神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

2012年09月

9月1

もう9月が終わります。
「4分の3」が終わったわけですよ。

あと3ヶ月・・・

早いな

夏が終わると秋が来て冬になります。
長い・・・
あと半年経たないと春にならない

植下赤城神社(栃木県佐野市)5

2d566a2b.jpg

栃木県佐野市に鎮座する「植下赤城神社」に参拝しました。
旧村社になる神社になります。

国道50号線の「植下町」を少し北上した所に神社は鎮座していました。
国道50号線沿いにはオービスがありますので、気をつけてください。

神社の隣には「赤城幼稚園」がありました。

駐車場は、見当たらなかったので、鳥居前にあるスペースに停めさせて頂きました。
数台しか停められなさそうです。

境内は、鬱蒼とした森の中にあるといった感じでした。

そんな中に社殿はありました。
2668d529.jpg

なかなか立派な社殿でした。

祭神の「彦狭島王命」は、豊城入彦命の孫だそうです。
また、「日本武命」は群馬県前橋市の大洞赤城神社からの勧請だそうです。
元々「彦狭島王命」が祀られていた所に「日本武命」も祀り、神社名も「赤城神社」と改めたそうです。
赤城神社の場合は、「大己貴命」や「豊城入彦命」を祭神とする場合が多いとは思われます。
どうして、日本武命など勧請したのでしょうか?

御朱印は、鳥居の前にある社務所に声をかけて、宮司さんが社殿で書いて頂きました。
御朱印代は、300円でした。

由緒書きは、ありません。
宮司さんは、「由緒書きは作る」と言ってましたが、どうなんでしょうか?
今は、出来たのでしょうか?

授与所には、御守りや御札といった授与品は、ありました。



神社データ
神社名:植下赤城神社
鎮座地:栃木県佐野市植下町436番地
祭 神:彦狭島王命 日本武命
社格等:村社

日光東照宮(栃木県日光市)5

176fde37.jpg

栃木県日光市に鎮座する「日光東照宮」に参拝してきました。
旧別格官幣社になります。

「日光山輪王寺」・「日光二荒山神社」と共に「二社一寺」を構成する神社になります。
「世界遺産」に登録されています。

駐車場は、周辺にいっぱいありました。「1日500円」で停められます。
輪王寺本坊の北側には、駐車場がありました。自動車は、十台くらいは停められそうです。


こちらの神社は、言わずと知れた「徳川家康」を祀る神社になります。


参道です。
5ae31e9f.jpg

山の中のあるといった感じでした。

入り口には、拝観受付がありました。
単独拝観券は、大人1,300円でした。

私は、二社一寺共通拝観券(1,000円)で拝観しました。
但し、「眠り猫」・「奥宮」は、拝観できません。

9時前に来ましたが、もう観光客の方が多くいらっしゃいました。
やはり、「THE観光地」といった感じでした。
ゆっくり拝観はできなさそう。

境内に入りました。
5bd6c777.jpg

段々進んでいきます。
境内に入ると、やはりパワーが違いますね。

陽明門になります。
aeabed30.jpg

素晴らしいです。
さすが、左甚五郎です。
しばし、見とれてしまいました。

社殿は、「権現造」といって、「八幡造」から派生した建築様式になります。
僕が参拝したときは、修復工事をしており、社殿の全景を見ることは出来ませんでした。
残念です

御朱印は、陽明門を入り、右側にある「御朱印受付」で頂けました。
御朱印代は、300円でした。

僕の頂いた御朱印は、末広がりっぽい書き方なので、好きです。

オリジナル御朱印帳もあるようです。

由緒書きは、ないそうです。

授与所では、御守りや御札といった授与品は、ありました。




神社データ
神社名:日光東照宮
鎮座地:栃木県日光市山内2301番地
祭 神:徳川家康公
相 殿:源頼朝卿 豊臣秀吉公
社格等:別格官幣社 別表神社 現在は単立神社
社 殿:権現造

歯医者4

先日日記に書いた「歯医者」の件ですが、すべて治療が終わりました。

レントゲンを撮って、麻酔をしました。

ここ6年くらいは、毎年どこかが虫歯で痛みます。
弱ります

6回通院をして、銀歯になりました。

ようやく、噛みやすくなりました。

歯が痛いと食事がうまくできません。
美味しいとも思いません。

ご心配お掛けしましたm(_ _)m

和魂漢才5

2860cbe1.jpg

東京都の神社に参拝すると、社殿の前にある賽銭箱の上か近くに短冊状の「今月の言葉」みたいなものが置いてあります。
東京都神社庁」で作成されているそうです。

その中で興味深く、現在の日本に必要な良い言葉がありました。
紹介いたします。

「和魂漢才」

「わこんかんさい」と読みます。

「菅原道真公」の言葉になります。

意味は、「日本人としての魂(大和魂)を忘れず、祖国を愛する心を持った上で、世界に広い知識を求めて勉強せよ」になります。

菅原道真公も良いことを言います。

「愛国無罪」と言って、「犯罪行為」を行う下劣な民族には弱ったもんです。

日本人として矜持を持っていきたいです。
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
いろいろツイートしてます。
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
J-CASTニュース
livedoor 天気
  • ライブドアブログ