KIMG3594
 群馬県伊勢崎市の北西部、前橋市に近いところにお寺はありました。

 お寺専用の駐車場はありました。


 山門に掲げられた案内板によると、こちらの寺院の由緒は、次の通りです。
「上州石山観音 沿革
 嵯峨天皇代、弘法大師がこの地を巡錫(説法ながら各地を巡る)した折に聖観音像を一夜で厳頭に刻し二十一日間この石上で修法さる。(聖観音は三十三体観音の本尊、地獄道に堕ちた者を救う)
 その後、妙恵比丘がこの地に庵を造りお産、病苦、畜馬、畜牛に霊験を給わる。
 神鳳抄によれば平安朝代石山の荘園として領有三十町歩に及び、奈良時代延喜式による御牧等設けられると記さる。
 当山は北関東随一の馬頭観音で一名師子無畏観音とも云い、頭上に馬の頭を戴き畜生道に堕ちた者を救う。馬頭観音を心中で想い、口で念ずると四十里以内に不魔諸々の鬼神がいなくなり罪障消滅、多くの福を得ると云う。

鐘楼堂
 元亀年間、赤堀城城主秀綱が主家の追福と乗馬の安泰を祈念して寄進さる。

大鰐口(金鼓)
 参詣者が鰐口を鳴らして下をくぐれば人馬の障りを除き、馬が戦場でも大砲や爆音にも驚かず流弾が当たらず運送にも事故がないと云う。直径一丈近く天明年間死者の鎮魂供養として近郊信者の寄進による。

仁王像(金剛力士)
 五百の夜叉神(天夜叉、地夜叉、虚空夜叉)を使役し千の仏の法を護る金剛神なり。阿吽の二体の守護神なり。阿像は密跡金剛で智慧福徳を具う、吽像は那羅延金剛で力量は虚像の七倍の力あり理性と福徳を具う。当山の彫刻者は雲慶作(運慶の略号とも云う)鎌倉時代の作とも。

金毘羅宮
 お堂の西にあり仏教では薬師十二神将の一体で宮比羅大将と云い『鰐(ワニ)』を祭主、金毘羅大権現と云う海上では船旅の守護神、陸では良運の神なり。
 この境内は以前『昼尚暗(ひるなおくら)き』と云われ杉松の茂った期に国定忠治が仲人となり大前田一家と九宮一家の手打式は有名で、人は縁結びの観音と呼ぶ。

石の大鳥居
 入り口にあり天の像で天門と云う。天照大神が石窟にお籠りになられた時八百万神(やおよろずのかみ)が出御を祈り、木を石戸の前に建て鳥を止まらせて鳴かせた。この木が鳥居の始まりなり。当山の鳥居は本地垂迹の説(神仏混合)による。

塁岩と出羽三山
 堂の裏の岩は赤城の火山岩で、昔地殻変動により岩盤隆起と長い年月雨水の為この岩が露出さる。

帝釈天
 ヒンズーの神の中で最高と云う人類を護る堂の鬼門除けに羽黒山、湯殿山、月山を祭る。
堂の南側の八海山大神は東西南北とその四隅を祭る縁起のよい神と云う。

百体庚申塔(豊作の神)
 猿田彦神の化生。道教の教えによれば人間の体内にいる虫(三尸蟲・さんしちゅう)が庚申の日の夜、その人の悪事を天帝に密告すると云う。よって密告されないように夜を明かして庚申様を祭った。仏家では帝釈天と青面金剛(堂内にある)とを祭った。

水子地蔵(水子霊を救い代受苦の菩薩)

蒋総統の顕彰碑
 第二次世界大戦後、日本が4つに分断されるのを防ぎ国民に安心感を与えた名将なり。生国の中国に向け建立す。 」


 こちらの寺院は、石山霊園の隣にあるといった感じです。実質「石山霊園管理事務所」が維持管理しています。
 
 道路沿いです。
KIMG3593
 鳥居がありました。
KIMG3591
 山門になります。
KIMG3579
 由緒が書かれた案内板。
KIMG3584
 鰐口
KIMG3580
 鐘楼堂
KIMG3582
 鐘楼がない・・・

 観音堂には「馬頭観音」が祀られていました。
KIMG3578
 上州三十三観音霊場十二番札所になります。

 御朱印は、石山霊園管理事務所で頂けます。御朱印代は300円です。
 霊園管理事務所までは写真を左へ行くと山門がありますが、右へ行くと管理事務所があります。
KIMG3590
 右の道を進んでいくと霊園の管理事務所があります。
KIMG3588
 1月18日は、祈祷祈願が行われるそうです。
KIMG3577
 家内安全や交通安全の祈祷祈願が受けられます。祈祷料は3,000円です。




寺院名:観音山 北野院 万徳寺
所在地:群馬県伊勢崎市下触町4番地
宗 派:真言宗豊山派
本 尊:馬頭観音
通 称:石山観音
札所等:上州三十三観音霊場 十二番札所
御詠歌:玉とむすび 蓮葉におきたる 露の一雫 ながきは人の願いにて 短きものは命なり