神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

史跡

萬松山泉岳寺 赤穂浪士の墓所(東京都港区高輪)5

image

 東京都港区高輪にある寺院です。

 最寄り駅は、都営浅草線「泉岳寺駅」になります。A2出口を出て、徒歩で1分位かと思われます。


 こちらの寺院の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「東京高輪にある曹洞宗の寺院。万松山。本尊は釈迦牟尼仏。
 江戸初期に徳川氏により創建され、同宗江戸三か寺の一つとして宗政を担った。
 浅野家の菩提寺であったため、赤穂浪士の墓所となり今でも参詣者が絶えない。」

 また、東京堂出版刊「古寺名刹辞典」によると次の通りです。
「東京都港区高輪2‐11‐1。万松山と号す。
 もと関府六ヶ寺、曹洞宗江戸三ヶ寺の一つに数えられ、赤穂浪士の墓があるので東京の名所の一つになっている。
 慶長十七年(1612)に徳川家康が、今川義元の菩提のため門庵宗関を開山として、そと桜田に建てた寺がその後火災にあい、寛永十九年(1642)現在値に移った。かつて福島二本松の城主丹羽家からの布施で、泉岳寺学寮がもうけられ、200人もの学僧の研修の場であった。
 年中行事として、義士法要(2月4日)、義士祭典と宝物展観(4月1日空15日)、および義士祭(12月14日)がある。」


 中門になります。
image

 参道にはお土産屋さんがありました。
image

 こちらが有名な門です。
image

 大石内蔵助の銅像がありました。
image

 中に入ると本堂がありました。
image

 手前が香炉になります。お線香の良い香りがします。

 忠臣蔵で有名な浅野内匠頭と赤穂浪士の墓所で知られています。
image

image

 墓参ができ、墓参りへ向かう途中に小屋があり、そこでお線香を頂き、赤穂浪士のお墓にお線香をお供えします。
 

 御朱印は、御朱印受付で頂けました。御朱印代はお気持ちになります。

 御守りやお札といった授与品はありました。「勝守」がありましたが、頂いてくれば良かったなぁと思いました。






寺院名:萬松山 泉岳寺
所在地:東京都港区高輪二丁目11‐1
宗 派:曹洞宗
寺格等:江戸三ヶ寺
本 尊:釈迦如来

佛日山東禅寺 イギリス公使館跡(東京都港区高輪)5

image

 東京都港区高輪にお寺はありました。

 最寄り駅は、都営浅草線「泉岳寺駅」、JR山手線「品川駅」になります。両駅から徒歩圏内です。

 お寺専用の駐車場は見当たりませんでした。自動車で行く方は、周辺の有料駐車場をご利用ください。


 こちらの寺院の由緒は、次の通りです(吉川弘文館刊『日本仏教史辞典』による)。
「東京都港区高輪にある寺院。臨済宗妙心寺派に属する。山号は仏日山。開基は伊東祐慶。開山は嶺南崇六(大天法鑑禅師、竜泉派)。江戸妙心寺派触寺(海禅・東禅・松源)三ヵ寺の一つ(元文年間(1736〜1741)までは麟祥院を含む四ヵ寺)。
 日向国飫肥(おび)出身の嶺南は、慶長十五年(1636)に日向飫肥城主の伊東祐慶の帰依を受け、江戸麻布桜田の邸宅を寺基として開堂したが、寛永十三年(1636)に現在地に移転。山内には興聖・松寿・宗法・心源などの諸院があり、また伊東氏はじめ諸藩の香火所となり、殿堂きわめて荘厳であった。幕末には外国人宿所に充てられたことから、英国公使が水戸浪士の襲撃を受けること(東禅寺事件)もあったが、明治以降は檀越の外護も失い、また火災などで諸堂が焼失して旧観を失った。」

 また、小学館刊「佛教大事典」によると次の通りです。
「臨済宗建妙心寺派。東京都港区高輪。山号は仏日山。本尊は釈迦如来。
 1610年(慶長十五)伊東祐慶(すけのり、日向飫肥)を開基、嶺南崇六(れいなんすうろく)を開山として、赤坂溜池辺りに創建。36年(寛永十三)現在地に移る。幕末には英国公使館が置かれ、1861年(文久一)水戸浪士の東禅寺事件が起こったことで著名。」


