神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

授与品

世良田東照宮 八方除ご祈祷(群馬県太田市世良田町)5

image

 群馬県太田市の南西部、世良田山長楽寺の隣にある神社になります。

 最寄り駅は、東武伊勢崎線「世良田駅」になります。徒歩では15〜20分位かと思われます。

 駐車場は神門の左右にありました。自動車は10台位は停められそうです。
 また、新田荘歴史資料館の駐車場も利用できそうです。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「新田郡尾島町世良田町の旧郷社。徳川家康ほか十九柱を祀る。例祭は4月17日。
 寛永二十一年(1644)に天海僧正が徳川家光の命により、日光東照宮の古殿を始祖である義季の墳墓がある長楽寺境内に移築し創建した。
 拝殿は日本最古の東照宮建造物である。」

 また、東京堂出版刊「神社辞典」によると次の通りです。
「群馬県新田郡尾島町世良田。旧郷社。
 当地は江戸幕府の祖先・世良田徳川氏の発祥の地という。
 寛永二十一年(1644)三代将軍家光の命を受けた天海僧正が、徳川氏遠祖・義季の墳墓が存する当地長楽寺境内に日光東照宮の古殿を移し創建した。したがって歴代将軍の修復・寄進など重んずべきものがあった。
 本殿・拝殿・中門の建造物、社宝の太刀(銘了戒)、大鉄灯籠は重要文化財。
 例祭4月17日」


 私は、今年は八方塞の年にあたるので「方位除」の祈祷祈願を1月3日の大安の日にお願いしてきました。
 1月1日から1月5日までは、3,000円・5,000円・10,000円・20,000円の四種類のご祈祷料になります。
 私がお願いした5,000円のご祈祷の授与品は、次の通りです。
●祈祷木札(名前が入ります)
●東照宮金幣御守り
●撤饌(葵の御紋入りお菓子)
●健康箸(葵御紋入り)一膳
 祈祷木札に関しては、1月6日以降に行われるご祈祷よりは大きいもののようです。ちょっとだけ嬉しい感じです。

 通常のご祈祷料の場合の「5,000円」の授与品は次の通りです。
●祈祷木札(小、名前が入ります)
●願意に応じた御守り
●撤饌(葵の御紋入りお菓子)
●健康箸(葵御紋入り)一膳

 以前に参拝したときの日記に紹介してあります→こちら

 また、通常時の「10,000円のご祈祷」の授与品につきましては次の通りです。
●祈祷木札(大、名前が入ります)
●願意に応じた御守り
●撤饌(葵の御紋入りお菓子)
●健康箸(葵御紋入り)二膳
●御神酒

 神門になります。
image

 社殿は、江戸時代前期日光東照宮の奥社殿を移築したもので、東照宮としては最古の社殿になるそうです。
image

 国指定重要文化財になっています。
image

 その社殿内でご祈祷が厳(おごそ)かに執り行われました。

 三が日は、本殿に参拝できます。
image

image

(´人`)

 とても立派な本殿です。紅白の鏡餅がありました。

 宝物館は、お休みでした。
image

 残念ですが、仕方ありません。

 授与所には「伊勢神宮の御神札(初穂料:800円)」、「世良田東照宮や開運稲荷社の御神札(初穂料:700円)」、「日枝社の御神札(初穂料:1,000円)」、世良田東照宮の御守りのほか境内社の開運稲荷社や日枝社の御守りがありました。また御神籤(100円と200円)もありました。

 授与所で授与品を見ていたら「葵が御紋が入った御守り」があったので、一体頂きました。
image

 初穂料700円になります。何だかかっこよかったので頂きました。恐らくは諸願成就の御守りなのかなと思います。





神社名:世良田東照宮
鎮座地:群馬県太田市世良田町3119‐1
主祭神:徳川家康公
配祀神:菅原道真公 倉稲魂命 須佐之男命 伊弉冉命 火産霊命 大穴牟遅命 誉田別命 建御名方神 豊城入彦神 外十柱
社格等:旧郷社

桐生天満宮 御神札(群馬県桐生市天神町)5

image

 桐生市の中心部から少し北に行ったところに神社は鎮座していました。桐生市の中心部を南北に走る「本町通り」を来たに行くと鳥居が見えてきます。

 最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」、もしくは上毛電気鉄道「西桐生駅」になります。徒歩では数十分位はかかりそうです。
 東武桐生線「新桐生駅」からだと徒歩ではかなりかかります。

