御朱印を頂いた時はかなり古い社殿に見えましたが、拝殿は新しくしたようです。

村の鎮守様といった感じです。

こちらが狛犬になります。
image

image

撫でるとご利益があるそうです。
image

撫で撫で…

また、神社名が刻まれた社額がありました。
image

どうしてこちらに?

社殿の左側には、境内社が鎮座していました。
image

どんな神社なんでしょうか?

境内社の白山比弯声劼砲覆蠅泙后
image

縁結び、子育て安産にご利益があるようです。

こちらが大国神社になります。
image

仕事運、金運、健康、長寿にご利益があるようです。

他にも境内社が鎮座していました。
image

末社なのでしょうか?

御朱印は、境内の右側にある「社務所」で頂きました。
御朱印代は、「志納」でした。

御神札や御守り等の授与品もあるそうなので、必要な方はお受けください。
image

ご祈祷もしていただけると思われます。
必要な方は、お電話でお問い合わせください。




神社データ
神社名:茂呂飯福神社
鎮座地:群馬県伊勢崎市茂呂3412番地
主祭神:保食神
配祀神:大物主命 誉田別命 火産霊命 倉稲魂命 菅原道真命 菊理姫命 最上命
社格等:旧村社

住吉山 地蔵院 延命寺(群馬県伊勢崎市馬見塚町)5

fb80095f.jpg

群馬県伊勢崎市にある「住吉山 地蔵院 延命寺」に参拝してきました。
新義真言宗に属するお寺になります。

伊勢崎市の南部、国道354号線沿い、「馬見塚」という交差点のそばにお寺はありました。

これといった最寄り駅はありませんので、自動車で行かれた方が良いかもしれません。

駐車場は、道路沿いにありました。
自動車は、10台以上は停められそうです。

伊勢崎市曲輪町にも延命寺がありますので、あえて「馬見塚延命寺」とさせて頂きます。


こちらの寺院の由緒は、次の通りです(伊勢崎佐波観音霊場のパンフレットより)
「新義真言宗延命寺は地蔵尊を本尊とし寺伝では文明元年(1469)法印道尊を開基としている。
江戸末期以来文教の中心となる。寺子屋教育にはじまり明治七年一ツ松学校となる。
明治41年1月27日馬見塚の大火により全焼。
明治45年3月再建の工場にかかり大正元年9月が本堂及び庫裡、鐘楼完成、昭和54庫裡建替え昭和61年鐘楼建替え梵鐘も新鋳造し仏足跡も建立す。
この観音札所は明和3年(1766)にできたとされる明治29年一番札所延命寺法印蓮見慶秀師により修復、詠歌復刻が行われたものである。」


隣は「馬見塚飯玉神社」が鎮座していました。

こちらが山門になります。
02c7a073.jpg

両サイドには仁王像がありますので、仁王門と言った方が良いかもしれません。

山門の左には松がありました。
be050bd6.jpg

なかなか立派な松です。
古い松なのかな?

鐘楼堂になります。
18c041ba.jpg

どんな音色がするのでしょうか?
聴いてみたいものです。

境内の左側には、観音堂がありました。
c40a6e6a.jpg

(´人`)

「聖観世音菩薩」が祀られています。
こちらの観音様は、伊勢崎佐波三十四観音霊場の札所本尊になります。

観音堂の傍らには、六地蔵がいらっしゃいました。
331a52cc.jpg

(´人`)

「伊勢崎佐波三十四観音霊場」の案内板になります。
f9ea4cc4.jpg

由緒や御詠歌、次の札所が書かれています。

こちらが本堂になります。
183db29e.jpg

(´人`)

「地蔵菩薩」を本尊としており、上州新四国八十八ヶ所の札所本尊になっています。
ずいぶん新しい感じのする本堂になります。

本堂に掲げられていた扁額です。
58f7e07a.jpg

立派な字です。
誰が書いたのでしょうか?

境内の右側には大きな塔がありました。
46ad485a.jpg

なにか謂れがあるのでしょうか?続きを読む
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
メッセージ
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