まほろば御朱印紀行

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

大國神社 再拝(群馬県伊勢崎市境下渕名)5

KIMG3405

 群馬県伊勢崎市の南部、旧佐波郡境町の国道17号線(通称:上武道路)沿いに神社は鎮座しています。

 駐車場はありました。自動車は10台以上は停められそうです。


 こちらの神社の由緒は以下通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「群馬県佐波郡境町下渕名の旧郷社。延喜式内社。祭神は大国主命・日葉酢媛命 渟葉田瓊入媛命・罔象女命・素盞鳴命。例祭は10月22日で獅子舞の奉納がある。7月25日には神輿渡御がある。
 垂仁天皇朝に丹波国から勧請したと伝える。五護宮・第五姫明神と称し、国内神名帳に従一位と記される。淵名三十六郷の総鎮守となる。」

 また、群馬県神社庁伊勢崎佐波支部著「伊勢崎佐波の神社誌」よると次の通りです。
「延喜式神名帳に『上野国大國神社』、上野国神名帳に『従一位大國神社』と記されるのが当社である。
 縁起によれば、第十一代垂仁天皇の九年(約ニ千年程前)四月より天候不順で大干魃が続いたために、疫病が流行り人蓄共に大半が死亡したという。これを深く憂い給いた天皇は、諸国の名神に祈雨のため奉幣し、東国には奉幣使として百済の車臨を遣わした。垂仁天皇十一年九月、その車臨が当地に来て老松の樹下に一夜の宿をとった。翌朝、前の池で手を洗う白髪頭の翁を見つけ名を尋ねると、『吾は大国主命なり。』と答えた。それを聞いた車臨は、『私は疫病平癒と降雨祈願のために、天皇の勅を奉じて遣わされた奉幣使です。どうか国家の大難をお救いください。』と嘆願した。翁は『よし、よし。』と答えるやいなや、その姿は立ち消え、しばらくすると巽(東南)の方角から風が吹き始め、雨が降り始めた。この降雨のおかげで草木は蘇生して五穀豊穣となり、疫病もおさまった。天皇は車臨を賞して左大臣の位を授けると共に、当地を下賜して大国主命を奉斎せしめた。
 同十五年九月、丹波国穴太郷より五媛の宮を奉遷して配祀神とした。その後、称徳天皇の御代の神護景雲元年(767)、勅を奉じて当地に来た従五位上佐位釆女が、大国主命を国の造神と號し、渕名荘三十六郷の総鎮守として当社の社殿を修造した。
 光格天皇の文化元年(1804)現在の社殿に改築し、明治七年には熊谷県北第十六第区の佐位・那波両郡四十二ヶ村の郷社に列せられた。さらに、同四十年三月二十五日、無格社御手洗神社、八坂神社を合祀して今日に至る。
【古老の伝説】
 当神社は古くは五護之宮、五后之宮とも称され、また第五姫大明神と世俗に言われているのは、垂仁天皇の十五年九月、丹波国穴太郷より日葉酢媛命(ひはすひめのみこと)・淳葉田瓊入媛命(ぬはたにいりひめのみこと)・真砥野姫命(まとのひめのみけと)・薊瓊入媛命(あざみにいりひめのみこと)・竹野媛命(たかのひめのみこと)の五姫の宮を奉遷して配祀神としたためと伝えられ、『第五姫大明神』と書かれた古い額面が現存している。」


 11月11日に参拝してきました。
 七五三の季節なので神職の方が詰めていらっしゃいました。しかし、普段は無住の神社になります。延喜式内社なのにとても残念です。

 鳥居になります。
KIMG3399
 先に進むとまた鳥居がありました。
KIMG3403
 社殿になります。
KIMG3400
 社殿には福々しい大黒天と恵比寿天の描かれた絵馬が掲げられていました。
KIMG3401
 なんとも縁起が良さそうです。

 境内には渕名天満宮が鎮座しています。
KIMG3402
 御朱印は、境内右側にある社務所で頂けました。御朱印代は300円です。




神社名:大國神社(おおくにじんじゃ)
鎮座地:群馬県伊勢崎市境下渕名2827番地
主祭神:大国主命
配祀神:日葉酢媛命 淳葉田瓊入媛命 真砥野姫命 薊瓊入媛命 竹野媛命 罔象女命 素盞鳴命
社格等:延喜式内社 上野国五宮 旧郷社 

