f4a85919.jpg

群馬県前橋市にある「成菩提山極樂寺」に参拝してきました。
天台宗に属するお寺になります。

前橋市の南部、高崎市に近い所にお寺はありました。

これといった最寄り駅はありません。
できれば、自動車で行かれた方が良いかもしれません。

駐車場は、お寺の入口の前と墓地の前にありました。


由緒
「成菩提山光明院極樂寺は、天台宗総本山延暦寺に属する。貞観六年1月14日(864)慈覚大師の開基とされ、寿永元年(1182)心猷上人の代に至って、源頼朝公が常盤御前菩提のために当院を建立し、その後、建久四年10月11日(1193)に頼朝公所持の阿弥陀如来像(行基作)を下賜されて、常盤御前の廟を修営し、一碑を建立し寺家領を附して、常盤御前の冥福を永く祈願せしめられたという。当山を古くは常盤山と号したとも伝えられている。往時の人は常盤御前の霊を崇めて、常盤御前の碑に接し環濠を周して、常盤弁財天堂を建立し尊崇されて来立ったが、明治の末に取り壊されたと云う。
(中略)
徳川時代には三代将軍家光公より天下御祈祷の寺として、朱印三十五石を受けて、江戸時代末期に及んだ。慶安二年(1649)の朱印状を初めとして八通現存する。
当時は縦横に環濠を周らせて境内地一町余を有し、客殿(本堂)、万日堂(念仏堂)、薬師堂、山王宮、弁財天堂、鐘楼堂、門三ヶ所、庫裡、下庫裡の諸堂宇が建ち、塔頭には来迎坊、安養坊、多門坊、住持坊、地蔵坊の五坊を有し、力丸には法楽寺、矢嶋には西福院、龍門には常蔵院、阿内宿には円明院等の門徒一寺三院を有し甚だ規模広大な寺格であったのである。
明治に至って政令による廃仏毀釈が行われるに及んで、無住になった時もあり往時の建物は荒廃し、寺の什物等も多く散逸したようであるが、次第に先徳と檀徒の有識者によって護持されて来た。
終戦後更に多くの寺有財産が解放されたが幸い檀徒の篤い信仰心によって支えられ現在に至っている。」


源義経の母「常盤御前」の菩提を弔うために創建されたお寺になります。

入口になります。
4ce9a03c.jpg

門前には水濠がめぐらされています。
a0659329.jpg

桜の木もありましたが、散ってしまっています。

両脇には、お地蔵様?がいらっしゃいます。
e8d051a8.jpg

a8c91202.jpg

入ると右側には、観音様がいらっしゃいました。
c495dc05.jpg

鐘楼になります。
bcc6e0d7.jpg

精進童子がいました。
83d8fac9.jpg

こちらは、おしろい薬師だそうです。
54bd67cf.jpg

諸仏が祀られています。
f402e113.jpg

境内の右側には紫陽花がありました。
7e376632.jpg

梅雨の時期に参拝をされるのも宜しいかもしれません。

輪廻車になります。
4288afa9.jpg

宝篋印塔なんでしょうか?
70caa92d.jpg

本堂になります。
50cede17.jpg

本尊である「阿弥陀如来」が祀られています。

(´人`)
本堂には、賓頭盧尊者がいらっしゃいました。
feaba269.jpg

「おびんずるさま」や「なで仏」としても知られています。

(´人`)

境内の左側には「薬師堂」がありました。
d9732c09.jpg

内部です。
75c48e8d.jpg

秘仏のようです。
眼病平癒にご利益がある薬師如来だそうです。
関東九十一薬師霊場の札所本尊になります。

地蔵堂になります。
708e9a9a.jpg

お地蔵様です。
303feac7.jpg

子育て水子地蔵菩薩だそうです。
関東百八地蔵尊霊場の札所本尊になります。

境内の西側には、墓地がありました。

歴代住職のお墓になります。
aa9653ed.jpg

その一画には宝塔がありました。
1602921a.jpg

常盤御前の供養塔と伝わる宝塔になります。

以前は、墓地前に宝塔がのせられた「塚」があり、明治初期にその「塚」が檀家さんが集会所建設の為に潰してしまい、その後、現在地に宝塔を移しました。
塚の上には複数の宝塔があったため、宝塔の各部分が他の宝塔と変わってしまい、歴史的価値が無くなってしまったそうです。

宝塔の近くには、弁財天堂があります。
97990644.jpg

83adaf31.jpg

以前にも「常盤弁天堂」があったそうです。
現在あるのは再建された弁天堂になると思われます。

御朱印は、本堂の右側にある庫裡で頂けます。
薬師如来の御朱印を頂きました。
御朱印代は、300円でした。
関東百八地蔵尊霊場の御朱印もありました。

由緒書きは、申し出れば頂けます。





寺院データ
寺院名:成菩提山 光明院 極樂寺
所在地:群馬県前橋市亀里町604‐1
宗 派:天台宗
本 尊:阿弥陀如来
札所等:関東百八地蔵尊霊場 二十五番札所
    関東九十一薬師霊場 四十一番札所」