神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

群馬県の神社

沼田榛名神社(群馬県沼田市榛名町)5

image

 群馬県沼田市榛名町に鎮座する神社になります。

 最寄り駅は、JR上越線「沼田駅」になります。徒歩で神社まで10分位かと思われます。

 駐車場は門前にあり、自動車は5台位は停められそうです。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「群馬県沼田市榛名町の旧県社。宝高明神とも。埴山姫命(はにやまひめのみこと)・倭健命(やまとたけるのみこと)・菅原道真命。例祭は4月8日。
 古来、沼田城内に鎮座した三社を合祀した。倭健命を祀る宝高明神と現社地の碓根子明神(菅原道真)と城主の沼田顕泰の妻の産土神である埴山姫命(榛名山神)である。以来、代々の城主の崇敬が篤く、本殿は真田信幸、鳥居は本多長矩の寄進である。
 昭和三年(1928)に御大典記念に県社に昇格した。」

 鳥居になります。
image

 手水舎になります。
image

 神楽殿です。
image

 社殿になります。
image

 参拝していたら、家族連れでお参りしている方々に出くわしました。
 本殿は真田信幸の奉納だそうです。大河ドラマ「真田丸」では大泉洋さんが演じてました。

 境内の左側には授与所がありました。
image

 御神札や御守りといった授与品がありました。

 御朱印は、社殿の左側にある会館(祈祷受付兼御朱印受付)で頂けました。御朱印代は300円でした。






神社名:沼田榛名神社
鎮座地:群馬県沼田市榛名町2851番地
祭 神:埴山姫命 倭健命 菅原道真命 建御名方命
社格等:旧県社

世良田東照宮 再拝(群馬県太田市世良田町)5

 4月15日に世良田東照宮に参拝してきました。。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「新田郡尾島町世良田町の旧郷社。徳川家康ほか十九柱を祀る。例祭は4月17日。
 寛永二十一年(1644)に天海僧正が徳川家光の命により、日光東照宮の古殿を始祖である義季の墳墓がある長楽寺境内に移築し創建した。
 拝殿は日本最古の東照宮建造物である。」

 また、東京堂出版刊「神社辞典」によると次の通りです。
「群馬県新田郡尾島町世良田。旧郷社。
 当地は江戸幕府の祖先・世良田徳川氏の発祥の地という。
 寛永二十一年(1644)三代将軍家光の命を受けた天海僧正が、徳川氏遠祖・義季の墳墓が存する当地長楽寺境内に日光東照宮の古殿を移し創建した。したがって歴代将軍の修復・寄進など重んずべきものがあった。
 本殿・拝殿・中門の建造物、社宝の太刀(銘了戒)、大鉄灯籠は重要文化財。
 例祭4月17日」


 神門です。
image

 境内の全景です。
image

image

 残念ながら4月15日には桜が散り始めてます。桜吹雪で幻想的でした。

 大名駕籠がありました。
image

 一人できたので顔は出しません。

 拝殿前の桜は満開でした。
image

 今週末にはどうなるでしょうか?

 本殿になります。
image

 本殿前には二葉葵があり、桜の花びらで綺麗でした。
image

 何だか綺麗でした。





神社名:世良田東照宮
鎮座地:群馬県太田市世良田町3119‐1
主祭神:徳川家康公
配祀神:菅原道真公 倉稲魂命 須佐之男命 伊弉冉命 火産霊命 大穴牟遅命 誉田別命 建御名方神 豊城入彦神 外十柱
社格等:旧郷社

沼田榛名神社 オリジナル御朱印帳(群馬県沼田市)5

image

 沼田榛名神社のオリジナル御朱印帳になります。
 江戸時代前期は真田家の城下町だったため、昨年の大河ドラマの影響で真田家ゆかりの地として宣伝していたようです。御朱印帳にも六文銭が描かれています。また、沼田城趾もありました。

