5cd70c1a.jpg

群馬県前橋市にある「三夜沢赤城神社」に参拝してきました。
旧県社になります。

群馬県前橋市の北部、旧宮城村に神社は鎮座していました。

以前の参拝日記⇒三夜沢赤城神社(群馬県前橋市)


こちらの神社の由緒は、次の通りです(境内の案内板より)。
「赤城神社は東国開拓の神々が祀られている古来の名社である。
東国経営にあたった上毛野君の創祀以来 国司 武将が篤く崇敬し朝廷からも承和六年(839年)に従五位下を賜られ 元慶四年(880年)に従四位上にあげられ 延喜式には名神大社に列せられた 長元九年(1028年)頃には正一位に叙せられ 次いで 上野国の二宮とうやまれていた赤城山は高く 美しく うしろに山々をひかえて 雄然と聳えている
山頂の小沼から出る粕川を始め各河川は麓の村々をひろくうるほしている その尊厳と恩恵とはみ山とよはれ親しまれ尊はれ上毛野君の昔から祀りつかれて来た分社は群馬県下のみで七十八社その他を併せると三百余社に及ぶ 昭和十九年(1944年)には国幣中社に昇格の内定があったが 終戦後は国土建設 開拓精神発揚のため 神威益々顕著である」


こちらの神社は、赤城山をご神体とする「山岳信仰」の神社になります。
赤城山は、上毛三山の一山になります。

鳥居になります。
0d3f0ada.jpg

二の鳥居だそうです。
木造の鳥居のようですね。

社号標になります。
01dff520.jpg

境内に入ると、右側には手水舎がありました。
a97f5c6d.jpg

御神池に手水舎はあります。
4f043b00.jpg

手と口を漱いで参拝です。

境内には、サワラの木がありました。
8c3bf537.jpg

b4c13302.jpg

結構大きな木です。

参道を進みます。
747267f0.jpg

右側には、神代文字が書かれた碑がありました。
2b25c30b.jpg

こちらが案内板になります。
14d86373.jpg

参道の左側には、鎌倉幕府三代将軍源実朝が詠んだ歌碑がありました。
3278a89b.jpg

「上野の勢多の赤城のからやしろ やまとにいかであとをたれけむ」と詠まれています。

こちらが狛犬になります。
74d9c129.jpg

d3aed9c5.jpg

結構いかつい顔をしています。

先に進んでいきます。
f5515041.jpg

こちらが社殿になります。
0cc147d7.jpg

「神明造」になります。
「赤城神・大己貴命・豊城入彦命」の三柱が祀られています。

(´人`)

ここまでくると、何だか森の中に来たようです。
拝殿の後ろには、「たわら杉」がありました。
04b721a2.jpg

百足退治で有名な藤原秀郷が奉納したそうです。
かなり太い木なのでとても立派でした。

その後ろには中門があります。
fca1695d.jpg

中門の後ろには本殿がありました。
fd783bed.jpg

群馬県指定重要文化財になります。

なかなか荘厳が感じがします。

境内の左側には、神楽殿がありました。
bbd73d13.jpg

どんな神楽が舞われるのでしょうか?
見てみたいものです。

社殿の後方は、森といった感じです。
6c204898.jpg

3da4d255.jpg

やはり赤城神社の中腹にあるだけあります。
8ca3111d.jpg

その中には、境内社が鎮座していました。
1fffecdb.jpg

6af2b75e.jpg

由緒書きを見ると、関八州一宮と上野國式内社が境内社として鎮座しているようです。


御守りや御札といった授与品はありました。
5819bfe4.jpg

d0391fee.jpg

655269fa.jpg

神宮大麻800円、赤城神社御神札600円、開運・厄除け・方位除け・身体健康・病気平癒・社運隆昌・家運隆昌・恋愛成就・災難消除等々の御神札(紙札)が各一体初穂料600円でありました。

私は、今回は御神札を頂いてきました。
御朱印を頂いておりますが、御神札は頂いていなかったので、今回は頂きました。
社務所は不在の事が多いので、とても残念です。
御祈祷をお願いしたい方もいらっしゃると思いますので、常駐して欲しいです。




神社データ
神社名:三夜沢赤城神社
鎮座地:群馬県前橋市三夜沢町114番地
祭 神:赤城神 大己貴命 豊城入彦命
社格等:延喜式内社 旧県社 上野国二宮