神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

世良田東照宮 御神札5

image

 群馬県太田市に鎮座する世良田東照宮の御神札になります。
 初穂料は、一体700円になります。

 境内は緑が多く、雰囲気はよいです。
image

 御神籤をひいたら「吉」でした。良くなると良いのですが。




神社名:世良田東照宮
鎮座地:群馬県太田市世良田町3119‐1
主祭神:東照大権現
配祀神:菅原道真公 倉稲魂命 須佐之男命 伊弉冉命 火産霊命 大穴牟遅命 誉田別命 建御名方神 豊城入彦神 外十柱
社格等:旧郷社

田島弥平旧宅(群馬県伊勢崎市境島村)5

 群馬県伊勢崎市にある「田島弥平旧宅」になります。
image

 国指定史跡になっております。

 江戸時代後期から明治時代に生きた「田島弥平」の旧宅になります。
image

image

 まだ、子孫の方がお住まいのようです。拝観するときは、お静かにお願いします。

 駐車場は、少し北にある利根川沿いにある無料駐車場が利用できます。

 少し南に行くと「道の駅おかべ」がありますので、休憩できます。
image

 食事やお買い物もできます。道の駅スタンプもありました。

日枝社(世良田東照宮の境内社、群馬県太田市世良田町)5

image

 群馬県太田市世良田町にある世良田東照宮に参拝してきました。
 太田市の南西部にある神社になります。

 最寄り駅は、東武伊勢崎線「世良田駅」になります。徒歩では少々かかりそうです。

 駐車場は、門前にありました。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「新田郡尾島町世良田町の旧郷社。徳川家康ほか十九柱を祀る。例祭は4月17日。
 寛永二十一年(1644)に天海僧正が徳川家光の命により、日光東照宮の古殿を始祖である義季の墳墓がある長楽寺境内に移築し創建した。
 拝殿は日本最古の東照宮建造物である。」

 また、東京堂出版刊「神社辞典」によると次の通りです。
「群馬県新田郡尾島町世良田。旧郷社。
 当地は江戸幕府の祖先・世良田徳川氏の発祥の地という。
 寛永二十一年(1644)三代将軍家光の命を受けた天海僧正が、徳川氏遠祖・義季の墳墓が存する当地長楽寺境内に日光東照宮の古殿を移し創建した。したがって歴代将軍の修復・寄進など重んずべきものがあった。
 本殿・拝殿・中門の建造物、社宝の太刀(銘了戒)、大鉄灯籠は重要文化財。
 例祭4月17日」


 新緑の季節になります。境内の木々の緑はとても綺麗でした。
image

 参拝者は、境内を散策していらっしゃいました。
 社殿では祈祷が行われており、合図の太鼓が打ち鳴らされていました。

 大名籠がありました(´・ω・`)
image

 顔は出しません(・ω・)


 境内社の「日枝社」にも参拝しました。
image

 「日枝社」の由緒は、次の通りです。
「祭神 大山咋命
 寛永二十一年(1644)世良田東照宮建立の時、日光山より奉遷。間口二尺五寸、屋根は挧(とち)葺き。
 江戸時代は幕府により十数回の修理が行われた。昭和二年、修理。平成二十五年、東照宮三ツ葉葵会により修理。
 江戸期の祭典日は、毎年4月申の日。」


 境内社にあたる「日枝社」には、御札と御守りがありました。
 最近はいろいろ嫌なことが多いので「魔除神猿(まよけまさる)御守」を一体頂きました。初穂料は、800円になります。




神社名:世良田東照宮
鎮座地:群馬県太田市世良田町3119‐1
主祭神:徳川家康公
配祀神:菅原道真公 倉稲魂命 須佐之男命 伊弉冉命 火産霊命 大穴牟遅命 誉田別命 建御名方神 豊城入彦神
社格等:旧郷社
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