群馬県太田市の西部、旧新田町にお寺はありました。
曹洞宗のお寺になります。

自動車は、お寺の東側にある公民館に数台は停められそうです。
境内にも数台は停められそうです。

山門です。
a9d2c710.jpg

質素な門になります。

山門脇には、地蔵菩薩像がありました。
ed84174f.jpg

山門をくぐり、参道には、両脇に五十体の観音様がいらっしゃいました。
297be643.jpg

98e5e5db.jpg

f7f52c65.jpg

「新田百観音」と呼ばれているそうです。
f7a9b9ac.jpg

参道を進んだ先には、楼門もありました。
三重の塔風に作られた、鉄造のものです。
これは、何とも不思議な塔といった感じです。

境内の周辺には、塀もなく、何だか広く感じます。

こちらのお寺の開基は、下総古河城主足利成氏。
開山は、東昌寺三世覚翁能正。
中興開基は、太田金山城主の由良成繁の家臣である小金井四郎左衛門尉治繁になります。

こちらのお寺は、東上州新田秩父三十四観音霊場の七番札所になります。
元の札所は浄蓮院というお寺でしたが、明治の初期に廃寺となり、こちらのお寺に合併されました。
しかし、どの観音様を祀ってあったのかは分からなくなってしまったそうです。
参道を進んでいくと、本堂がありました。
69e1c1a6.jpg

曹洞宗らしく、質素な本堂です。
本尊である「薬師如来」が祀られています。また、釈迦如来も祀られています。

こちらのお寺に薬師如来を祀った経緯は、二つあるそうです。(「上毛新聞社刊 ぐんまのお寺 曹洞宗」 より抜粋)

1.薬師如来は、新田義貞が鎌倉幕府を討伐した後、越後国の米山薬師から勧請した霊仏である。
2.新田堀用水を鰐口に乗って、東雲寺裏の長堀へ流れ着き、夜中に光明を放つ如来を祀った。
鰐口には、「上野国薗田荘米山寺寄付之 願主沙門珠益 敬白 永禄七年(1564年)9月12日」と銘があった。

よって、群馬県太田市丸山町にある「米山薬師」からの勧請であることがわかります。
やはり、米山薬師・反町薬師同様に新田氏がらみです。

準四国八十八ヶ所六番札所になっていたそうですが、詳細がわからず、どうも廃れてしまった霊場のようです。

御朱印を頂こうと本堂の右側にある住職宅にお邪魔しましたが、誰も居ないご様子。
窓には、後任住職の携帯番号が貼ってありました。
お昼時だったので、電話は遠慮しました。

何処のお寺が兼務しているのでしょうか?




寺院データ
寺院名:金井山 東雲寺
所在地:群馬県太田市小金井町1042番地
宗 派:曹洞宗
本 尊:薬師三尊
札所等:東上州新田秩父三十四観音霊場 七番札所
御詠歌:ありがたや庭に花散る浄運院 ここぞ諸仏の住みかなりけり