まほろば御朱印紀行

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

2014年04月

称名山 常念寺(栃木県足利市)5

36a285fb.jpg

栃木県足利市にある「称名山 常念寺」に参拝してきました。
時宗に属するお寺になります。

足利の中心部から少し西へ行った所にお寺はありました。

最寄り駅は、JR両毛線「足利駅」になります。
駅から徒歩で2〜30分位かかりそうです。

駐車場は見当たりませんでした。
少し離れたところに「足利公園」がありますので、そちらに停められそうです。


こちらのお寺の由緒は、次の通りです(足利観光協会HPから)。
「時宗の開祖一遍上人は、熊野本宮に参籠して神勅を感得し、立教開宗したと伝えられています。
本寺は平安末期(1143年)創建といわれています。
一遍上人の法孫が遊行中荒廃した寺の再建に尽くされたと伝えられ、仏舎利泰安の寺です。」


県道桐生岩船線沿いにお寺はありました。

こちらがお寺の看板になります。
75f036cf.jpg

お寺の隣は保育園になります。

こちらが入口になります。
0b85eca9.jpg

坂の左には、諸仏が祀られています。
fd8f6825.jpg

坂の右には、足利七福神の幟が立っていました。
f28ef083.jpg

信仰がうかがえます。

境内は狭いくらいですが、一遍上人像がありました。
3cd35419.jpg

(´人`)

こちらは寺号標です。
77256c15.jpg

案内板になります。
02dc07c9.jpg

高いところにあるので、見づらいです。

コンクリート製の本堂になります。
c7cdcd1c.jpg

(´人`)

足利七福神の毘沙門天を祀っています。

こちらが本堂に掲げられていた扁額です。
7af52215.jpg

とても立派な字です。

御朱印を頂こうと保育園の奥にある寺務所?に声をかけたら、本堂に上がらせていただき、お参りできました。
お線香もあげさせて頂きました。

足利七福神の毘沙門天は、とても立派でした。

御朱印は、本堂内で頂けました。
御朱印代は、300円でした。





寺院データ
寺院名:称名山 常念寺
所在地:栃木県足利市通七丁目3094
宗 派:時宗
本 尊:阿弥陀如来
札所等:足利七福神 毘沙門天

開運稲荷社 御神札(世良田東照宮の境内社 群馬県太田市)5

群馬県太田市に鎮座する「世良田東照宮」に参拝してきました。

そのときの参拝日記⇒世良田東照宮(群馬県太田市)

境内社の「開運稲荷社」にも参拝してきました。
末社という位置付けだと思われます。


開運稲荷社の由緒は、次の通りです(案内板より)。
「創建当初の『稲荷社』は、当地に古くから祀られていた神様で、開運招福・商売繁盛・五穀豊穣に特にあらたかなご利益のある神様であります。東照宮の修復の際はこの稲荷社も幕府より手厚い保護が成されてきました。
明治二十五年(1892)同世良田山内に鎮座していた世良田五社稲荷の一社と伝わる『開運稲荷社』を合祀。
明治四十年(1907)『開運稲荷社』は、小社合祀奨励により、旧世良田村小角田『稲荷神社』、旧世良田村上矢島の勝手神社末社『稲荷社』、旧木崎村高尾の久呂住神社末社『稲荷社』と共に東照宮に合祀。
平成八年(1996)現在地に社殿が新築成り、遷座祭が斎行。御宮に合祀されていた全ての稲荷社が御遷座され、現在の『開運稲荷社』となる。
例大祭 三月初午日(旧暦)」


こちらが鳥居になります。
26618a46.jpg

お狐様です。
3357f068.jpg

534efbba.jpg

稲荷神社にはこれが居ないと。

社殿になります。
d6290706.jpg

境内社なので社殿自体は小さめです。

(´人`)

世良田東照宮の社殿の左側に鎮座しています。

開運招福・商売繁盛・五穀豊穣のご利益があるそうです。

案内板になります。
42fccaef.jpg

早い時期から鎮座していたようです。

こちらの開運稲荷社には、授与品がありました。
こちらが御札になります。
0caecdc7.jpg

初穂料は、700円になります。
社名が気に入りましたので、一体頂きました。

御守りは、500円になります。





神社データ
神社名:開運稲荷社
鎮座地:群馬県太田市世良田町3119‐1
祭 神:倉稲魂命
備 考:世良田東照宮の境内社

伊勢崎神社(群馬県伊勢崎市本町)4

群馬県伊勢崎市に鎮座する「伊勢崎神社」に参拝してきました。
旧県社になります。

伊勢崎市の中心部、伊勢崎郵便局の近くに神社はありました。

最寄り駅は、東武伊勢崎線・JR両毛線「伊勢崎駅」になります。

駐車場は、鳥居前と神社の南側にありました。
自動車は、10台以上は停められそうです。


こちらの神社の由緒は、次の通りです(案内板より)。
「順徳天皇の御代 健保元年(1213年)三浦介義澄の創立したものと伝えられます。
代々の赤石城主の崇敬厚く、明治に至って氏子持ちとなりました。
大正十五年、旧称の飯福神社が、稲荷神社を始め町内数社を合祀して、正式に伊勢崎神社と改称されました。
社殿は本殿・幣殿・拝殿からなり、本殿は嘉永元年(1848年)の創建であり、彫刻の緻密にして壮麗な事は氏子の誇りであります。」


こちらが鳥居になります。
01baf9e5.jpg

こちらが社号標になります。
4d5c2d54.jpg

狛犬になります。
1db36203.jpg

aae8ac1a.jpg

厳つい顔をしています。

境内は、さほど広くはありません。
町中の神社なので仕方ないです。

境内の左側には「神楽殿」がありました。
0f6828b7.jpg

どんな神楽が舞われるのでしょうか?

手水舎になります。
eaa9eebd.jpg

こちらが社殿になります。
d05f2762.jpg

(´人`)

なかなか立派な社殿です。

社殿には、プロペラが奉納されていました。
259828b9.jpg

このプロペラは、富士重工(当時は中島飛行機)の従業員が太平洋戦争中の飛行機が無事に帰ってくるようと奉納したそうです。

本殿です。
b9392f99.jpg

こちらは、稲荷社になります。
75b819ef.jpg

fecf923e.jpg

(´人`)

摂社なんでしょうか?
それとも末社なんですね?続きを読む
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
livedoor プロフィール

まほろば

まほろばと申します。

「社寺参詣道 代表師範」になります。

社寺巡りや散歩を趣味にしています!
リンクやトラックバックはご自由に。ただしアダルト系は困ります。
コメントもしていただくと嬉しいです。

いろんな情報もコメントしてください。

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣してます。社寺参詣道代表師範&御朱印ブロガーです。伊勢神宮・靖国神社・世良田東照宮・久能山東照宮・鳳来山東照宮の各崇敬会に入会しています。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士、日商簿記検定2級、秘書検定2級、神社検定参級、全経電卓検定3級、安全衛生推進者
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
livedoor 天気
  • ライブドアブログ