神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

御朱印(東京都)

愛宕薬師真福寺(東京都港区愛宕)5

image

 東京都港区の愛宕山(愛宕神社)の北にお寺はありました。

 最寄り駅は、東京メトロ銀座線「虎ノ門駅 (1番出口)」、東京メトロ日比谷線「神谷町駅(3番出口)」、都営三田線「御成門駅(A5出口)」になります。各駅から寺院まで徒歩約10分位はかかりそうです。

 駐車場は見当たりませんでした。自動車で行かれる方は、周辺の有料駐車場をご利用ください。


 こちらの寺院の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「東京都港区愛宕にある真言宗智山派の寺院。摩尼珠山宝光院。本尊は薬師如来。
 天正十九年(1591)照海(しょうかい)が江戸鉄砲洲に庵を創建したのに始まる。
 新義真言宗江戸四箇寺の一つで触頭。朱印寺領は百石。」

 また、雄山閣出版刊「日本名刹大事典」によると次の通りです。
「真言宗智山派、摩尼珠山、宝光院。本尊は大檀那浅野幸長寄進の等身の薬師如来。江戸時代における新義真言宗の触頭『江戸四箇寺』の一つ。同宗智山方の本山移転寺の一つ。府内八十八か所の六十七番札所。
 開山は照海(元和二年二月没)。下総国匝瑳郡谷辺村の真福寺住僧照海が天正十九年(1591)に青山忠成(関東総奉行・江戸町奉行)の請待(しょうたい)で江戸鉄砲洲に草庵を構えたのが起源。照海は慶長十年(1605)徳川家康に目見をし、愛宕に寺地を拝領して鉄砲洲から引移り下総の寺名をうつし、真福寺と号した。『義演准后日記』慶長十五年4月9日条に、当時諸家を祈祷檀那にもち繁栄した旨が記され、また同月義演から山号・院号を下され三宝院の直末となった。『寺社書上』には慶長十五年に触頭役に任ぜられたとするが疑わしく、同時史料で確認できるのは元和八年までくだる。元禄五年(1692)6月に徳川綱吉から百石を拝領した。
 寛永十年(1633)『関東真言宗新義本末帳』には本寺三宝院、末寺二、門徒十五。寛政七年(1795)『新義真言宗本末帳』には本寺三宝院、朱印百石、江戸・武蔵内の末寺十七、又門徒二のほか、他国にも末寺を獲得している。
 智山方の移転寺であったため、本山智積院能化に昇った者も多い。
 現在は総本山智積院の東京別院で、智山派の宗務出張所が設けられている。」


 私の家は真言宗智山派の寺院の檀家になっており、以前に副住職さんに聞いたところ、「愛宕真福寺の末寺となっている」とのことをおっしゃっていました。
 真福寺の末寺ならばと思い、12月6日に参拝させていただきました。

 お寺の外観は、まるでオフィスビルになります。
image

image

 寺務所に関しては、真言宗智山派宗務出張所を兼ねているので、「平日のみ」僧侶や職員の方々が詰めているようです。
 僧侶がスーツを着て仕事をしているので、何だかどこかの会社の面接に来たようです。

 2階が「本堂」になります。
image

 本尊である薬師如来が祀られています。御府内八十八ヶ所の札所本尊になります。

 御朱印は、1階の寺務所で頂けました。御朱印代は300円になります。
 由緒書きはありました。頂きたい旨を告げると頂けました。

 授与品として御守り(一種類、一体500円)、念珠ストラップ(一体1,000円)、護摩祈木(一体200円)がありました。
image

image

 頂きたい方は1階の寺務所に申し出てください。




寺院名:摩尼珠山 宝光院 真福寺
所在地:東京都港区愛宕一丁目3‐8 
宗 派:真言宗智山派
寺格等:総本山智積院東京別院 新義真言宗触頭・江戸四箇寺
本 尊:薬師瑠璃光如来
別 称:愛宕薬師
札所等:御府内八十八ケ所霊場 六十七番札所
御詠歌:うえおきし こまつおてらを 眺むれば 法のおしえの 風ぞ吹きぬる

