まほろば御朱印紀行

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

埼玉県の神社

秩父今宮神社 お姿の御朱印(埼玉県秩父市中町)5

KIMG4302
 最寄り駅は、秩父鉄道「秩父駅」もしくは「御花畑駅」になります。

 神社専用の駐車場はありました。


 こちらの神社の由緒は以下通りです。
「今宮神社は、その前身を長岳山正覚院金剛寺(1038)大宮山満光寺(984)といいました。この両寺創立以前からこの地に、伊邪奈岐大神・伊邪奈美大神が祀られていました。大宝年間(701〜704)には、役行者(えんのぎょうじゃ)がこの地に、飛来して八大龍王を合祀し、八大社と呼ばれていました。毎年四月四日の秩父神社のお田植祭は、今宮神社の水幣(みずぬさ=龍神池の水)を以って行われ、秋の収穫の喜びが十二月三日の秩父夜祭りを盛りあげるといわれています。
奈良時代には宮中八神(大宮売神・高産日神・神産日神・生産日神・足産日神・事代主神・玉積産日神・御食津神)が祀られ、降って大日如来が習合され、八大権現社と観音堂(十一面、後に聖観音)を創建・相前後して満光寺弁天堂が創られました。天文四年(1535)には当地に疫病が流行したため、京都今宮神社より須佐之男命(すさのおの命=健康神・樹木神)を勧請して今宮神社を創建しました。
 永禄十二年(1569)には一山を総称して聖護院直末(じきまつ)『長岳山今宮坊』と称し諸国先達二十九寺の一として又本山派年行事職として栄えました。
 降って天正十九年(1591)には徳川幕府より御朱印地十石、除地七石を賜わり、組下四十九寺を結集して秩父霊地の発展に務め、元禄十四年(1701)長生院神門寺(現十八番札所)と共にまっさきに『江戸開帳』を行って、江戸−秩父間の交通路を拡き、秩父二十四札所の紹介と発展に貢献したと伝えられています。
 明治維新時には、神仏分離令により、今宮坊は今宮神社と今宮観音堂(現十四番)に分けられ、更に昭和二十七年には児童館建設のため、旧社殿は黒谷の聖神社に寄進され、境内地も境内建物も縮少のやむなきに至りました。しかし御祭神をはじめ、御神体、御朱印、社宝、古地図、古文書、歴代の別当、宮司の墓所、それに由緒とその精神は当神社に継承されて今日に至っています。
御神意と時代の要請に則り、昭和二十年代より凡そ五十年間、神域を児童公園として解放、秩父市と協力して地域住民の心身の健康を祈つて、福祉事業に専念いたしました。
 ここに遊び育った、かつての子どもたちも心身健やかに成人して郷土社会の立派な担い手となりました。
 ここに御神意の大成成就を御神前に報告し、神域を本来の姿に復したく、長い由緒を踏まえ、新らたな決意を以て当神社の歩みを始めました。」


 入り口になります。
KIMG4288
 役ノ行者を祀るお社になりました。
KIMG4289
 神社で修験道の役ノ行者を祀るとは珍しいですが、創建の経緯を考えるとわかります。

 鳥居になります。
KIMG4290
 社殿です。
KIMG4291
 御朱印は、境内の左側にある授与所で頂けました。八種類あり、御朱印代は各500円になります。

 御守りや御札といった授与品はありました。




神社名:秩父今宮神社
鎮座地:埼玉県秩父市中町16‐10
祭 神:八大龍王神 役尊神(役小角=役行者=神変大菩薩) 聖観音神 伊邪那岐大神 伊邪那美大神 須佐之男命 弁財天 宮中八神(大宮売神 高御産霊神 神御産霊神 生産霊神 足産霊神 事代主神 御食津神 魂積産霊神)
社格等:旧村社

秩父神社 交通安全ステッカー(埼玉県秩父市)5

KIMG4301
 埼玉県秩父市に鎮座する秩父神社の交通安全のステッカーになります。初穂料300円になります。
 北斗七星と北辰の梟が描かれており、光に反射する素材で作られております。

