群馬県伊勢崎市に鎮座する「瑳珂比神社」に参拝してきました。
「さかいじんじゃ」と読みます。

以前の参拝日記⇒瑳珂比神社


由緒は、次の通りです。
「当社の創建は戦国期に能登半島より小此木左衛門尉長光来り境他六ヶ村を領有した守護神として生国能登国の石動明神の分霊を境城内に奉斎した大永年間(1521〜1527)とされている。
長光の子左衛門次郎は正親町天皇の御代の元亀三年(1572)武運長久を祈って稲荷の神像と石製の剣を奉納し石剣権現と称した。
後陽成天皇の天正八年(1590)小此木氏が当地を退去すると郷民は当社を鎮守社と定め石剣稲荷大明神と改めた。
後に那波、新田両郡の境に当るため境村となり後光明天皇の正保四年に例幣使街道が開設され宿場町になると次第に町並みも形成され慶安年間(1648〜1651)には境町となった。
桃園天皇の宝暦十一年(1761)拝殿が造営され後桜町天皇の明和三年(1766)には石鳥居が建立された。
後桃園天皇の安永二年(1773)社前に押花絵馬(境町最古の絵馬)が奉納され光格天皇の享和元年(1801)には氏子の発起により現在の社殿が建設されている。
その後も神域は整備され明治七年(1874)には村社に列された。
明治四十年(1907)九月に町内諏訪神社境内末社菅原神社、八幡宮疱瘡神社、八坂神社、稲荷神社、神明宮、琴平宮、秋葉神社を合祀し現在の瑳珂比神社と改称し今に至る。」


日光例幣使街道から少し南側に鎮座していました。

一の鳥居になります。
25a5363c.jpg

北側に向いて鳥居があります。
どうしてなんでしょうか?

社号標になります。
c9e3cece.jpg

「當所総鎮守 瑳珂比神社」とありますが、旧境町の総鎮守という意味なんでしょうか?

二の鳥居になります。
31cbdf91.jpg

手水舎になります。
601e14f5.jpg

手と口を漱いで参拝です。

4月5日に参拝してきましたが、桜が満開です。
5f88a413.jpg

とても綺麗です。

社殿になります。
78f7d597.jpg

東向に社殿が建てられています。
横からでないと全景が撮れません。

(´人`)

社殿の左側には、稲荷神社が鎮座していました。
ee6032d2.jpg

1e3d564d.jpg

境内社になります。

稲荷神社の右側にもお社がありました。
d792f25d.jpg

お狐様が奉納されているので、こちらも稲荷神社なんでしょうか?

社殿の裏側には、境内社が鎮座していました。
a89ef34b.jpg

それぞれの社名はわかりません。
こちらにもお社がありました。
2dd48367.jpg

社名はわかりません。

こちらは、招魂社になります。
fad5215a.jpg

cde2f8d4.jpg

(´人`)

こちらは、社務所になります。
90d2a3a9.jpg

授与所が併設されています。

こちらが授与品になります。
75b42175.jpg

2f146106.jpg

9393f61a.jpg

御神札・御守り・絵馬が500円で授与されていました。
また、干支をかたどった縁起物もありました。

昇殿の御祈祷(厄除け・商売繁盛・合格祈願・交通安全等)は、初穂料5,000円だそうです。
必要な方は、ご予約をした方が宜しいかもしれません。




神社データ
神社名:瑳珂比神社(さかいじんじゃ)
鎮座地:群馬県伊勢崎市境493番地
祭 神:倉稲魂命
配 祀:天照大御神 火雷霊命 菅原道真公 応神天皇 建御名方神 素盞鳴神 大物主命 鎮西八郎為朝命
社格等:旧村社 神饌弊帛料供進神社