芝東照宮(東京都港区芝公園)5

image

 東京都港区芝公園の増上寺の南に鎮座する神社になります。

 最寄り駅は、都営三田線「芝公園駅(A4出口)」、都営三田線「御成門駅下車(A1出口)」、都営浅草線・大江戸線「大門駅下車(A6出口)」になります。
 芝公園駅からのが近いかもしれません。


 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「港区芝公園の旧郷社。徳川家康を祀る。例祭は4月17日。
 慶長六年(1601)に家康が等身大の像を造らせ土井大炊頭に命じて元和三年(1617)に芝増上寺の丸山に鎮祭、別当の安立院が奉仕した。
 寛永十八年(1641)造営の社殿は華麗を極め国宝に指定されたが戦災に遭う。」

 また、東京堂出版刊「神社辞典」によると次の通りです。
「東京都港区芝公園。旧郷社。
 御神像は慶長六年(1601)家康六十歳の時の彫刻という。元和二年(1616)駿府より芝増上寺へ護送せられ、翌三年同寺丸山の地に神殿が落成した。寛永十八年(1641)改めて華麗な社殿が造営され、旧国宝に指定をうけたが戦災にかかり焼失。現社殿は昭和四十四年の復興。
 例祭4月17日。」 


 元は増上寺の境内に勧請された東照宮になります。

 日比谷通り沿いに入口はありました。社号標になります。
image

 参道を進んでいきます。
image

 鳥居になります。
image

 鳥居をくぐると、石段を上がります。
image

 正面には、社殿がありました。
image

 かなり小ぢんまりした神社です。

 社務所は、若干古さを感じさせられましたが、大丈夫でしょうか?
image

 日光東照宮の東京出張所が置かれています。

 寒い日でしたが、参拝者はちらほらいらっしゃいました。

 神前結婚式に力を入れているのか、授与所にはパンフレットがありました。

 御朱印は、社務所で頂けました。御朱印代は、500円になり、「道中安寧御守り」と「ポストカード」付きになります。
 由緒書きは、頂きたい旨を告げると頂けました。
 御守りや御神札といった授与品はありました。




神社名:芝東照宮
鎮座地:東京都港区芝公園四丁目8‐10
祭 神:徳川家康公
社格等:旧郷社

虎ノ門金比羅宮(東京都港区虎ノ門)5

image

 東京都港区の官庁街の少し南に神社は鎮座していました。

 最寄り駅は、東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」になります。2番出口を出て神社までは徒歩1分はかかりません。

 駐車場は見当たりませんでした。自動車で行かれる方は、周辺の有料駐車場をご利用ください。


 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「東京都港区琴平町の旧府社。祭神は大物主命・崇徳天皇。例祭は10月10日。
 元旦と1月10日の初金比羅には開運御守を授与する。
 万治三年(1660)に丸亀藩主の京極高知が讃岐の金刀比羅大神を藩邸に勧請し、虎ノ門金毘羅大権現と称した。
 招福・除災の神として信仰が厚く毎月10日は群参があった。」

 また、東京堂出版刊「神社辞典」によると次の通りです。
「東京都港区芝琴平町。旧府社。祭神には大物主神・崇徳天皇を祀る。虎門金比羅宮とも呼ぶ。
 讃岐より、もと丸亀藩主京極家の邸内に勧請し、のちに独立して明治六年(1873)府社に列する。
 除災招福の尊信きわめて篤い。
 例祭10月10日。」


 ビルの谷間に神社は鎮座していました。
 鳥居になります。
image

 社号標になります。
image

 鳥居をくぐると、右側には由緒が書かれた案内板と広告の案内板がありました。
image

image

 手水舎になります。
image

 手と口を漱いで参拝です。

 右側には、神楽殿と思われる建物がありました。
image

 平日に参拝しましたが、境内に置かれた椅子にはサラリーマンが休憩してました。

 二の鳥居になります。
image

 文政四年(1821)10日に奉納された明神鳥居になり、港区指定有形文化財・建造物になるそうです。

 お百度石がありました。
image

 往年の信仰が偲ばれます。何人の人が願掛けしたのでしょうか。

 こちらが社殿になります。
image

(´人`)