成田山新勝寺 星供養申し込み5

KIMG3394

 千葉県成田市にある真言宗智山派の名刹「成田山新勝寺」で星供養の申し込みが始まりました。1,000円になります。
 12月31日までですので、早めの申し込みをしてください。

はねたき道了堂 瑠璃光山光栄寺の境外仏堂(群馬県みどり市大間々町)5

KIMG3390
 群馬県みどり市にある渡良瀬川に架かる「はねたき橋」のそばにお堂はありました。

 最寄り駅は、わたらせ渓谷鉄道「大間々駅」になります

 お寺専用の駐車場はありました。


 由緒
「『どうりゅうさん』の呼び名で親しまれております『はね瀧道了尊』は、諸願成就、子育ての仏様として江戸時代から現在に至るまで、時代を越えてたくさんの信仰を集めてまいりました。
 道了尊は、宝暦二年(1752)5月、光栄寺第十世寿賢の代、神奈川県足柄市大権現最乗寺より、ここ大間々の渡良瀬川沿岸にお迎えされたと、記録に残されています。以前は、現在地よりも北側およそ100米の斜面を下がった所にありました。当時、縁日は毎月27日、28日の2日日間で、道了堂参道には『滝の湯』という湯屋や茶店が並び、たいへん賑わっていたそうです。また、天保二年(1831)には、かの渡辺崋山も当地を訪れ、要害山から高津戸一帯を描いたことが『毛武游記』に記されています。しかし、昭和二十二年(1947)のキャサリン台風による水害で、渡良瀬川沿岸にあった道了堂は、周辺の滝の湯、茶店もろとも一瞬のうちに濁流に飲まれ、跡形も無く流されてしまいました。その後、災害復旧は果したものの、道了堂の再建が叶わなかったこともあり、残念ながら道了尊信仰は衰微して行きましたが、参拝は、数少ない篤信者の方方により続けられてきました。しかし、落石、崩落の危険は絶えず、参詣が困難となり、また、再建に対する地元民の強い要望もあり、平成十五年(2003)十一月一日、光栄寺開山400年を記念して、道了尊をこの地に移転、勧請いたしました。
 はね瀧道了尊のこのお姿は、烏天狗のお顔をしており、子どもの心に宿ろうとする悪鬼を睨みつけ、さらに悪鬼を懲らしめる為に右手にねじり木を、左手に網を持ち、煩悩を焼き尽くす火焔を背負い、疾風より早く駆ける白狐に乗っていらっしゃいます。往昔、心のねじれた子どもを立ち直らせる為に道了尊に詣で、ねじり木一本を持ち帰り、『拗ねた心の子どもはすなほなれかし』と朝夕お唱えし、大願成就のあかつきには、ねじり木を二本にしてお礼参りをしたということが古い記録にあります。近時、不登校や引きこもりなどの心の悩み、万引きや麻薬などの非行が、大きな社会問題となっていることは周知の通りです。未来を担う子どもらがすなおに育って欲しいという親の願い、人々の様々な願いを叶えてくださる道了様をここに改めてお祀りいたしました。道了様の霊験は、その昔には、養蚕守護・水難除・盗賊除・火災除・鼡口止などにその功徳を発揮されてきました。時代が変わった今も、開運・家内安全・身体健全・交通安全・所縁吉祥・五穀豊穣。災厄消除、特に、非行防止など、心願成就を願う方々に多くの御利益が享受されますよう期待いたします。」


 こちらのお堂は、同市内にある真言宗智山派の名刹「瑠璃光山医王院光栄寺(宗派:真言宗智山派、本尊:薬師如来、札所等:関東八十八ヶ所八番札所)」の境外仏堂になります。
 10月28日は大祭になり、参拝者で賑わいます。その大祭の日に参拝しました。
KIMG3387
KIMG3388

