神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

七福神

神楽坂毘沙門天 善國寺(東京都新宿区神楽坂)5

KIMG2718

 東京都新宿区の神楽坂沿いに寺院はありました。

 最寄り駅は、JR「飯田橋駅(西口)」、東京メトロ有楽町線・南北線
「飯田橋駅(B3出口)」、東京メトロ東西線「神楽坂駅(A1出口)」、都営大江戸線「牛込神楽坂駅(A3出口)」になります。それぞれの駅から徒歩で5〜6分位かと思われる。

 駐車場は見当たりませんでした。自動車で行かれる方は近くの有料駐車場をご利用下さい。


 こちらの寺院の由緒は、次の通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「東京都新宿区神楽坂五丁目にある日蓮宗の寺院で、神楽坂の毘沙門として知られる。
 文禄四年(1595)に、千代田区麹町に創建されて、寛政四年(1792)に、現在地に移転された。
 本尊の毘沙門天は、加藤清正の守り仏と伝えられ、『遊歴雑記』には『御府内七福神方角詣』の第一に上げられ、今日では山の手七福神の一所に数えられる。」

 また、雄山閣出版刊「日本名刹大事典」によると次の通りです。
「通称神楽坂の毘沙門天。日蓮宗、旧池上本門寺末寺、鎮護山。本尊は大曼荼羅。
 開創は文禄四年(1595)。開山は仏乗院日惺(池上本門寺十二世、慶長三年7月10日没)、開基檀越は徳川家康。家康は江戸入府に際し、日惺に鎮護国家の祈願所建立の用地として江戸麹町六丁目谷より七丁目谷まで与え、ここに当寺を建立させた。のち、寛政四年(1792)の焼失後現在地に移る。
 安置の毘沙門天像は桃山期の作といわれ、区の文化財に指定されている。また江戸後期から神楽坂の毘沙門さまとして流行仏となる。
 戦災で焼失したため、史料はほとんど伝存しない。」


 入り口になります。
KIMG2685
 毘沙門天の石標です。
KIMG2687
 本堂になります。
KIMG2688
 本堂内ではご祈祷をされている方がいらっしゃいました。

 御朱印は、境内の右側にある寺務所兼授与所で頂けます。御朱印代は300円です。

 御守りや御札といった授与品はありました。
 その中で新宿山手七福神巡り用の七福神の御尊像が一体400円で授与してました。宝船は一体1,000円です。





寺院名:鎮護山 善國寺
所在地:東京都新宿区神楽坂5‐36
宗 派:日蓮宗
本 尊:宗定本尊
通 称:神楽坂毘沙門天
札所等:新宿山ノ手七福神 毘沙門天
御詠歌:賑やかな 神楽坂なる 毘沙門天 功名ながく 守るみ誓い

行田八幡神社の境内社「大国主神社」(埼玉県行田市行田)5

image

埼玉県行田市に鎮座する「行田八幡神社」に参拝してきました。

最寄り駅は、秩父鉄道「行田市駅」になります。

駐車場は、参集殿の前と第二駐車場が利用できます。


こちらの神社の由緒は、次の通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』より)。
「埼玉県行田市行田に鎮座。祭神は品陀別命・息長足姫命・大物主命・素盞嗚尊・市杵島姫命ほか二柱。
 虫封じの信仰がある。
 例祭は9月15日。
 源頼義・義家親子が奥州征討にあたり、戦勝祈願として八幡神社を勧請したと伝える。天文年間(1532〜1555)に佐間村田中から行事に遷された。忍城主成田下総守氏長の崇敬により城下の総鎮守となる。」


こちらが鳥居になります。
image

社号標になります。
image

右側には手水舎がありました。
image

手と口を漱いで参拝です。

こちらが社殿になります。
image

(´人`)

癌封じや病気平癒等のご祈祷で知られています。
参拝したときもご祈祷をやってました。

社号額になります。
image

社殿の前には、「撫で桃」がありました。
image

image

境内社が複数鎮座していました。

こちらが大国主神社と恵比寿神社になります。
image

image

忍城下七福神の札所になっています。

今回は、こちらの境内社の御朱印を頂きました。
御朱印代は300円です。

授与品は、多くありました。
image

image

image

癌封じや目の病気にご利益がある御守りがありました。
また、御神札が800円でありました。




神社名:行田八幡神社
鎮座地:埼玉県行田市行田16‐23
祭 神:誉田別尊 気長足姫尊 比売大神 大物主神 神素盞鳴尊
通 称:西向き八幡  封じの宮
札所等:忍城下七福神 大黒天

