神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

御朱印(栃木県)

多氣山不動寺持宝院 北関東不動尊霊場(栃木県宇都宮市田下町)5

image

 栃木県宇都宮市の西部にお寺はありました。

 最寄り駅は、JR宇都宮線・日光線「宇都宮駅」、もしくは東武宇都宮線「東武宇都宮駅」になります。
 徒歩でお寺まで行くのは無理ですので、バスをご利用ください。両駅から「立岩」バス停行きに乗り、「大谷観音」バス停下車、徒歩約30分になります。ちなみに大谷観音バス停の一つ前が「切通し」、二つ手前が「大谷橋」バス停になります。
 もしくは、「鹿沼営業所」行きのバス停に乗り、「田野町」バス停下車、少し歩きます。

 お寺専用駐車場はありました。自動車は、かなりの台数が停められそうです。


 こちらの寺院の由緒は、次の通りです(雄山閣出版刊『日本名刹大事典』による)。
「真言宗智山派、多気山、持宝院。本尊は不動明王。開山は勝道の弟子尊鎮。
 本院縁起によれば、宇都宮氏の始祖宗円が不動明王を奉じ、東国に下り氏家勝山に国家安穏の護摩壇を構え、五大明王の秘法を修めたという。宗円はこののち康平七年(1064)この地に伽藍したという。長治二年(1105)氏家勝山の伽藍が焼失し、宇都宮宗綱は霊験あらたかな不動明王を多気山に移し本尊を祀った。
 寺領十五石。
 のち宇都宮歴代城主の信仰あつく祈願所となった。」

 また、下野新聞社刊塙静夫著「とちぎの社寺散歩」よると次の通りです(一部抜粋)。
「(前略)
 当寺は、通称『多気さん』とか『多気の不動尊』といわれ、四季をとおして参詣者が多く、とくに正月中は大混雑し、参道脇は車でうめつくされる。
 寺伝によれば、弘仁十三年(822)、日光を開いた勝道上人の門弟尊鎮が馬頭観音を本尊として開山したという。その後寺の歩みについつは明かでないが、長治二年(1105)、宇都宮二代城主宗綱が勝山城(現・氏家町氏家)内の明王堂に安置してあった不動明王像を当寺に移して本尊にしたという。一説にはこの仏像を移したのは、建武二年(1335)、宇都宮九代城主公綱のときであるともいう。
 伝承によれば、この不動明王像は、藤原宗円(宇都宮氏の祖という)前九年の役(1051〜1062)のさい、源頼義にしたがって下向のときに捧持し、勝山で朝敵調伏(調伏とは悪を打破すること。とくに密教で五大明王などを本尊として怨敵を降伏させること)の壇をかまえて戦勝を祈願したものという。
 この本尊は、現在不動明王坐像(市指定)として本堂(不動堂)の奥に安置されている。高さ1.73辰隆麑畋い蚤枡發法惺応元年(1389)己巳十月廿六日』に修復した墨書銘がある。像は忿怒の形相(表情)をとっているが、顔面筋肉のはれ膨れや隆起などはみられず、力を内に秘めた成田山新勝寺(成田市)の不動明王像に似ている。平安時代末期ので、今では火よけ・商売繁盛の不動尊として信仰されている。
 山門をくぐり、136段のきつい石段をのぼると、右側に本堂(不動堂)があり、その左手に祭神殿がある。この裏側一帯は多気山持宝院社叢(市指定)として特別に保護されている。この社叢は、わが国の暖帯林の縁に位置する樹林として学術的な価値が高く、アラカシ・ウラジロガシ・ツクバネガシなどのカシ類と、ヤブツバキ・ヒサカキ・ヤマザクラ・ヤマモミジ・イタビカズラ等が茂っている。
(後略)」


 宇都宮市といっても市街地からかなり外れていますので、周辺は山の中といった感じでした。
 緑が多いので、春先から紅葉の時期の参拝をお薦めします。

 交通安全祈祷殿になります。
image

 先に進むと山門がありました。
image

 右側には本坊がありました。
image

 急な石段を上がっていきます。
image

 石段を上がり、境内にはいると本堂と大師堂がありました。
本堂
image

歳神堂
image

神楽殿かと思いましたが…

 大師堂
image

 本堂は不動明王、大師堂は弘法大師と馬頭観音・如意輪観音が祀られています。不動明王は北関東三十六不動尊霊場、馬頭観音は下野三十三観音霊場の札所本尊になります。
 ちょうど本堂では護摩祈祷が始まるところでした。開始の合図が法螺貝でした(´・ω・`)

