ec11534f.jpg

栃木県足利市にある「赤城山長昌寺」に参拝しました。
曹洞宗に属するお寺になります。

足利市の南部、佐野市や群馬県邑楽町・館林市にも近いところにお寺はありました。
お隣は、足利市立愛宕台中学校になります。

駐車場は、お寺の裏の道から入った所にありました。
自動車は、7〜8台位は停められそうです。


こちらのお寺の由緒は以下の通りです。
「長昌寺の開創は今から500年前の文亀三年(1503年)と伝えられています。
それは足利将軍家の世継ぎ問題で、11年も続いた『大仁の乱』がやっと終わり、足利幕府の権威が徐々に失われつつある時代でした。
そのような時に、臨済宗の僧侶、玄甫蔵主によって開創されました。
玄甫蔵主は12年間の住職の後、永正十二年(1515年)にお亡くなりになり、その後現在の浦和市大崎にある曹洞宗国昌寺の2世大雲文龍大和尚が大永六年(1526年)に晋住し、曹洞宗に改宗されました。
大雲文龍大和尚は、朝廷に参内して、禅の宗要を説くほどの人物で、朝廷から紫衣と仏日金蓮禅師という勅賜号を受けました。
その後、長昌寺は幾たびの火災に遭遇し、安政元年の25世意嶽道林大和尚以来、仮の本堂.庫裡のままでしたが、先住の30世大乗孝文大和尚の平成7年に本堂、庫裡等の伽藍を復興し、今日に至っております。」


駐車場に困ってしまいましたが、お寺の北にある道から入った所にありますので、自動車で行かれる方は気をつけて下さい。
駐車場から直接境内に入れます。

こちらが正面入り口になります。
6e5ccfe0.jpg

門標だけで、特に山門はありません。

入ると、左側には六地蔵がいらっしゃいました。
66d4f3aa.jpg

右側には、観音堂がありました。
d94659ae.jpg

「聖観世音菩薩」が祀られています。
こちらの観音様は、両野三十三観音霊場の札所本尊になります。

こちらが札所である碑です。
69784cab.jpg

「両野西国第三十三番札所」と刻まれています。
両野三十三観音霊場は、廃れてしまったようで、巡拝者はどれだけいるのか・・・

こちらが案内板です。
37131769.jpg

観音堂前には「寂光観音」が祀られていました。
98c1ed11.jpg

三十三観音の一仏ではなさそうですが、どんな観音様なんでしょうか?

鐘楼がありました。
5284682e.jpg

木々に隠れてわかりづらいですが・・・
本堂はになります。
7739671c.jpg

曹洞宗のお寺なので「釈迦如来」が祀られています。

境内には、「黒松」がありました。
ede01614.jpg

樹齢が約200年以上になり、足利市指定の天然記念物だそうです。

こちらが案内板です。
1a409ea0.jpg

御朱印は、境内の右側にある「庫裡」で頂きました。
ご本尊の御朱印を頂きましたが、観音霊場の札所なので観音様の御朱印を頂けるかもしれません。
御朱印代は、「観音堂の賽銭箱に納めてください。」とのことでした。




寺院データ
寺院名:赤城山 長昌寺
所在地:栃木県足利市高松町450番地
宗 派:曹洞宗
本 尊:釈迦如来 聖観世音菩薩
札所等:両野三十三観音霊場 三十三番札所
御詠歌:高松に 皆ぬきかけて 後の世の 我たのしさを 人に笈ずる