十番稲荷神社 七福神(東京都港区)5

image

東京都港区に鎮座する「十番稲荷神社」に参拝してきました。
最寄り駅は、都営大江戸線・東京メトロ南北線「麻布十番駅」になります。
麻布十番駅7番出口を出て、右側に神社はありました。

その際に頂いてきた「七福神」の絵が描かれた御札?を頂いてきました。
とても縁起がよさそうです。
授与所には出ておらず、神職の方に聞いて、出していただきました。
初穂料は、300円です。

この後、宝くじを買ってしまいました。
当たるといいですが・・・




神社データ
神社名:十番稲荷神社
鎮座地:東京都港区麻布十番一丁目4‐6
祭 神:倉稲魂命 日本武尊 市杵島姫命 田心姫命 湍津姫命
旧社格:式内社
札所等:港七福神 宝船

新宿山ノ手七福神(東京都新宿区)5

東京都内には多くの七福神の札所があります。

その中で今回ブログに書くのは「新宿山ノ手七福神」になります。

七福神の信仰の起源は、この新宿山ノ手七福神のホームページによると
「室町時代中期『仁王般若経・下巻』にある『七難即滅・七福即生』という言葉に源を発し、『幸福を招く信仰』として、広く庶民の間に広がったのであります。」
とのことになります。

この新宿山ノ手七福神は、昭和の時代に開創になったもので、太宗寺や善国寺といった比較的有名な寺院があります。
2〜3時間位で巡拝できそうです。

御朱印は、通年の対応になり、専用の色紙があります。
御朱印代は、300円になります。

また、七福神の御神像の授与品があり、宝船が一体1,000円になり、御神像は一体300円になります。

なお、御開帳は各社寺によって異なります。
また、通年で不開帳もありますので、お気をつけ下さい。続きを読む

つつじの館林七福神(群馬県館林市・板倉町)5

331f3192.jpg

日本には、「七福神」を祀る社寺を巡拝する風習がある。

都七福神
大阪七福神
なごや七福神
浅草名所七福神
古江戸川越七福神
鎌倉江ノ島七福神

挙げればきりがありません。

その中で今回ブログに書くのは、群馬県館林市と板倉町の七福神を祀る社寺を巡る「つつじの館林七福神」です。

毎年1月3日より1月31日迄、専用の色紙に御朱印が頂けます。
墨書き無しで押印のみです。
値段は、
「色紙代  600円」
「御朱印代 200円」
になります。
合計で2,000円になります。

全て押印されている色紙は、2,300円になります。

「館林長良神社」か「分福茶釜の茂林寺」のどちらかからスタートした方が良いかもしれません。

各社寺は、駅から遠い所もありますので、自動車で巡拝された方が良いかもしれません。
各社寺には、駐車場がありました。

自動車で七ヶ所を巡拝すると、約二時間半位です。

専用の色紙に押印の他、「朱印札」なる「事前に半紙に書いた御朱印」があります。
御朱印代は、300円だそうです。

ご自身で持参した御朱印帳に直接御朱印を頂けるかわかりません。
各社寺で交渉してみてください。
しかし、七ヶ所全てで七福神の御朱印を頂くのは、不可能かと思われます。

通常の本尊・神社の御朱印はありました。
御朱印帳に直接書いてくれたり、印刷の御朱印だったりします。
御朱印代は、300円でした。

御守りや御札といった授与品は、ある所と無い所がありました。

全ての社寺で由緒書きはありました。

私は、1月3日の9時から館林長良神社から始めましたが、一番乗りでした。
茂林寺から巡拝を開始する方もいらっしゃるので、途中から巡拝者が多くなってきました。続きを読む
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣しており、社寺参詣道代表師範です。 管理部に所属する会社員。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士(ファイナンシャルプランナー)、日商簿記検定2級、秘書検定2級、全経電卓検定3級、神社検定参級、安全衛生推進者
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
J-CASTニュース
livedoor 天気
  • ライブドアブログ