image


群馬県渋川市にある
五徳山 無量寿院 水澤寺に参拝してきました。
image

天台宗に属するお寺になります。

渋川市の中でも伊香保温泉に近いところにお寺はありました。

駐車場は、お寺の北側にありました。
自動車は、100台以上は停められそうです。

JR高崎駅より群馬バス「伊香保温泉行」乗車して、「水澤観音前」下車してすぐです。


こちらのお寺の由緒は、次の通りです(由緒書きより)。
「坂東三十三札所中第十六番水沢観世音は 千三百有余年の昔、推古天皇、持統天皇の勅願により 高麗の高僧恵灌僧上の開基にして 国司高光中将公の開基である。五徳山水沢寺の名称は 推古天皇の御宸筆の額名に因るものであり 坂東第十三番浅草観世音及十八番日光中禅寺観世音と比肩すべき名刹である。御本尊は国司高野辺家成公の三女 伊香保姫の御持仏 十一面千手観世音菩薩であり 霊験あらたかなること、特に七難即滅七福即生の御利益顕著である。
御詠歌に たのみくる 心も清き 水沢の
深き願を 得るぞうれしき
当時は御堂の数三十余宇、御仏の数一千二百体にも及びましたが、再三の災火のため現在の建物は大永年間に仮堂を造立し、元禄年間より宝暦天明年間に至る三十三ヶ年の大改築に依るものである。東京へ三十六里、日光へ三十六里、善光寺へ三十六里という枢要なる霊場である此の地は 歴代天皇の勅願寺として伝わり 上野の国司の菩提所であったことも史跡に残り 近く徳川時代迄は村の入口には大制札があって、一、弓は袋をかけて通れ、一、鉄砲は火縄を消して通れ、一、馬は引き手綱をつけて通れ、と御朱印地の権威は中々のものであった。」


坂東三十三観音霊場の札所になるお寺になります。

こちらが山門になります。
image

仁王像が配されているので「仁王門」と言った方が良いかもしれません。
image

image

風神雷神像も配されています。
image

image

江戸時代に作られたもので、渋川市指定重要文化財になっています。

石段を上がっています。
image

疲れます。

正面には、観音堂がありました。
image

坂東三十三観音霊場と新上州三十三観音霊場の札所である「千手観音」が祀られています。
江戸時代の建築になり、渋川市指定重要文化財になっています。

観音堂の向拝です。
image

なかなか立派です。

こちらが六角堂になります。
image

image

大日如来と六地蔵が祀られています。
群馬県指定重要文化財になっています。
こちらの六角堂は、関東百八地蔵尊霊場の札所本尊であります。
開運六地蔵だそうです。何か良いことがないかな😃
image

飯縄大権現の御堂になります。
image

登るのが怖いです😱

こちらが大師堂になります。
image

てっきり伝教大師か元三大師かと思いましたが、弘法大師が祀られています。

豊家一神です。
image

image

龍王弁財天です。
image

image

清昌稲荷大神です。
image

こちらのお寺の鎮守社になるでしょう。
稲荷堂でしょう。

こちらが鐘楼堂です。
image

こちらが納札堂です。
image

image

不動明王が祀られています。
こちらで、祈祷祈願した御札を納めるようです。

御神籤の自動販売機がありました。
image

獅子舞が舞って、楽しませてくれます。
200円で引けます。

御朱印は、観音堂の向かいにある納経所兼授与所で頂けました。
image

御御影も頂きました。
image

一体100円です。




寺院名:五徳山 無量寿院 水澤寺
住 所:群馬県渋川市伊香保町水沢214番地
宗 派:天台宗
本 尊:千手観世音菩薩
通 称:水澤観音
札所等:坂東三十三観音霊場 十六番札所
    上州三十三観音霊場 別格霊場
    関東百八地蔵尊霊場 三十三番札所
御詠歌:たのみくる 心も清き水沢の 深き願いをうるぞうれしき