 駐車場は鳥居の左を入り、参道右側に停められます。


 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「桐生市天神町の旧県社。祭神は天穂日命・菅原道真。例祭は4月25日、10月25日。式年大祭には各町から出す動力で操る人形踊りがある。
 景行天皇の御代、上毛野君御諸別(かみつけぬのきみみもろわけの)王が当地の国造となり土師部に命じて磯部の岡に天穂日命を祀らせたという。国内神名帳に従四位磯部明神とある。
 桐生氏の藤原国綱が現在地に遷し、桐生家に縁ある北野天満宮を勧請・合祀し桐生天満宮と称した。
 桐生領内五四か村の鎮守となる。」

 また、東京堂出版刊「神社辞典」によると次の通りで。
「群馬県桐生市天神町。旧県社。天穂日命・菅原道真を祀る。
 観応年間に桐生家の崇敬によって、北野から同社に道真を配祀した。
 歴代徳川家の祈願所となる。」


 年が明けましたので、「初詣」に来ました。やはり、参拝者は多いです。

 こちらが鳥居になります。

image

 参道途中の二の鳥居になります。
image

 茅の輪がありましたので、作法通りくぐらせて頂きました。

 神門になります。
image

 神門前には、「撫で牛」がいらっしゃいました。
image

 なでなで😄

 社殿になります。
image

 通常は御守り・御神札・御朱印は参道途中の「宮司宅」にて頂けますが、参拝した日は、社殿手前の左側にある「授与所」は開いていました。
 今回は。桐生天満宮の御神札を頂きました。一体800円になります。
 その他に開運招福・厄除・交通安全・安産等の各種御守り(初穂料:750円)や各種御札(初穂料:1,500円〜)がありました。

 厄除、方位除、合格祈願、商売繁昌、開運招福、家内安全等の祈祷祈願は、受け付けているようです。ご希望の方は神社までお問い合わせください。




神社名:桐生天満宮
鎮座地:群馬県桐生市天神町一丁目2‐1
祭 神:天穂日命 菅原道真 祓戸四柱
社格等:旧県社

大間々貴船神社 初詣 御守り(群馬県みどり市塩原)5

image

 群馬県みどり市の旧大間々町の北部に神社は鎮座しています。

 最寄り駅は、わたらせ渓谷鉄道「神梅駅」になります。

 駐車場はありました。通常は、一の鳥居横にあります。自動車は十数台位は停められそうです。
 初詣の時期は臨時駐車場ができ、自動車は数百台位は停められそうです。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです。
「山田郡大間々町の町並みを過ぎて、足尾街道の対岸を渡良瀬川にそって登ると高津戸峡の峡尾にあたる古生層の断がいの上に貴船神社が鎮座している。
 その境内に立つと、渡良瀬の渓流が崖足をかみ、その前方の山間には民家が散在し、その奥に赤城山の雄姿を仰ぐことができ、展望がすばらしい風光明美な所にある。
 貴船神社の創立は明治三十六年十二月の火災で社記を焼失して不詳であるが、平安時代の天暦十年(956年)に、東国がひどい干ばつにおそわれ、草木枯死の悲惨な状態となった時に、山城国愛宕郡鞍馬村(現京都市左京区鞍馬貴船町)に鎮座する貴船神社の祭神が伊邪那岐命の御子で、闇龗大神とともに甘雨を降らし霖雨を止め、国土を永遠に湿潤にして草木の生育を助ける高龗大神であったので、その分霊を奉祀して、降雨と五穀豊穣を祈願したところ、それがかなえられたので、関東平野の最北端大間々扇状地の奥、渡良瀬川流域の山地に祭られ、現在地に建立されたのは江戸時代の寛文八年(1668年)といわれている。
 御祭神高龗大神の龗(おかみ)は龍神で、水を司る神であり常に雨を掌らせられ、国土を永遠に湿潤にして草木をたすけ、人々の生活を豊かにし、大山祇大神は山を掌らせられ、大穴牟遅大神は国土経営の功績が絶大で、国土を守護し、人々の病めるを治し、不幸を救う御霊徳の高い祭神である。ですから貴船神社はすべての人々に福徳与え、大神を崇敬し、その御神徳に浴すことは、やがて衣食住の安全、即ち生活の保証を得ることになり、開運福徳の守護神とし、農工業の神、商売繁盛の神、交通安全の守護神として篤く崇敬されている。御霊験の明らかなことは、祭日、平日とを問わず年々崇敬者、参詣者の増加していることが如実に物語っている。とくに初詣は県内外より多くの参詣者が見える。」


