神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

紹介

全国東照宮めぐり(全国東照宮連合会)5

 平成二十七年4月17日、徳川家康が薨去して四百回忌となるため、全国東照宮連合会が「東照宮めぐり」を始めました。

 東照宮めぐり用にと連合会が作製したオリジナル御朱印帳も出来ました。
image

 しかし、汎用の御朱印帳の仕様になっており、東照宮以外にも御朱印帳は利用できます。
 この御朱印帳は、全国の東照宮で授与されているわけでなく、一部の東照宮でしか頂けないようです。群馬県太田市に鎮座する世良田東照宮では置いてありませんでした。私は前橋市に鎮座する前橋東照宮で頂きました。

 また、連合会オリジナル御朱印帳を一冊頂くと案内書も頂きました。
image

 中は、神社名と由緒が書かれており、参拝の参考になります。

 旅のお供に三ツ葉葵の御紋の入った御朱印帳て東照宮めぐりも乙なものです。
続きを読む

世良田東照宮 三ツ葉葵会(群馬県太田市世良田町)5

 私もいろいろな社寺を巡ってきました。印象深いところやあまり記憶に残っていないところもあります。

 この度、決心をし群馬県太田市に鎮座する世良田東照宮の文化財保存会「三ツ葉葵会」に入会いたしました。事実上の崇敬会にあたります。
 こちらが会員証になります。
image

 正会員は、年会費5,000円になります。特別会員は年会費10,000円になります。

 入会した際に1,300円で頒布されている世良田東照宮の由緒が書かれた立派な本を無料で頂きました。
image

 また、宝物館や本殿に参拝は300円の拝観料がかかりますが、無料になります。

 先日、全国東照宮連合会のオリジナル御朱印帳が手に入ったので、御朱印を頂きました。
image

 みなさんも崇敬できる神社を一つはお持ちください。

 社殿になります。
image

将来、社殿の銅板屋根瓦の葺き替えのため一口2,000円で奉納金を募っています→こちらの日記に書いてあります。





神社名:世良田東照宮
鎮座地:群馬県太田市世良田町3119‐1
主祭神:徳川家康公
配祀神:菅原道真公 倉稲魂命 須佐之男命 伊弉冉命 火産霊命 大穴牟遅命 誉田別命 建御名方神 豊城入彦神 外十柱
社格等:旧郷社

深川公園 旧永代寺跡(東京都江東区富岡)5

 成田山東京別院深川不動堂の西側には、「深川公園」がありました。
 
image

 写真の通り、いたって普通の公園である。大通りからはかなり入っているので、周辺に住む方々の憩いの場になっており、散歩をされる人や深川不動堂の参拝された後に休憩される人もいるようです。

 歴史的なものをみると、この場所は明治初年にあった神仏分離・廃仏毀釈まで旧永代寺の境内だった場所になります。
image

 この土地と深川不動堂を含む土地に旧永代寺があったわけで、深川不動堂は旧永代寺の境内に出開帳されていました。阿弥陀如来を本尊とし、御府内八十八ヶ所の札所であり、境内には江戸六地蔵の一つの地蔵菩薩があったようです。

 残念ながら旧永代寺は明治初年に廃寺、塔頭であった吉祥院が永代寺の名跡を継ぎ、深川不動堂の参道沿いに現在はあります。

御成門(東京都港区芝公園三丁目)5

image

 東京港区芝公園には、徳川家の菩提寺で浄土宗大本山になる「芝増上寺」があります。山門や本堂は大きく、さすが徳川家の帰依したお寺だと思います。
 江戸時代には将軍も参詣をしたそうで、特に将軍が出入りした門を「御成門」と称したそうです。

 「御成門」の最寄り駅は、都営三田線「御成門駅」になります。A1出口を出てすぐになります。


 御成門の所には、港区教育委員会が作成した案内板がありました。
image

「  御  成  門
 増上寺(徳川家の菩提寺)の裏門としてつくられたが、もっぱら将軍が参詣するさいに用いられたので、『御成門』と呼ばれるようになった。
 初め『御成門』は、現在の御成門交差点にあったが明治二十五年の東京市区改正計画で内幸町から増上寺三門を経て芝公園に至る道路が新設された際に、この位置に移築された。
 その後、増上寺三門や旧庫裡門・徳川家墓地の惣門・二天門とともに関東大震災や太平洋戦争の戦火から難をのがれて今日に及んでいる。

昭和四十八年三月
    
      東京都港区教育委員会

文化財を大切にしましょう。」


 この御成門の場所は、増上寺のそばにある東京プリンスホテルの敷地内?にあります。港区立みなと図書館の道路を挟んで反対側にあります。

 この御成門は、増上寺の所有なのか、東京プリンスホテルの所有なのか、もしくは東京都や港区なのかはわかりません。
どこなのだろうか?

 御成門の保存状態は、かなり悪いような気がします。修復しないのかな?残念です。

 特に拝観料が必要なく、柵越しに見ることができました。

 何でこんなところにひっそりあるのかがわかりませんが、国や都の重要文化財になっても良さそうな感じですが、どうやんでしょうか?

「真光山長安寺 御開帳&護摩祈祷」/「瑠璃光山光栄寺 初薬師&祈祷祈願」5

寺院名:真光山 永照院 長安寺
所在地:群馬県伊勢崎市西小保方町304‐1
宗 派:天台宗
本 尊:釈迦如来
札所等:北関東三十六不動尊霊場 七番札所
札所本尊:みかえり不動尊
御詠歌:かえりみて つみとがはらう 威音王 佐波路にたかき みすくいの寺


 こちらのお寺では、大晦日(12月31日)の午後11時40分から1月1日の午前1時30分頃まで「除夜祭」が開かれます。
 その際に威音王堂(護摩堂、不動堂)内に安置されており、秘仏になる「みかえり不動尊」の御開帳があります。室町時代より長安寺に伝わる不動明王だそうです。
 昨年の除夜祭の時に拝見をしましたが、鮮やかな色彩の不動明王でした。通常は前立本尊を拝めますが、秘仏の不動明王の方が強いパワーを感じました。こちらのお不動様は、北関東三十六不動尊霊場の札所本尊になります。
 なお節分会(2月3日)の12時から13時までも御開帳があります。

 また、除夜祭の御開帳の際には威音王堂で護摩を修していましすので、檀家以外でも希望する方は祈祷祈願が受けられます。
 願意は、厄除・方位除・商売繁昌・家内安全・交通安全等々をできると思われます。御祈祷料は、3,000円と5,000円になります。祈祷札の大きさが違います。
 御開帳の時以外にも常時祈祷祈願は行われており、また檀家以外でも受け付けているそうです。もし受けられる方は、事前にお寺にお問い合わせください。

 御朱印あり(不動明王と阿弥陀如来)。
image
続きを読む
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
メッセージ
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