df7373a7.jpg

群馬県太田市にある「脇屋山正法寺」に参拝してきました。
高野山真言宗のお寺になります。

最寄り駅は、東武桐生線「治良門橋駅」になります。
徒歩では、30分以上はかかるかもしれません。

駐車場は、お寺入り口の右側にありました。
自動車は、5〜6台位は停められそうです。

こちらのお寺は、太田市の市街地からかなり外れていますので、周辺は田園地帯になり、長閑でした。


寺伝によると、奈良県の醍醐寺を開山した「聖宝」が「源経基」の請願を受けて延喜年間(901〜923年)に開山し、古くは聖宝寺と呼んだと伝えられています。
元暦年間(1184〜1185年)に新田氏の祖「新田義重」が堂塔を修理し、元弘年間(1331〜1334年)には新田義貞の弟「脇屋義助」が脇屋郷及び大般若経600巻を寄進したと伝えられており、「脇屋義助」の菩提所になります。


駐車場に自動車を置き、参拝になります。

参道を進むと、仁王門がありました。
df7c5845.jpg
いわゆる山門になります。
こちらの門は、貞享二年(1685年)の建立の門になり、太田市指定重要文化財になっています。
とても立派でした。

門の左右にある仁王尊は、門と同様に太田市指定重要文化財になります。

山門内には、大きな鰐口がかけられていました。
388884bc.jpg

紐がつけてあり、鳴らすことも出来ました。

こちらが由緒です。
da9c3009.jpg

なかなか古そうです。

山門を入ると、正面には本堂がありました。
c8313724.jpg
聖観音」が祀られています。
聖観音像は、鎌倉時代初期に作られたと考えられており、群馬県指定重要文化財になっています。
12年に一度午年に開帳されるそうです。
参拝したときは、残念ながら拝むことは出来ませんでした。
また、江戸時代に旧本堂は火災にあってしまい、現在は観音堂を本堂にしています。

こちらが本堂に掲げられていた扁額です。
dd49337b.jpg

どなたが書かれたのでしょうか?

東上州三十三観音霊場 十九番札所」と「上州新四国八十八ヶ所 五十七番札所」になっており、古くからの霊場として、参拝者がいらっしゃるようです。

本堂の左側には、脇屋義助像がありました。
f47ff234.jpg

建立されて、それほど時間は経っていないようです。
兄弟そろって悲劇の武将になってしましました。

本堂の裏手には、脇屋義助の遺髪塚がありました。
358f3472.jpg
ひっそりとありました。
稲荷堂らしきお堂がありました。
7f6949a3.jpg

鎮守社なんでしょうか。

また、境内の左側には、濡れ金仏地蔵(地蔵金仏)がいらっしゃいました。
1f09eff8.jpg

何だか江戸六地蔵を彷彿される地蔵菩薩像です。

全体的な印象は、地方の檀家寺的ですが、歴史の中にある深い寺院といった雰囲気でした。

御朱印は、境内の右側にある「庫裡」で頂きました。
御朱印代は、300円でした。

御朱印を書いて頂いている間、お茶とお菓子を頂きました。
感謝するばかりです。

由緒書きは、ありました。





寺院データ
寺院名:脇屋山 聖徳院 正法寺
所在地:群馬県太田市脇屋町562番地
宗 派:高野山真言宗
本 尊:聖観世音菩薩
通 称:脇屋観音
札所等:東上州三十三観音霊場 十九番札所
    上州新四国八十八ヶ所 五十七番札所
御詠歌:尋ねても祈りをかけよさしもくさ 正しき法の寺を印に