 近くに北関東三十六不動尊霊場の「金剛院」がありました。あわせて参拝してもよろしいかもしれません。





神社名:沼田榛名神社
鎮座地:群馬県沼田市榛名町2851番地
祭 神:埴山姫命 倭健命 菅原道真命 建御名方命
社格等:旧県社

常祇稲荷神社 再拝(群馬県桐生市仲町)5

image

 群馬県桐生市の中心部、本町通りから少し引っ込んだ所に鎮座しています。

 最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」になります。駅から神社まで少々歩きます。

 細い道を行きますので、自動車で行かれる方は気をつけてください。

 神社の専用駐車場はあります。自動車は10台位は停められそうです。


 こちらの神社の由緒は、以下の通りです(由緒書きより)。
「当社の祭神は、倉稲魂命(うかのみたまのみこと)で、古くから五穀生産衣食住の守護神として知られている。
 そのはじめは、江戸時代の初期に、村松村美和神社の神主小島刑部が、今泉村に小社を建立したのによるものと伝えられている。さらに慶長十八年(1613)今泉村常木(現在地)に遷座し、稲荷明神として村民から崇敬され、後に刑部の弟小島民部が神主となった。
 正保四年(1647)九月十三日火災のため社殿が全焼し、このとき、内陣にあった幣帛が、たちまち空に舞い上がり、神木の枝に止まった。これを見た村民は、不思議に思い群集して礼拝したといわれている。民部の息子権之助がこの幣帛を下ろして仮屋に奉遷した。これ以後、当社の神徳の高いことが評判となって、参詣者が多くなり、翌慶安元年(1648)には、社殿が再建された。また正徳三年(1713)にも社殿を建替え、同五年(1715)正一位に叙せられた。
 こうして当社は、今泉村の氏神であったばかりでなく、桐生新町の町民にも崇敬され、祭礼の日には、全町神灯をかかげて祝ったということである。なお嘉永元年に、当社の神主小島氏が、江戸域内で行われた、将軍の病気平癒の祈祷に、精進したともいわれている。明治初年ふたたび火災にあい、社殿を焼失したが、翌二年再建され、今日に至った。
 さらに同四三年七月諏訪神社・八坂神社などを合祀し、大正八年四月村社となった。」


 一の鳥居です。
image

 参道を進むと二の鳥居があります。
image

 3月8日の旧暦初午の日に参拝しました。
 11時過ぎに訪れましたが、11時から初午祭のため社殿内に「浦安の舞」を奉納していました。神主さんに聞いたところ見学できるとのことで、拝殿内に入り舞を見ることができました。
image

 参列者・見学者で玉串奉奠が行われ、見学者にはお菓子が振る舞われました。
image

 美味しく頂きました。




神社名:常祇稲荷神社(つねぎいなりじんじゃ)
鎮座地:群馬県桐生市仲町三丁目16‐9
祭 神:倉稲魂命
配 神:健御名方神 伊弉冊命 迦具土命 彦狭島命 速須佐々男命 誉田別命 栲機千々姫命
社格等:旧村社

桐生雷電神社 再拝(群馬県桐生市錦町)5

image

 群馬県桐生市の中心部、本町通沿いに神社は鎮座しています。

 最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」になります。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(案内板より)。
「雷電神社の由来
 雷電神社は雷除け、雨乞い、五穀豊穣の神として荒戸五ケ村が雷電山に祭る。永禄二年(一五五九)である。
 常見隠岐守が上原に移った時に屋敷神として勧請した。天和二年(一六八二)である。
 その後最勝寺(現在は錦町)が別当寺として祭祀を預かる。(最勝寺は常見隠岐守の開基と云い、神社に仕え、管理運営を行っていた。)
 亨保、元文の頃、寺と村方とで神社について紛議が起こり、一時的に村方持ちになったが元文四年(一七三九)上野東叡山から下書を賜って最勝寺が別当となり明治維新まで継続した。
 明治時代より雷電神社はその所在地の鎮守様として、周辺の崇敬者を氏子として祭祀管理運営されて、春秋二回の祭礼が
行われてきた。
 太平洋戦争時は大3区区民が氏子となり、昭和五十九年に老朽化した本殿、大鳥居等改修し現在にいたる。
 祭神 火雷神」


 通り沿いに大きな鳥居があります。
image

 境内には大きな桜の木があります。「染井吉野」ではなく「大島桜」だそうです。春先には桜が綺麗に咲きますので、その頃の参拝をお薦めします。

 二の鳥居になります。
image

 社殿になります。
image

 境内社になります。
image

 以前は御朱印は無かったのですが、できたとのことなので頂きました。御朱印代は300円でした。
 ステッカーを頂けました。
image

 無料です。

 由緒書きはあります。

 雷除けの御守りがありました。
image

 一体300円でありました。





神社名:桐生雷電神社
鎮座地:群馬県桐生市錦町一丁目3‐6
祭 神:火雷神
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
メッセージ
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