 社殿です。
KIMG4272
 土曜日に参拝したので参拝客は多かったです。




神社名:秩父神社
鎮座地:埼玉県秩父市番場町1‐3
祭 神:八意思兼命 知知夫彦命 天之御中主命
相 殿:秩父宮雍仁親王
社格等:延喜式内社 武蔵国四宮 旧国幣小社 別表神社
札所等:全国東照宮めぐり

鴻神社 再拝(埼玉県鴻巣市本宮街)5

KIMG4211
 久し振りに埼玉県鴻巣市に鎮座する「鴻神社」に参拝する。「こうじんじゃ」と読む。鴻巣市にあるので「こうのすじんじゃ」と読みがちですが違う・・・

 鳥居
KIMG4176
 参道
KIMG4175
 社殿
KIMG4170
 社殿内部
KIMG4172
 狛犬ではなく、コウノトリがいらっしゃった。

 神楽殿
KIMG4169
KIMG4171
 境内社
KIMG4174
KIMG4178
 御朱印は、境内右側にある授与所にて頂きました。以前は御朱印帳に直接頂けましたが、現在は印刷の御朱印・・・







神社名:鴻神社(こうじんじゃ)
鎮座地:埼玉県鴻巣市本宮町1‐9
祭 神:スサノオノミコト(氷川社) ハヤタマノオノミコト(熊野社) ワケイカヅチノミコト(雷電社)
社格等:旧村社 鴻巣総鎮守

高尾氷川神社(埼玉県北本市高尾)5

KIMG4190
 埼玉県北本市の北西部、鴻巣市からも近いところに神社は鎮座していました。

 駐車場はありました。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(由緒書きより)。
「当社は、貞観十一年(869)の御創建と伝えられていますが風土記には、文明五年(1473)武蔵一宮氷川男体神社を勧請とあり、詳細は不明ですが、この地が縄文時代の集落であり、祭祀の痕跡もあり、また付近の状況からも貞観年間に鎮斎、文明年間に改めて勧請されたものと考えられます。旧地頭牧野家の祈願所として崇敬され、高尾・荒井・石戸・高尾新田等近郷の鎮守として尊崇されてまいりましたが、石戸・中丸両村合併後は、北本の総鎭守とし日々の祭典が奉仕されています。」


 鳥居になります。
KIMG4184
 手水舎。
KIMG4182
 社殿になります。
KIMG4180
 小ぢんまりした神社です。

 社殿前の絵馬。
KIMG4179
 琴平神社。
KIMG4181
 境外社の厳島社。
KIMG4189

 御朱印は、境内右側の授与所にて頂きました。御朱印代は300円です。




神社名:高尾氷川神社
鎮座地:埼玉県北本市高尾7‐31
祭 神:素盞嗚尊 市杵嶋姫命 大雷命 菅原道真公 誉田別命 大物主命
社格等:旧村社
札所等:北本七福神 大黒天・恵比寿神

