神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

2016年11月

「真光山長安寺 御開帳&護摩祈祷」/「瑠璃光山光栄寺 初薬師&祈祷祈願」5

寺院名:真光山 永照院 長安寺
所在地:群馬県伊勢崎市西小保方町304‐1
宗 派:天台宗
本 尊:釈迦如来
札所等:北関東三十六不動尊霊場 七番札所
札所本尊:みかえり不動尊
御詠歌:かえりみて つみとがはらう 威音王 佐波路にたかき みすくいの寺


 こちらのお寺では、大晦日(12月31日)の午後11時40分から1月1日の午前1時30分頃まで「除夜祭」が開かれます。
 その際に威音王堂(護摩堂、不動堂)内に安置されており、秘仏になる「みかえり不動尊」の御開帳があります。室町時代より長安寺に伝わる不動明王だそうです。
 昨年の除夜祭の時に拝見をしましたが、鮮やかな色彩の不動明王でした。通常は前立本尊を拝めますが、秘仏の不動明王の方が強いパワーを感じました。こちらのお不動様は、北関東三十六不動尊霊場の札所本尊になります。
 なお節分会(2月3日)の12時から13時までも御開帳があります。

 また、除夜祭の御開帳の際には威音王堂で護摩を修していましすので、檀家以外でも希望する方は祈祷祈願が受けられます。
 願意は、厄除・方位除・商売繁昌・家内安全・交通安全等々をできると思われます。御祈祷料は、3,000円と5,000円になります。祈祷札の大きさが違います。
 御開帳の時以外にも常時祈祷祈願は行われており、また檀家以外でも受け付けているそうです。もし受けられる方は、事前にお寺にお問い合わせください。

 御朱印あり(不動明王と阿弥陀如来)。
image
続きを読む

桐生西宮神社 恵比寿講(群馬県桐生市)5

image

 群馬県桐生市の中心部から北西へ少し行ったところにありました。

 最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」、上毛電気鉄道「西桐生駅」になります。

 神社専用駐車場は見当たりませんでした。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(案内板より)。
「桐生西宮神社は延喜式内上野十二社の一社美和神社の御祭神が大国主命である関係から明治三十四年十月摂津西宮神社の御分霊をいただき商業、工業、農業、交通、海運、漁業等に、霊験あらたかな蛭子大神(恵比寿様)を桐生ヶ岡公園におまつりした神社です。
 此の西宮神社を関東一社と申します理由は蛭子大神を御祭神とする神社は桐生だけで各地の恵比寿様は国土開発等に御神徳のある大国主命又事代主命をお祀りした神社であり御祭神の相違から区別されて関東一社と称せられて居ります。
 11月19日、20日の例大祭近郷近在は申すまでもなく栃木、埼玉等隣接各県から参拝者は数十万を数え桐生全市に恵比寿講の雰囲気が溢れまれに見る賑やかな大祭典となります。」


 こちらの西宮神社は、上野国延喜式内社「美和神社」の境内に勧請されました。
 神職の方は常駐しておらず、桐生市内に鎮座している「桐生天満宮(祭神:菅原道真公・天穂日命、社格等:旧県社)」の宮司さんが兼務しています。

 11月19日に参拝してきました。例大祭(恵比寿講)の日になります。
 山手通りには歩行者天国になり、露店が出てました。雨なのに人手が多いです。
image

image

 兵庫県の西宮神社からの勧請ということになり、直系の神社だそうです。
image

 雨でしたが、社殿前は参拝者では列を作ってます。
image

 御神札(初穂料1,000円)、福御守(初穂料500円)、たね銭(初穂料50円)を頂いてきました。





神社名:桐生西宮神社
鎮座地:群馬県桐生市宮本町二丁目1‐1
祭 神:蛭子大神 天照大御神 大国主大神 須佐之男大神
社格等:延喜式内「美和神社」の境内社
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
メッセージ
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