 御朱印は、境内の右側にある授与所で頂けました。
image

 「不動明王(2種類)」・「寿老人」・「馬頭観音」の4種類になります。御朱印代は各300円(納経帳)、500円(北関東三十六不動尊霊場納経軸)です。

 御守りや御札といった授与品はありました。

 多気不動尊から「大谷観音(坂東三十三観音霊場十九番札所)」まで2匱紊覆里納動車でさほどかからないかと思われます。






寺院名:多氣山 不動寺 持宝院
所在地:栃木県宇都宮市田下町563番地
宗 派:真言宗智山派
本 尊:不動明王
通 称:多氣不動尊
札所等:北関東三十六不動尊霊場 十八番札所
    下野三十三観音霊場 別格霊場
    下野七福神 寿老人
御詠歌:あらたかや 願いをさずく 不動尊 衆生守る 多気のみ山

天開山浄土院大谷寺 坂東札所(栃木県宇都宮市大谷町)5

image

 栃木県宇都宮市の西部にお寺はありました。

 最寄り駅は、JR宇都宮線・日光線「宇都宮駅」、もしくは東武宇都宮線「東武宇都宮駅」になります。
 徒歩でお寺まで行くのは無理ですので、バスをご利用ください。両駅から「立岩」バス停行きに乗り、「大谷観音」バス停下車します。ちなみに大谷観音バス停の一つ前が「切通し」、二つ手前が「大谷橋」バス停になります。

 お寺専用駐車場は門前にありました。参拝者のみ駐車できます。


 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「栃木県宇都宮市大谷町にある天台宗の寺院。天開山。浄土院。坂東三十三か所十九番。通称大谷観音。
 一般に大谷石といわれる凝灰岩の自然洞窟に、本尊千手観音をはじめ釈迦・薬師・阿弥陀のそれぞれ三尊仏がレリーフされ、開創は空海と伝える。
 実際は平安初期から石窟寺院として整備されたと考えられ、いずれの尊像も重文かつ国指定特別史跡となっている。」

 また、雄山閣出版刊「日本名刹大事典」によると次の通りです。
「通称大谷観音。天台宗、天開山、浄土院。本尊は凝灰岩製の大谷石の自然窟の壁面に彫られた千手観音立像。
 寺伝によれば、寺の開創については空海が統治の岩窟の大きな蜂を退治し、千手観音などの仏を彫ったことにはじまるという。実際にはそうではなく、洞穴の壁面に千手観音立像や薬師三尊像などが高浮彫りされる平安初期以降に、洞穴寺院としての性格を整え、徐々に寺院化していったことと思われる。ともかく、坂東三十三か所観音霊場の一つとして、人々の信仰を集めたと思われる。戦国期から近世初頭の戦乱および宇都宮氏の改易で一時衰退したこともあったが、天海の弟子伝海が住持になるに及んで再び発展していく。なお、近世段階の大谷寺は寺領五石で、宇都宮市の粉河寺の末寺であった。
 大谷寺の磨崖仏である千手観音立像・釈迦三尊像・薬師三尊像・阿弥陀三尊像は、国指定の特別史跡と重要文化財に二重指定されている。
 現在、当寺は坂東巡礼の第十九番霊場、ないし石の里の仏として信仰を集めている。」


 山門になります。
image

 入山料は大人400円、中学生200円、小人100円になります。

 本堂になります。
image

 本堂内に入ると、ガンダーラみたいな感じの崖に掘られた千手観音や釈迦如来がいらっしゃいました。

 徳川家康と築山殿の間に生まれた長女で奥平信昌の正室「亀姫」が再興したことにより、寺紋は「三ツ葉葵」になります。

 境内になります。
image

 宝物館があり、入山料400円で入館できます。
image

 弁天堂になります。
image

image

 御朱印は拝観受付にて頂けました。御朱印代は300円でした。
 坂東三十三観音霊場の御御影も一体(100円)頂きました。

 御守りやお線香といった授与品はありました。

 大谷観音から「多気不動尊(北関東三十六不動尊霊場十八番札所)」まで2匱紊覆里納動車ではさほどかからないかと思われます。合わせて参拝するのも良いかもしれません。





寺院名:天開山 浄土院 大谷寺
所在地:栃木県宇都宮市大谷町1198番地
宗 派:天台宗
本 尊:千手観世音菩薩
通 称:大谷観音
札所等:坂東三十三観音霊場 十九番札所
    下野七福神 弁財天
御詠歌:名を聞くも めぐみ大谷の 観世音 みちびきたまへ 知るも知らぬも