 結神社になります。
image

 由緒書きによると「女性たちは、この結神社の前で自らの黒髪を一部切り取り、或いは折り紙を持参し、社殿の格子や回りの木々にそれを結わい付け良縁を願い成就させた。」ことが記載されていました。

 隣には、喜代住稲荷神社になります。
image

 祭神は、倉稲魂命になると思われます。いわゆる商売繁盛でしょうか。

 こちらが授与所兼社務所になり、御朱印や授与品が頂けます。
image

 オリジナル御朱印帳がありました。
image

 初穂料は1,500円(御朱印代込み)になります。
 由緒書きは、頂きたい旨を告げると頂けました。無料になります。
 御守りや御神札といった授与品はありました。





神社名:虎ノ門金比羅宮
鎮座地:東京都港区虎ノ門一丁目2‐7
祭 神:大物主神
相 殿:崇徳天皇
社格等:旧府社

富岡八幡宮(東京都江東区富岡一丁目)5

image

 東京都江東区の門前仲町にある神社になります。

 最寄り駅は、東京メトロ東西線・都営大江戸線「門前仲町駅」になります。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「東京都江東区富岡の旧府社。神社本庁別表神社。祭神は応神天皇ほか六柱。例祭は8月15日。鳳輦神輿と各町内の神輿による連合渡御がある。深川祭りは江戸三大祭の一である。
 天平宝字年間(757〜765)に右大臣藤原豊成が創建したと伝える。砂村の海岸に鎮座していたが、寛永四年(1627)に別当永代寺開基の長盛法印が遷して再建した。さらに寛文四年(1664)に近くの現社地に遷された。
 氏子は現在も江東区から中央区にかけての七十か町におよぶ。」

 また、國學院大学日本文化研究所編「神道辞典」によると次の通りです。
「〈別称〉深川八幡宮 〈旧称〉永代八幡
 〈祭神〉応神天皇、ほか七柱
 〈例祭日〉8月15日(深川祭)
 〈由緒〉天平宝字年間(757〜765)、右大臣藤原豊成(とよなり)の創祀という。寛永元年(1624)京都の長盛(ちょうせい)上人が永代島に八幡神像の小祠を建て、同四年に社殿が造営され、砂村の海岸から現在地に遷座した。
 神像は源頼政より千葉、足利と関東の源氏に伝えられ、太田道灌の守護神になったという。
 別当寺の永代寺は江戸・深川の発展とともに隆盛し、勧進大相撲が興行されるようになり、三十三間堂が建てられ、弓場としてもにぎわった。
 また、宝永四年(1707)に社殿再建を機に江戸有数の規模を誇るようになり、例祭深川祭は江戸の三大祭の一つとされた。
 明治の神仏分離により永代寺と三十三間堂は廃された。
 〈旧社格〉府社(明治六年)」


 江戸三大祭りの「深川祭」を主催する神社になります。

 鳥居になります。
image

 境内には、伊能忠敬像、横綱力士碑、大関力士碑がありました。
image

image

 伊能忠敬像は、撮り忘れました(´・ω・`)

 社殿になります。
image

江戸最大の八幡宮になりますので、境内は広く、参拝者もいらっしゃいました。

 境内社の中には、松尾芭蕉を祀る「花本社」があります。
image

 御朱印は、社殿右側にある祈祷受付で頂けました。御朱印代は、500円になります。
 由緒書きは頂けました。

 授与所では、御守りや御札といった授与品がありました。




神社名:富岡八幡宮
鎮座地:東京都江東区富岡一丁目20‐3
祭 神:応神天皇 他八柱
社格等:旧府社 別表神社
別 称:深川八幡宮
旧 称:永代八幡
札所等:深川七福神 恵比須神

