まほろば御朱印紀行

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

渋川市

甲波宿禰神社 上野国四宮(群馬県渋川市川島)5

KIMG4566

 群馬県渋川市川島に鎮座していました。

 最寄り駅はJR吾妻線「金島駅」になります。徒歩では十数分位かと思われます。

 神社専用の駐車場はありました。


 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「【甲波宿禰神社】
 群馬県渋川市川島の旧郷社。延喜式内社。祭神は速秋津彦(はやあきつひこ)神、速秋津姫(はやあきつひめ)神。例祭は10月9日。獅子舞の奉納がある。
 宝亀二年(771)の創建と伝え、上野四の宮である。元慶四年(880)正四位下を授かった。国内神名帳には正一位とある。」

 また、由緒書きには次の通りです。
「『甲波』は川、『宿禰』は貴人を尊ぶ敬称である。吾妻川のほとりに、水を司る『速秋津彦神』と『速秋津姫神』をご祭神として、宝亀二年(771年)と建立された。
 元々社殿は、現在の場所から500メートル東、川沿いに鎮座していた。
 しかし、天明三年(1783年)の浅間山の大噴火の泥流で流出。元々諏訪神社の境内地であるこの高台に場所を移し、再建される事になった。
 京都御所が炎上にあった貞観十八年(876年)清和天皇が火難守護神として祈願した。(水の神は、全国でも少ないため)
 また、戦国の世には、北条・武田・長尾氏らが旧郷社に寄進したと伝えられている。」


 渋川市の中心部から北西、県道35号線から細い道に入ったところに神社は鎮座していました。
 できればコンパクトカーみたいな車で行かれた方がよいかもしれません。

 鳥居
KIMG4553
 社殿
KIMG4554
 社殿内部
KIMG4557
 社号額
KIMG4558
 本殿
KIMG4559
 神楽殿
KIMG4555
 社務所
KIMG4556
 御朱印は、宮司さん宅にて頂けました。宮司さん不在のため書き置きを頂きました。



 
神社名:甲波宿禰神社
鎮座地:群馬県渋川市川島1287番地
祭 神:速秋津彦神 速秋津姫神
社格等:延喜式内社 上野国四宮 旧郷社

五徳山 無量寿院 水澤寺(群馬県渋川市水沢)5

image


群馬県渋川市にある
五徳山 無量寿院 水澤寺に参拝してきました。
image

天台宗に属するお寺になります。

渋川市の中でも伊香保温泉に近いところにお寺はありました。

駐車場は、お寺の北側にありました。
自動車は、100台以上は停められそうです。

JR高崎駅より群馬バス「伊香保温泉行」乗車して、「水澤観音前」下車してすぐです。


こちらのお寺の由緒は、次の通りです(由緒書きより)。
「坂東三十三札所中第十六番水沢観世音は 千三百有余年の昔、推古天皇、持統天皇の勅願により 高麗の高僧恵灌僧上の開基にして 国司高光中将公の開基である。五徳山水沢寺の名称は 推古天皇の御宸筆の額名に因るものであり 坂東第十三番浅草観世音及十八番日光中禅寺観世音と比肩すべき名刹である。御本尊は国司高野辺家成公の三女 伊香保姫の御持仏 十一面千手観世音菩薩であり 霊験あらたかなること、特に七難即滅七福即生の御利益顕著である。
御詠歌に たのみくる 心も清き 水沢の
深き願を 得るぞうれしき
当時は御堂の数三十余宇、御仏の数一千二百体にも及びましたが、再三の災火のため現在の建物は大永年間に仮堂を造立し、元禄年間より宝暦天明年間に至る三十三ヶ年の大改築に依るものである。東京へ三十六里、日光へ三十六里、善光寺へ三十六里という枢要なる霊場である此の地は 歴代天皇の勅願寺として伝わり 上野の国司の菩提所であったことも史跡に残り 近く徳川時代迄は村の入口には大制札があって、一、弓は袋をかけて通れ、一、鉄砲は火縄を消して通れ、一、馬は引き手綱をつけて通れ、と御朱印地の権威は中々のものであった。」


坂東三十三観音霊場の札所になるお寺になります。

こちらが山門になります。
image

仁王像が配されているので「仁王門」と言った方が良いかもしれません。
image

image

風神雷神像も配されています。
image

image

江戸時代に作られたもので、渋川市指定重要文化財になっています。

石段を上がっています。
image

疲れます。

正面には、観音堂がありました。
image

坂東三十三観音霊場と新上州三十三観音霊場の札所である「千手観音」が祀られています。
江戸時代の建築になり、渋川市指定重要文化財になっています。

観音堂の向拝です。
image

なかなか立派です。

こちらが六角堂になります。
image

image

大日如来と六地蔵が祀られています。
群馬県指定重要文化財になっています。
こちらの六角堂は、関東百八地蔵尊霊場の札所本尊であります。
開運六地蔵だそうです。何か良いことがないかな😃
image