樺崎八幡宮(栃木県足利市)5

image

 栃木県足利市の北東部に神社は鎮座していました。

 駐車場は、道路沿いにありました。


案内板による由緒。
「樺崎八幡宮は、正治元年(1199)、足利義兼の生入定の地に八幡神を勧請し、義兼の霊を合祀したことに由来する。
 本殿は、天和年間(1681〜1684)の再建といわれ、昭和六十三年度・平成元年度の保存修理で、本来の造りであった隅木入春日造(軒唐派風)に復元した。
 この建物は意匠上においても種々の面で卓抜したものがあり、歴史的由来とあわせて価値の高い建造物である。
 (昭和六十一年九月二十四日 足利市指定)

※足利義兼は、奥州藤原氏征伐の後、建久年間(1190〜1199)、この地に下御堂(法界寺)を創建した。
 義兼は正治元年、当地にて入寂、その子義氏は、法界寺の諸堂宇を整備するとともに八幡神を勧請した。
 足利将軍家の衰退とともに法界寺もその庇護するところを失い、現在では樺崎八幡宮を残すのみである。」


 私が参拝した4月16日は春季大祭が行われており、社務所には氏子さんが詰めておりました。

 参道です。
image

 先に進みます。
image

 こちらが社殿になります。
image

 (´人`)
 境内の神楽殿では神楽が舞われていました。
image

 御朱印は、参道右側の社務所で頂けました。普段は非常駐のため社務所の掲示にある電話番号にかけて社務所に来ていただき、御朱印を頂けます。御朱印代は300円でした。
 由緒書きはありました。




神社名:樺崎八幡宮
鎮座地:栃木県足利市樺崎町1723番地
祭 神:誉田別命 源義兼公(足利義兼公)
社格等:旧郷社

出流山千手院満願寺 坂東札所(栃木県栃木市出流町)5

image

 栃木県栃木市にある寺院になります。

 最寄りのバス停は、栃木駅北口より寺尾線(出流観音行き)に乗車、終点「出流観音」で下車してください。

 駐車場はありました。


 こちらの寺院の由緒は、次の通りです(東京堂出版刊『古寺名刹辞典』による)。
「栃木市出流町288。出流山千手院と号す。真言宗智山派。坂東三十三ヶ所観音霊場の第十七番札所。
 天平勝宝二年(750)日光開山勝道上人の開創と伝えられ、本尊十一面千手観音像は弘法大師東国巡錫の折の作といわれる。
 寺域は出流山中腹にあり、景観の良いことで知られる。本堂背後の崖に奥の院霊窟といわれる洞窟があり、東に大師窟、西に奥の院の窟、更に西に大日窟と呼ばれる鍾乳洞があり数十本の鍾乳石がある。中でも4辰魃曚晃事な石柱は古来より大日如来の後姿とされる。
 天平七年(735)下野国司若田氏高藤介の妻明寿は子宝に恵まれなかったが、この十一面観音に祈り、霊験を得て一子を授かった。この子が後の勝道上人であるという。よって日光修験者は生涯に一度は当寺に修行すると定められたこともある。
 明治維新前には智山派総本山智積院移転地七ヶ寺の一つに列せられた名刹である。
 本尊には開運・厄除けの霊験があるとされ、関東一円から参詣者を集める。
 御詠歌は、
  ふるさとをはるばるここに立ち出る
   我が行く末はいずくなるらん」

 また、雄山閣出版刊「日本名刹大事典」によると次の通りです。
「真言宗智山派別格本山、出流山、千手院。本尊は十一面千手観音菩薩。
 寺伝によれば、天平神護元年(765)勝道によって開かれた寺であるという。勝道や日光山に連なる霊地として、徳川将軍家から厚く保護された。寛文五年(1665)7月に将軍家綱から出流村(現栃木市出流町)に五十石を安堵されている(『寛文朱印留』)。
 寛政七年(1795)の『寺院本末帳』には、本寺が山城国醍醐無量寿院、末寺四か寺、門徒三か寺と記されている。
 坂東三十三か所観音霊場第十七番札所。」


 こちらの寺院は坂東三十三観音霊場の札所であり、「出流観音(いずるかんのん)」の名で知られています。

 山門になります。
image

 山門を入ると左側には薬師堂がありました。
image

 参道を進みます。
image

 寺務所がありました。
image

 宿坊を兼ねているようですが、まだやっているのでしょうか?