 毎年1月1日には、初詣に来る神社になります。
 今年も初詣に行ってきました。

 鳥居になります。
image

 石段を登っていきます。
image

 昇りきると社殿が鎮座していました。
image

 8時頃に行きましたが、それほど混んでいませんでした。

 今年は、交通安全の御守りを頂きました。一体800円でした。




神社名:大間々貴船神社
鎮座地:群馬県みどり市大間々町塩原785番地
祭 神:高龗大神 大山祇大神 大穴牟遅大神 外数神
社格等:旧無格社

成田山東京別院深川不動堂 無病息災御守り(東京都江東区富岡)5

image

 東京都江東区の門前仲町にある真言宗智山派に属するお寺になります。

 最寄り駅は、東京メトロ東西線・都営大江戸線「門前仲町駅」になります。徒歩では5分位かと思われます。


 こちらの寺院の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「【深川不動】
 東京都江東区富岡にある成田山東京別院深川不動堂の通称。
 元禄以来、出開帳を行ってきた千葉県の成田山新勝寺が明治二年(1869)ここに不動尊の分身を安置したことに始まる。
 交通安全、心願成就はじめ多くのご利益で人気が高い。」


 永代通り沿いに入口がありました。
image

 永代通りより北へ延びる参道を進むと、境内に入れます。
image

 途中に永代寺があります。東には富岡八幡宮、西には旧永代寺跡にある深川公園がありました。

 境内は、平日ですが参拝者は多かったです。不動信仰を偲ばせます。
 私の家は、真言宗智山派に属するお寺の檀家になっているので、同じ宗派だと親近感があります。

 旧本堂になります。
image

 江戸時代に旧永代寺の境内に成田山新勝寺の出開帳があり、明治時代の神仏分離で旧永代寺は廃寺。その後、出開帳があった地に創建されました。

 新本堂になります。
image

 改修工事中のようです。大手の建設会社の清水建設が請け負っていました。

 稲荷堂になります。
image

 稲荷堂といっても「倉稲魂命(宇迦之魂命)」が祀られついるわけでなく、「荼枳尼天(だきにてん)」が祀られています。

 授与所になります。
image

 こちらの向かいにも授与所がありました。
 授与所では、御守りや御札が頂けます。私は「無病息災」の御守りを一体頂きました。700円になります。「開運招福」や「病気平癒」、「厄除」等の御守りもありました。

 御朱印あり。

 由緒書きは、頂きたい旨を告げると頂けました。無料です。




寺院名:成田山 東京別院 深川不動堂
所在地:東京都江東区富岡一丁目17‐13
宗 派:真言宗智山派
本 尊:不動明王
通 称:深川不動尊 深川成田山
札所等:関東三十六不動尊霊場 二十番札所
御詠歌:ありがたや 成田御山に参る身は 護摩の煙に 会うぞ嬉しき

桐生西宮神社 恵比寿講(群馬県桐生市)5

image

 群馬県桐生市の中心部から北西へ少し行ったところにありました。

 最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」、上毛電気鉄道「西桐生駅」になります。

 神社専用駐車場は見当たりませんでした。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(案内板より)。
「桐生西宮神社は延喜式内上野十二社の一社美和神社の御祭神が大国主命である関係から明治三十四年十月摂津西宮神社の御分霊をいただき商業、工業、農業、交通、海運、漁業等に、霊験あらたかな蛭子大神(恵比寿様)を桐生ヶ岡公園におまつりした神社です。
 此の西宮神社を関東一社と申します理由は蛭子大神を御祭神とする神社は桐生だけで各地の恵比寿様は国土開発等に御神徳のある大国主命又事代主命をお祀りした神社であり御祭神の相違から区別されて関東一社と称せられて居ります。
 11月19日、20日の例大祭近郷近在は申すまでもなく栃木、埼玉等隣接各県から参拝者は数十万を数え桐生全市に恵比寿講の雰囲気が溢れまれに見る賑やかな大祭典となります。」


 こちらの西宮神社は、上野国延喜式内社「美和神社」の境内に勧請されました。
 神職の方は常駐しておらず、桐生市内に鎮座している「桐生天満宮(祭神:菅原道真公・天穂日命、社格等:旧県社)」の宮司さんが兼務しています。

 11月19日に参拝してきました。例大祭(恵比寿講)の日になります。
 山手通りには歩行者天国になり、露店が出てました。雨なのに人手が多いです。
image

image

 兵庫県の西宮神社からの勧請ということになり、直系の神社だそうです。
image

 雨でしたが、社殿前は参拝者では列を作ってます。
image

 御神札(初穂料1,000円)、福御守(初穂料500円)、たね銭(初穂料50円)を頂いてきました。





神社名:桐生西宮神社
鎮座地:群馬県桐生市宮本町二丁目1‐1
祭 神:蛭子大神 天照大御神 大国主大神 須佐之男大神
社格等:延喜式内「美和神社」の境内社
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