飯縄大権現の御堂になります。
image

登るのが怖いです😱

こちらが大師堂になります。
image

てっきり伝教大師か元三大師かと思いましたが、弘法大師が祀られています。

豊家一神です。
image

image

龍王弁財天です。
image

image

清昌稲荷大神です。
image

こちらのお寺の鎮守社になるでしょう。
稲荷堂でしょう。

こちらが鐘楼堂です。
image

こちらが納札堂です。
image

image

不動明王が祀られています。
こちらで、祈祷祈願した御札を納めるようです。

御神籤の自動販売機がありました。
image

獅子舞が舞って、楽しませてくれます。
200円で引けます。

御朱印は、観音堂の向かいにある納経所兼授与所で頂けました。
image

御御影も頂きました。
image

一体100円です。




寺院名:五徳山 無量寿院 水澤寺
住 所:群馬県渋川市伊香保町水沢214番地
宗 派:天台宗
本 尊:千手観世音菩薩
通 称:水澤観音
札所等:坂東三十三観音霊場 十六番札所
    上州三十三観音霊場 別格霊場
    関東百八地蔵尊霊場 三十三番札所
御詠歌:たのみくる 心も清き水沢の 深き願いをうるぞうれしき

渋川八幡宮(群馬県渋川市)3

29f4028d.jpg

群馬県渋川市に鎮座する「渋川八幡宮」に参拝してきました。
旧郷社になる神社になります。

最寄り駅は、JR上越線「渋川駅」になります。
徒歩で神社まで行くのは、無理かもしれません。
バスが近くまできているかどうかわかりませんので、自動車で行かれた方が良いかもしれません。

神社の北側には、群馬県立渋川工業高校がありました。
目印になります。

駐車場は、道路を挟んで反対側にありました。
自動車は、数十台位は停められそうです。

道路沿いに鳥居はありました。
65bad715.jpg

「台輪鳥居」だと思われます。
よく神社で目にする普通の鳥居です。

境内は、木々に囲まれており、静かでした。
なかなか広かったです。
森林浴になりそうです。

こちらの神社の由緒は、渋川義顕が慶長年間(1249〜1256年)に神奈川県鎌倉市に鎮座する「鶴岡八幡宮」からの勧請が始まりになります。
その後、康元年間(1256〜1257)に長尾景煕が諸社殿を造営したそうです。

やはり、武門は八幡宮を勧請するんですね。続きを読む

水沢観音(群馬県渋川市)5

12377c73.jpg

86d6d1aa.jpg

群馬県には、坂東三十三観音霊場の札所が二ヶ所あります。
十五番札所の「白岩観音」、そして今回ブログに書く「十六番札所の水澤観音」になります。

場所は、渋川市伊香保町になりますが、「伊香保温泉」からは少し離れています。

山門の前には「うどん屋さん」が有るには良いのですが、「ラブホテル街」があるのはとても残念でした。

駐車場は、境内の右側にあります。恐らく、数百台位は停められそうです。

駐車場から山門を通らず直接境内に入って来られるので、なかなか山門をゆっくり見られることは無いようです。
山門は立派なので、是非とも見てください。

伊香保温泉は「温泉街」なので、特別有名な観光地はありません。
唯一「水澤観音」が観光地になるので、観光客でごった返します。

駐車場には、多くの観光バスもありました。

本堂です。
9aaf2ee5.jpg

千社札が貼られ、歴史を感じさせます。
また、外国人の方々もいらっしゃいましたが、やはり本堂の前では、拝んでいません。
宗旨が違うか・・・

六角堂です。
35b44969.jpg

こちらのお堂には、地蔵菩薩が祀られており、関東百八十地蔵尊霊場の札所本尊になっています。

御朱印は、本堂の真向かいにある「授与所」で本尊「千手観世音菩薩」と「地蔵菩薩」の二種類が頂きます。
釈迦堂では、「釈迦如来」の御朱印が頂きます。
汎用の御朱印帳に頂けます。
御朱印代は、各300円でした。

御守りや御札といった授与品も多くあり、その中に『オリジナル御朱印帳』と『一般の御朱印帳』が置いてありました。




寺院データ
寺院名:五徳山 無量寿院 水澤寺
住 所:群馬県渋川市伊香保町水沢214番地
宗 派:天台宗
本 尊:千手観世音菩薩
通 称:水澤観音
札 所:坂東三十三観音霊場 十六番札所
    新上州三十三観音霊場 別格霊場
    関東百八地蔵尊霊場 三十三番札所
    東国花の寺百ヶ寺
御詠歌:たのみくる 心も清き水沢の 深き願いをうるぞうれしき

龍傳寺(群馬県渋川市)3

25a3c508.jpg

群馬県渋川市の南部、坂東大橋の近く、国道17号線の「半田」という交差点の近くにお寺はありました。

檀家寺といった感じの小ぢんまりしたお寺でした。
入口です。
7d2530b4.jpg

「群馬郡三十三観音霊場の札所になっており、明治時代に火災にあい、札所の伝えは絶えた。」との内容が本に書かれていました。

今日参拝したとき、ご住職のご夫人に対応して頂きましたが、札所については全く知らず、「以前に火災にあい、資料は無くなった。」といった内容のお話をされていました。
群馬郡三十三観音霊場の札所本尊の「一葉観音」は、もう祀られていないようです。

境内には、薬師堂がありました。
f954a71c.jpg

祀られているのは、薬師如来でしょうか。

本堂です。
b88898c6.jpg

曹洞宗なので「釈迦如来」が祀られています。続きを読む
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール

まほろば

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣してます。社寺参詣道代表師範&御朱印ブロガーです。伊勢神宮・靖国神社・世良田東照宮・久能山東照宮・鳳来山東照宮の各崇敬会に入会しています。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士、日商簿記検定2級、秘書検定2級、神社検定参級、全経電卓検定3級、安全衛生推進者
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

J-CASTニュース
livedoor 天気
  • ライブドアブログ