浅草観音 板東札所(東京都台東区浅草)2

image

 東京都台東区浅草にある寺院になります。

 最寄り駅は、東武伊勢崎線・東京メトロ銀座線・都営浅草線「浅草駅」になります。東武と銀座線の浅草駅からは、徒歩で数分位かと思われます。
 
 駐車場は、見当たりませんでした。自動車で行かれる方は周辺の有料駐車場をご利用ください。


 こちらの寺院の由緒は皆さんご存じでしょうが、あえて調べてみました。雄山閣出版刊「日本名刹大事典」によると次の通りです。
「聖観音宗総本山。金龍山。通称浅草の観音様。本尊は聖観世音菩薩(秘仏)。
 『武蔵国浅草寺縁起』によれば、推古天皇三十六年(628)に宮古川(現隅田川)で漁をしていた檜前浜成・竹成兄弟の網に観音像がかかり示現した。それを土師真中知(一説に土師真人中知・土師直中知)が自宅を寺堂として安置し、また自らも剃髪して祀ったのが始まりとされる。一方これに対して10人の童子が藜(あかざ)の堂を建てて祀ったという草刈童子の伝承がある。後世、漁師ら三人は権現思想のもと三社権現(現浅草神社)として、また草刈童子とともに十社権現社に祀られた。
 浅草寺という寺院名は『吾妻鏡』建久三年(1192)5月8日条が初見だか、第二次世界大戦後の発掘で、少なくとも平安時代に遡ることが確認されている。
 645年に本堂を再建した勝海を開山とし(この時、本尊を秘仏とするという)、857年に堂宇を再建した円仁を中興開山とし、円仁が謹刻したと伝える観音像が現在のお前立本尊となる。さらに天慶五年(942)当寺への祈願が成就した平公雅が諸堂を修繕し、荘園を寄進して寺域も拡大し、その後も源頼朝や北条氏・足利氏らの外護を得た。江戸時代には徳川幕府の祈願所とされ、家康から寺領500石を賜り興隆した。
 江戸時代は衆徒十二坊、寺僧二十二坊(現在は全二十四支院)で構成され、最高職は独自で選出した別当であったが、貞享二年(1685)の某事件を機に輪王寺の支配を受け、1740年以降は上野輪王寺門跡の兼帯となり、明治になって延暦寺の直轄となった。
 『寺院本末帳』には、朱印500石、僧正寺、衆徒十二か寺、寺僧二十二か寺、末寺十八か寺、門徒七か寺、承仕三人とある。
 昭和二十五年に天台宗より独立。
 戦災で本坊(伝法院)や二天門などを除く本堂・五重塔なとを焼失。昭和三十三年に本堂が、のちに雷門・宝蔵門(旧仁王門)・五重塔なども再建して伽藍を復興しつつある。
 支院の本龍院は待乳山聖天として別に信仰をもつ。
 行事には大晦日より一週間の修正会、正月12日より一週間の温座陀羅尼会、2月8日針供養、3月18日本尊示現会、4月8日仏生会、6月18日百味供養会・楊枝浄水加持会、7月9・10日四万六千日(ほうずき市)、12月17・18日歳の市(ほうずき市)などがある。
 寺宝に国宝『法華経』開結共十巻(伝小野道風筆)、重文『元版一切経』ほか多数。
 坂東第十三番札所、江戸三十三観音第一番札所。」


 言わずと知れた浅草の観音様に参拝してきました。
 こちらの寺院は、江戸時代の川柳に「江戸自慢 十三番が これくらい」と歌われ、江戸っ子の信仰を集めたようです。
image

 参拝者が多く、混みあっていました。
 今回は、坂東三十三観音霊場の巡拝で訪れました。
 授与所で「坂東の御朱印」と「御御影」を頂いてきました。
image

 しかし、帰りに御朱印を確認すると、右上に押される札所の印(坂東十三番)が押されず、「江戸三十三観音札所第一番」の印が押されてました(・ω・)




寺院名:金龍山 伝法院 浅草寺
所在地:東京都台東区浅草二丁目3‐1
宗 派:聖観音宗
寺格等:総本山
本 尊:聖観音
通 称:浅草観音(あさくさかんのん)
札所等:坂東三十三観音霊場 十三番札所
    昭和新撰江戸三十三観音霊場 一番札所
    浅草名所七福神 大黒天
御詠歌:深きとが 今よりのちは よもあらじ つみ浅草へ まいる身ならば
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