 「高野山東京別院」のそばにお寺はありました。
 
 山門にになります。
image

 参道を進みます。
image

 鬱蒼とした木々の中に三重塔や本堂がありました。
image

 境内には躑躅(つつじ)が咲いており、とても綺麗でした。
image

 江戸時代末期にイギリス公使館が置かれたそうで、国指定史跡と都指定旧跡となっています。
image

 鐘楼堂になります。
image

 江戸時代の大名もこちらのお寺を菩提寺にしている藩もあるそうです。忠臣蔵の中で浅野内匠頭の切腹した屋敷の主の田村右京太夫もこちらの寺院に葬られています。

 御朱印は、本堂の右側にある庫裡で頂けました。御朱印代は300円でした。




寺院名:佛日山 東禅寺
所在地:東京都港区高輪三丁目16‐16
宗 派:臨済宗妙心寺派
寺格等:別格本山
本 尊:釈迦如来

深川公園 旧永代寺跡(東京都江東区富岡)5

 成田山東京別院深川不動堂の西側には、「深川公園」がありました。
 
image

 写真の通り、いたって普通の公園である。大通りからはかなり入っているので、周辺に住む方々の憩いの場になっており、散歩をされる人や深川不動堂の参拝された後に休憩される人もいるようです。

 歴史的なものをみると、この場所は明治初年にあった神仏分離・廃仏毀釈まで旧永代寺の境内だった場所になります。
image

 この土地と深川不動堂を含む土地に旧永代寺があったわけで、深川不動堂は旧永代寺の境内に出開帳されていました。阿弥陀如来を本尊とし、御府内八十八ヶ所の札所であり、境内には江戸六地蔵の一つの地蔵菩薩があったようです。

 残念ながら旧永代寺は明治初年に廃寺、塔頭であった吉祥院が永代寺の名跡を継ぎ、深川不動堂の参道沿いに現在はあります。

御成門(東京都港区芝公園三丁目)5

image

 東京港区芝公園には、徳川家の菩提寺で浄土宗大本山になる「芝増上寺」があります。山門や本堂は大きく、さすが徳川家の帰依したお寺だと思います。
 江戸時代には将軍も参詣をしたそうで、特に将軍が出入りした門を「御成門」と称したそうです。

 「御成門」の最寄り駅は、都営三田線「御成門駅」になります。A1出口を出てすぐになります。


 御成門の所には、港区教育委員会が作成した案内板がありました。
image

「  御  成  門
 増上寺(徳川家の菩提寺)の裏門としてつくられたが、もっぱら将軍が参詣するさいに用いられたので、『御成門』と呼ばれるようになった。
 初め『御成門』は、現在の御成門交差点にあったが明治二十五年の東京市区改正計画で内幸町から増上寺三門を経て芝公園に至る道路が新設された際に、この位置に移築された。
 その後、増上寺三門や旧庫裡門・徳川家墓地の惣門・二天門とともに関東大震災や太平洋戦争の戦火から難をのがれて今日に及んでいる。

昭和四十八年三月
    
      東京都港区教育委員会

文化財を大切にしましょう。」


 この御成門の場所は、増上寺のそばにある東京プリンスホテルの敷地内?にあります。港区立みなと図書館の道路を挟んで反対側にあります。

 この御成門は、増上寺の所有なのか、東京プリンスホテルの所有なのか、もしくは東京都や港区なのかはわかりません。
どこなのだろうか?

 御成門の保存状態は、かなり悪いような気がします。修復しないのかな?残念です。

 特に拝観料が必要なく、柵越しに見ることができました。

 何でこんなところにひっそりあるのかがわかりませんが、国や都の重要文化財になっても良さそうな感じですが、どうやんでしょうか?

田島弥平旧宅(群馬県伊勢崎市境島村)5

 群馬県伊勢崎市にある「田島弥平旧宅」になります。
image

 国指定史跡になっております。

 江戸時代後期から明治時代に生きた「田島弥平」の旧宅になります。
image

image

 まだ、子孫の方がお住まいのようです。拝観するときは、お静かにお願いします。

 駐車場は、少し北にある利根川沿いにある無料駐車場が利用できます。

 少し南に行くと「道の駅おかべ」がありますので、休憩できます。
image

 食事やお買い物もできます。道の駅スタンプもありました。
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
いろいろツイートしてます。
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
J-CASTニュース
livedoor 天気
  • ライブドアブログ