神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

桐生雷電神社 再拝(群馬県桐生市錦町)5

image

 群馬県桐生市の中心部、本町通沿いに神社は鎮座しています。

 最寄り駅は、JR両毛線「桐生駅」になります。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(案内板より)。
「雷電神社の由来
 雷電神社は雷除け、雨乞い、五穀豊穣の神として荒戸五ケ村が雷電山に祭る。永禄二年(一五五九)である。
 常見隠岐守が上原に移った時に屋敷神として勧請した。天和二年(一六八二)である。
 その後最勝寺(現在は錦町)が別当寺として祭祀を預かる。(最勝寺は常見隠岐守の開基と云い、神社に仕え、管理運営を行っていた。)
 亨保、元文の頃、寺と村方とで神社について紛議が起こり、一時的に村方持ちになったが元文四年(一七三九)上野東叡山から下書を賜って最勝寺が別当となり明治維新まで継続した。
 明治時代より雷電神社はその所在地の鎮守様として、周辺の崇敬者を氏子として祭祀管理運営されて、春秋二回の祭礼が
行われてきた。
 太平洋戦争時は大3区区民が氏子となり、昭和五十九年に老朽化した本殿、大鳥居等改修し現在にいたる。
 祭神 火雷神」


 通り沿いに大きな鳥居があります。
image

 境内には大きな桜の木があります。「染井吉野」ではなく「大島桜」だそうです。春先には桜が綺麗に咲きますので、その頃の参拝をお薦めします。

 二の鳥居になります。
image

 社殿になります。
image

 境内社になります。
image

 以前は御朱印は無かったのですが、できたとのことなので頂きました。御朱印代は300円でした。
 ステッカーを頂けました。
image

 無料です。

 由緒書きはあります。

 雷除けの御守りがありました。
image

 一体300円でありました。





神社名:桐生雷電神社
鎮座地:群馬県桐生市錦町一丁目3‐6
祭 神:火雷神

全国東照宮めぐり(全国東照宮連合会)5

 平成二十七年4月17日、徳川家康が薨去して四百回忌となるため、全国東照宮連合会が「東照宮めぐり」を始めました。

 東照宮めぐり用にと連合会が作製したオリジナル御朱印帳も出来ました。
image

 しかし、汎用の御朱印帳の仕様になっており、東照宮以外にも御朱印帳は利用できます。
 この御朱印帳は、全国の東照宮で授与されているわけでなく、一部の東照宮でしか頂けないようです。群馬県太田市に鎮座する世良田東照宮では置いてありませんでした。私は前橋市に鎮座する前橋東照宮で頂きました。

 また、連合会オリジナル御朱印帳を一冊頂くと案内書も頂きました。
image

 中は、神社名と由緒が書かれており、参拝の参考になります。

 旅のお供に三ツ葉葵の御紋の入った御朱印帳て東照宮めぐりも乙なものです。
続きを読む

日枝社 御朱印(世良田東照宮の境内社 群馬県太田市世良田町)5

image

 世良田東照宮には、開運稲荷社と日枝社の境内社が鎮座しています。

 その中で日枝社に参拝いたしました。


「日枝社」の由緒は、次の通りです。
「祭神 大山咋命
 寛永二十一年(1644)世良田東照宮建立の時、日光山より奉遷。間口二尺五寸、屋根は挧(とち)葺き。
 江戸時代は幕府により十数回の修理が行われた。昭和二年、修理。平成二十五年、東照宮三ツ葉葵会により修理。
 江戸期の祭典日は、毎年4月申の日。」


 世良田東照宮の授与所の裏側に鎮座しています。
 こちらが社殿になります。
image

 小ぢんまりした社殿です。

 世良田東照宮の授与所で御朱印を頂きました。一律書き置きになります。御朱印代は300円でした。
 こちらの日枝社には御札と御守りがありました。
image

 鬼門除けの御札や魔除神猿(まよけまさる)御守があります。





神社名:日枝社
鎮座地:群馬県太田市世良田町3119‐1
主祭神:大山咋命
備 考:世良田東照宮の境内社にあたる
URL:http://www.net-you.com/toshogu/ (世良田東照宮のHP)
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