 まだまだ進んでいきます。
image

 境内は山の中にあるといった感じです。

 やっと観音堂にたどり着けます。
image

 観音堂内ではご祈祷の行っておりました。

 御朱印は、参道途中の寺務所の納経所で頂けました。授与所も兼務しています。

 御守り(一体700円)や御札(一体1,000円)等の授与品はありました。





寺院名:出流山 千手院 満願寺
所在地:栃木県栃木市出流町288番地
宗 派:真言宗智山派
寺格等:旧別格本山
本 尊:千手観音
通 称:出流観音(いずるかんのん)
札所等:坂東三十三観音霊場 十七番札所
    下野三十三観音霊場 二十九番札所
    関東八十八ヶ所 特別霊場
御詠歌:古里を はるばるここに 立いいづる 我がゆく末は いづくなるらん

日光二荒山神社(栃木県日光市山内)5

image

 栃木県日光市山内の日光東照宮の隣に鎮座していました。

 最寄り駅は、東武日光線「東武日光駅」になります。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(國學院大学日本文化研究所編『神道辞典』による)。
「〈祭神〉二荒山大神(大己貴命、田心姫命、味耜高彦根命)
 〈指定文化財〉大太刀一口、小太刀一口(国宝)、金銅装神輿(三基)、御撰和歌集、大太刀二口、太刀一口、剣、下野国男体山頂出土品、温泉神社銅祠(重文)。本社本殿・拝殿・神輿舎・神橋、中宮祠本殿・拝殿をはじめ本社・別宮・末社の主要建造物の多くが重文。
 〈例祭日〉4月17日(弥生祭、4月13〜17日) 〈神事〉武射祭・蟇目式(ひきめしき)神事(1月4日)、開山祭(5月5日)、登拝祭(7月31日〜8月8日)、日光連山登拝祭(8月下旬)、仲秋登拝祭(9月21日)、閉山祭(10月25日)
 〈由緒〉関東平野北方に聳える二荒山(男体山)は神の鎮まる霊峰として太古より信仰されたが、天応二年(782)沙門勝道が初登頂の大願を果たし、山頂に小祠を祀ったのを頂上奥宮の起源とする。一説によれば『延喜式』には名神大社に列し、神階は正一位に進んだとされるが、『延喜式』に記載された二荒山神社は宇都宮二荒山神社とする説もある。
 日光市山内にあり、東照宮に隣接する本社のほか、中禅寺湖畔に中宮祠が、さらに男体山頂に奥宮が鎮座する、二荒山の名義については、弘仁七年勝道上人の開闢により男躰女躰の二神が現われた、すなわち二現(ふたあれ)からきたとする説。あるいは、観音浄土の補陀落浄土から転じたとするせつなどがある。
 十七世紀はじめ、幕府により、この古来の聖域の上に東照宮が創建されることとなり、この神社も幕府から地主神として厚遇を受けた。江戸時代まで神領は七十余郷という広大なものであったが、今も男体山はじめ女峯山、赤薙山、太郎山、大真名子山、小真名子山、前白根山、奥白根山のすべてが境内で3,400ヘクタールに及び、華厳滝やいろは坂もここに含まれる。日光市の氏神としての氏神としての崇敬も受けている。
 男体山山頂からは昭和三十四年の学術調査により古墳時代にはじまるおびただしい信仰遺物が出土しており重文に指定されている。
 〈旧社格〉国幣中社(明治六年)」


 東照宮側からくると神門がありました。
image

 境内の全景になります。
image

 当日は小雨が降っており、霧がかかりとても幻想的でした。

 拝殿です。
image

 神楽殿かと思われますが、中に大黒さまがいらっしゃいます。
image

 御朱印は、祈祷受付で頂けました。御朱印代は500円でした。
 御守りや御神札といった授与品はありました。





神社名:日光二荒山神社
鎮座地:栃木県日光市山内2307番地
祭 神:二荒山大神(大己貴命 田心姫命 味耜高彦根命)
社格等:延喜式内社 下野国一宮 旧国幣中社
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
メッセージ
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