忍東照宮・諏訪神社 徳川家康公着用「歯朶具足の兜」が描かれた「勝守」(埼玉県行田市忍本丸)5

KIMG3662
KIMG3663
 今年の1月5日に埼玉県行田市に鎮座する忍東照宮・諏訪神社に参拝いたしました。

 埼玉県行田市の中心部にある「忍城址」の道路を挟んで反対側に鎮座しています。

 駐車場の場所がわからなかったので「忍城趾」の駐車場に停めさせて頂きました。無料で停められました。


 こちらの神社の由緒は次の通りです(由緒書きによる)。
「【諏訪神社】
 祭神 建御名方命・八坂刀売命
 例祭 9月27日
 当社の鎮座したのは、八十二代後鳥羽天皇の建久(1190年頃)の昔、忍三郎・忍五郎家時等の一族が、館・塁等を築き居住した頃、と言い伝えられている。又『持田村誌』には、成田親泰が延徳三年(1491)に忍城を構築し、この時、持田村鎮守諏訪社(持田諏訪神社)を城鎮守としたのが、当社であると伝えている。その後、成田氏代々の崇敬があり、寛永十六年(1639)城主となった阿部忠秋は城郭を修築し、併せて正保二年(1645)、当社の本殿を造営、寛文十二年(1672)拝殿を新たに建立した。現在の社殿は昭和三十六年の造営である。
 文政六年(1823)、松平忠義は伊勢桑名から移封するに当たり、城内字下荒井の地へ東照宮を、史に城内へ多度杜と一目蓮杜を勧請した。これらは明治六年、城郭取り壊しの際、当社境内に移される。又、城内各所にあった小両、科斗杜(風の神)・八幡杜・久伊豆社・荒神社・春遺稲荷大明神・神明杜・二の丸稲荷大神・天神社・両棟稲荷大明神の九社も同時に当社へ配祀された。

【東照宮】
 祭神 徳川家康公・松平忠明公・八幡大神
 例祭 5月17日
 当社は、家康公の娘、亀姫が父の肖像を頂き、後に子の松平忠明公に伝え、忠明公が寛永二年(1625)、大和国郡山城内に社殿を造営して、肖像を安置したことに始まる。以来、藩主・藩士崇敬の社となった。その後、移封の都度遷座され、慶応四年(1868)鳥羽・伏見の戦の折、大坂蔵屋敷内の東照宮を、当社に合祀した。
 社領は、郡山当時より百石を受け継ぎ、明治維新まで続く。その地は、埼玉古墳群の辺りであったと・伝えられている。
 明治四年(1871)、藩主東京移住のために祭祀断絶の危機を迎えるが、旧藩士ら相計り、同七年に下荒井の地より、本丸の一部である諏訪郭内の忍東照宮境内一隅に本殿を移し、同三十三年に藩祖、松平忠明公を配祀した。
 現在の拝殿は昭和五年の造営である。」


 元々は忍諏訪神社の境内に東照宮が鎮座しました。
 
 鳥居になります。
KIMG3647
 参道を進むと二の鳥居がありました。
KIMG3644
 案内板がありました。
KIMG3645
「諏訪神社・東照宮
ご神徳
◎厄除 当宮所蔵の家康公肖像画は、長女・亀姫様がお輿入れ(結婚)の際、父親の肖像画を希望したので描かせ『我が意、ここにとどまる』と言って与えたものであり、四十二歳のときのものである。これにより厄除に御神意ありと伝えられている。
◎身体健康 ◎無病息災 ◎子孫繁栄 ◎家内安全 ◎縁結び ◎交通安全 ◎学業成就 ◎病気平癒 ◎八方除 ◎開運 ◎商売繁盛

神事
歳旦祭(1月1日)・節分祭(2月3日)
祈念祭(3月27日)・例祭(5月17日・9月27日)
大祓式(6月30日・12月30日)・除夜祭(12月30日)
月次祭(毎月1日・15日)」
※ご祈祷に関しては神社にお問い合わせください。恐らくは土日の対応になるかと思われます。

 社殿になります。
KIMG3646
 社殿は日光東照宮みたいに派手さはないです。

 こちらの神社は兼務社のようです。基本的に土日のみ誰かしら常駐するようです。なので祈祷祈願は休日のみかもしれません。

 御守り(一体500円〜)や御神札(一体800円〜)、絵馬(一体400円)がありました。私は徳川家康公着用の歯朶具足の兜が描かれた「勝守」を一体頂きました。初穂料は500円です。
 参拝したのは1月5日だったので、破魔矢(絵馬あり1,000円、絵馬なし800円)がありました。頂きたい方は、早めの参拝をお勧めします。

 由緒書きは、頂きたい旨を授与所で告げれば頂けます。無料になります。

 御朱印あり(初穂料300円)。




神社名:忍東照宮・諏訪神社
鎮座地:埼玉県行田市忍本丸12‐5
祭 神:徳川家康公 松平忠明公 八幡大神(東照宮)
    建御名方命 八坂刀売命(諏訪神社)
社格等:旧村社
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール

まほろば

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

J-CASTニュース
livedoor 天気
  • ライブドアブログ