 御朱印もありましたので頂きました。御朱印代は300円です。
 私は大祭の際に頂きましたが、普段は瑠璃光山光栄寺で頂けるかもしれません。





寺院名:はねたき道了尊
所在地:群馬県みどり市大間々町大間々1259
宗 派:真言宗智山派
本 尊:道了尊
備 考:瑠璃光山光栄寺の境外仏堂


〈光栄寺のデータ〉
寺院名:瑠璃光山 医王院 光榮寺
所在地:群馬県みどり市大間々町大間々1056番地
宗 派:真言宗智山派
本 尊:薬師如来
通 称:柿薬師
札所等:関東八十八ヶ所 八番札所
    上州三十三観音霊場 一番札所
    関東九十一薬師霊場 四十九番札所
御詠歌:柿薬師 聖なる光 あびながら 祈りの声を 耳にふれつつ(関東八十八ヶ所)
    山の名の るりを土なる かの国の らみちはこがねの さかひとぞきく(上州三十三観音霊場)

真光山長安寺 みまもり地蔵尊御守り(群馬県伊勢崎市西小保方町)5

KIMG3386

 何度も参拝してますので、詳しい由緒は載せません。過去の日記を参照してください。御朱印情報もあります。

 境内左側にある不動堂にはみかえり不動尊が祀られ、北関東三十六不動尊霊場七番札所になっております。

 また、境内には「石造みまもり地蔵菩薩立像」があります。
KIMG3377

 ご住職より新しく「みまもり地蔵尊御守り」の授与が始まったとのことで頂きにあがりました。青とピンクの二種類あり、各500円のお布施となります。

 Wikipediaの地蔵菩薩の項目では『地蔵菩薩本願経』に善男善女のための二十八種利益と天龍鬼神のための七種利益が説かれていると書いてありました。

【二十八種利益】
●天龍護念(天と龍が守護してくれる)
●善果日増(善い行いの果報が日々増していく)
●集聖上因(悟りの境地へ至る因縁が集まってくる)
●菩提不退(悟りの境地から後退しない)
●衣食豊足(衣服や食物に満ち足りる)
●疾疫不臨(疫病にかからない)
●離水火災(水難や火災を免れる)
●無盗賊厄(盗賊による災厄に遭わない)
●人見欽敬(人々が敬意を払って見てくれる)
●神鬼助持(神霊が助けてくれる)
●女転男身(女性から男性になれる)
●為王臣女(王や大臣の令嬢になれる)
●端正相好(端正な容貌に恵まれる)
●多生天上(天界に生まれ変わる事が多い)
●或為帝王(あるいは人間界に生まれ変わって帝王になる)
●宿智命通(過去世〈宿命、しゅくみょう〉を知る智慧を持ち、過去世に通ずる)
●有求皆従(要求があれば皆が従ってくれる)
●眷属歓楽(眷属が喜んでくれる)
●諸横消滅(諸々の理不尽な事が消滅していく)
●業道永除(地獄などの悪い場所に生まれ変わらせる業道(karma-patha)が永く除かれる)
●去処盡通(赴く場所に うまくいく)
●夜夢安楽(睡眠中に安らかな夢を見る)
●先亡離苦(先祖・先亡の霊が苦しみから解放される)
●宿福受生(過去に なした善行によって良い生まれを受ける)
●諸聖讃歎(諸聖人が讃えてくれる)
●聰明利根(聡明で利発になる)
●饒慈愍心(慈悲の心に溢れる)
●畢竟成佛(必ず仏に成る)

【七種利益】
●速超聖地(さらに すぐれた境地へ速やかに進める)
●悪業消滅(悪いカルマが消滅する)
●諸佛護臨(諸々の仏が護ってくれる)
●菩提不退(悟りの境地から後退しない)
●増長本力(本来持っていた能力が増幅される)
●宿命皆通(過去世の全てに通ずる)
●畢竟成佛(必ず仏に成る)


不動堂
KIMG3379
本堂
KIMG3378
庭園
KIMG3381

 御朱印はあります。北関東三十六不動尊霊場札所本尊「みかえり不動尊」、みかえり堂「阿弥陀如来」、「みまもり地蔵尊」の三種類になり、御朱印代は各300円です。
 書き置きの御朱印もあります。

 すぐそばには「スマーク伊勢崎」がありますので、食事や買い物ができます。





寺院名:真光山 永照院 長安寺
所在地:群馬県伊勢崎市西小保方町304‐1
宗 派:天台宗
本 尊:釈迦如来
札所等:北関東三十六不動尊霊場 七番札所
御詠歌:かえりみて つみとがはらう 威音王 佐波路にたかき みすくいの寺

日光山清滝寺 しらみ地蔵の御朱印(栃木県日光市清滝一丁目)5

KIMG3360

 栃木県日光市の西部、二社一寺の世界遺産から中禅寺湖に行く途中の国道122号線と国道120号線が交わる「細尾大谷橋」という交差点を少し北に行った所にお寺はありました。近くには、古河電工がありました。

 これといった最寄り駅はありません。わたらせ渓谷鉄道「足尾駅」から市営バスが出ているようですが、本数が少ないようです。できれば自動車で行かれた方が良いかもしれません。

 駐車場は、道路を挟んで反対側にありました。少々狭いので気をつけて下さい。

 詳しい史料は残っていないようで、由緒は不明になります。こちらのお寺の本尊である「千手観世音菩薩」は、坂東三十三観音霊場十八番札所である「日光山中禅寺」の本尊の末木で彫られたものと伝わり、中禅寺の前立て本尊の役割を果たしたそうです。男体山は女人禁制だっため、女性の参拝者のための札所として栄えたそうです。明治時代には廃仏毀釈により廃寺になってしまいました。足尾銅山採掘に本格的に着手した古河が足尾への進出によって町が復興をして、円通寺と合併し再興したそうです。

 寺院の入り口になります。
KIMG3356
 とくに山門はありません。

KIMG3357
 坂東三十三観音霊場十八番札所と下野三十三観音霊場一番札所の石標になります。
 坂東十八番札所は中禅寺ですが、女人禁制であったためこちらのお寺で参拝したそうです。

 鐘楼堂になります。
KIMG3353
 手水舎になります。
KIMG3351
 六地蔵になります。
KIMG3352

 境内には地蔵堂があり、「しらみ地蔵」が祀られています。
KIMG3348

 案内板によると以下の由緒が記されていました。
「日光市指定有形文化財
 石造地蔵菩薩坐像
 年紀銘から天正年間(1573〜1591)に製作された子とがわかり、この時期の日光における石仏研究の貴重な資料である。
 像容は近世の坐像と比較し、肩が極端になで肩となっている。袈裟の文様線は単純で、首部の襟ぐりが深い。像の厚みもあり量感あふれるが、全体的に簡素である。
 かつては清滝神社付近の路傍に祀られていたと伝えられ、この前で浮浪者がひなたぼっこをしながらシラミ取りをしていたといい、そのことから『しらみ地蔵』と呼ばれている。
 平成18年3月3日指定
  日光市教育委員会」

 「虱(しらみ)」を取ることから嫌なことを取り去ってくれるお地蔵様のようです(´人`)

 境内はまだ紅葉はまだまだです。
KIMG3354
KIMG3355
 今月末から来月は見頃かもしれません。その時期の参拝をお勧めします。

 御朱印は、境内右側にある「庫裡」で頂けました。二種類ありますが、今回は「しらみ地蔵」の御朱印を頂きました。御朱印代は300円です。






寺院名:日光山 清滝寺
所在地:栃木県日光市清滝一丁目9‐27
宗 派:天台宗
本 尊:千手観世音菩薩
通 称:清瀧観音
札所等:下野三十三観音霊場 一番札所
    関東百八地蔵尊霊場 四十九番札所
御詠歌:おおいなる 仏の御手の ちからにて 濁る心も 澄む清滝
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール

まほろば

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
日本のまほろばを探して社寺を参詣しており、社寺参詣道代表師範です。 取得資格:普通自動車免許、2級ファイナンシャルプランニング技能士(ファイナンシャルプランナー)、日商簿記検定2級、秘書検定2級、全経電卓検定3級、神社検定参級、安全衛生推進者
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

J-CASTニュース
livedoor 天気
  • ライブドアブログ