神社仏閣史跡巡り

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

産泰神社 運気向上御守(群馬県前橋市下大屋町)5

image

 前橋市の東、長閑な田園地帯の中に神社は鎮座していました。

 駐車場は、参道沿いの左にありました。自動車は、100台くらいは停められそうです。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです。
「この神社の創建は、社伝によれば履中元年とされているが定かでない。しかし、社殿背後に壘々としている巨石群から、神社信仰の初現形態の一つである巨石崇拝にその起源があるとみられ、歴史の古さがしのばれる。
 安産を祈る者が、軽くヌケル(生れる)ようにと底を抜いたヒシャクを奉納するようになったのは、江戸時代以降のことで、前橋、伊勢崎などをはじめ県下一円の人々から、安産の神として篤い信仰を受けた。特に、前橋藩主酒井雅楽頭は、社殿の造営をするなどその信仰著しいものがあった。
 酒井氏の造営になった社殿は、多くの彫刻で飾られ、内部格天井には、酒井抱一が描いたとされる極彩色の花鳥図もある。数ある社宝のうち八稜鏡は、平安時代のもので、前橋市の重要文化財に指定されている
 また、四月十八日例祭の際に奉納される太々神楽も前橋市の重要無形文化財に指定されている。」


 神門をくぐって進むと社殿がありました。
image

(´人`)

 社殿の中では祈祷祈願が行われており、太鼓が打ち鳴らされていました。

 境内の左奥には境内社が鎮座していました。
image

 次の通りです。
日枝神社(祭神:大山咋命 産業発展の神様)
絹笠神社(祭神:和久産巣日命 養蚕・穀物の神様)
大山祇神社(祭神:大山祇命 木花佐久夜比売命の祖神様)
秋葉神社(祭神:火産霊命 火防の神様)
愛宕神社(祭神:火産霊命 火防の神様)
稲荷神社(祭神:宇迦之御魂命 衣食住の神様)
二柱神社(祭神:伊邪那岐命 伊邪那美命 国生の神様)
厳島神社(祭神:市杵島姫命 芸能・音学の神様)
菅原神社(祭神:菅原道真命 学問の神様)
大国神社(祭神:大国主命 縁結びの神様)


 授与所において「運気向上御守」を一体頂きました。初穂料は1,000円です。
 御朱印あり。


神社名:産泰神社
鎮座地:群馬県前橋市下大屋町597番地
祭 神:木花咲耶比売命
社格等:旧村社

前橋住吉神社(市之関住吉神社、群馬県前橋市市之関町)5

image

 群馬県前橋市に鎮座する「前橋住吉神社(市之関住吉神社)
 前橋市の北部、旧宮城村に神社はありました。

 駐車場は神社前にあります。自動車は、5〜6台位は停められそうです。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(ホームページより)。
「創建年月日は不詳であるが近隣の村社から推測すると、南北朝末期室町初期と思われる。
 創建以降は地域住民の信仰を集め、明治末期の一村一社の令を受け市之関村の大山祇神社、稲荷神社、下之森神社、天満宮を合祀し大正五年村社住吉神社として現在に至る。」

 群馬県教育委員会編「宮城村の民俗」によると次の通りです。
「村社は住吉神社で、祭日は4月19日だったが、のち4月15日になった。この日はまた境内に石碑が建っている蚕影様の祭りで、村人は繭玉をしんぜにくる。村の人は、春祭りといえばコカゲサンだと思っている。
 秋祭りは10月19日でこれをオクンチと言ったが、今は10月17日。」


 鳥居になります。
image

 社号標になります。
image

 こちらの神社の雰囲気は、村の鎮守と言った感じでした。

 手水舎になります。
image

 社殿になります。
image

(´人`)

 社殿に掲げられている社号額は、大勲位の息子で参議院議員の中曽根弘文の揮毫によるものです。
image

 御朱印は、境内の左側にある「授与所」で頂けました。
 御朱印代は300円です。

 社務所兼授与所です。
image




神社名:前橋住吉神社(市之関住吉神社)
鎮座地:群馬県前橋市市之関町665番地
祭 神:底筒男命 中筒男命 表筒男命 息長足姫命
社格等:旧村社

青龍山 茂林寺(群馬県館林市堀工町)5

image
 
 群馬県館林市にある曹洞宗の名刹「青龍山茂林寺」に参拝してきました。
 館林市の南部、「野鳥の森ガーデン」の南に寺院はありました。

 最寄り駅は、東武伊勢崎線「茂林寺前駅」になります。駅から寺院まで徒歩で10分位はかかりそうです。

 駐車場は通り沿いにありました。自動車は、かなりの台数は停められるかもしれません。


 こちらの寺院の由緒は、次の通りです(東京堂出版刊『神社辞典』による)。
「群馬県館林市堀工町1570。青竜山と号す。分福茶釜の寺として知られる。曹洞宗。
 応仁二年(1468)青柳城主赤井正光の創建で、相模国(神奈川県)最乗寺大林正通を請して開山とする。
 山門、総門、本堂、庫裡、開山堂があり、寺宝に分福茶釜、花鳥墨画(一花千金の牡丹と称し、明舜挙筆)等を蔵している。
 この分福茶釜は古来から有名で、種々の伝説を生じているが、『甲子夜話』第三五によると、開創のとき、守鶴という老僧が正通に従って来て、十世岑月に至るまで給じしたけれども、七世月舟の時には衆僧は千人に達したので、守鶴はどこからともなく大木な釜を出して来た。その茶釜は昼夜汲んでも尽きず、かつ八功徳を有し、福を分けるというので分福茶釜といわれた。ところが岑月がその正体を狢(一説には狐)を見破ってしまった。開山の徳を慕って僧に化身していたのである。岑月は鎮守として祭祀したという。
 またお伽噺には文福和尚の時、狸の変化である茶釜があり、古物商がこれを得て、見世物とし、のち当寺に納めたものともいう。
 境内には、この伝説童話とした厳谷小波の碑がある。」

 また、雄山閣出版刊「日本名刹大事典」によると次の通りです。
「曹洞宗。青竜山。本尊は釈迦如来。
 開創は応仁二年(1468)。開山は大林正通。開基は赤井照光。
 赤井氏は当時、東上州における新興勢力であった。当主照光はかねてから禅に心を寄せていたが、たまたま大林の声望を聞き、大林が小田原最乗寺の輪番住職を終えるのを待って館林に招いた。
 館林の地が下野・常陸・武蔵に近接した所であるため、当寺は上野のほか下野・武蔵・信濃など各地へ勢力を伸ばした。その結果、第三世密天正茂が住持する大永に朝廷の勅願寺となった。
 当寺には分福茶釜の伝説があるが、門前両脇には陶製の大きな狸がたくさん並んでいる。この伝説の原型は、開山大林正通に近侍し布教を助けた守鶴が持参した茶釜にあり、この茶釜は汲めど尽きず人に福を分け与えたというが、ある時守鶴は狸であることがわかってしまい、いずこへかさってしまったという。
 曹洞宗は在来の信仰を取り込みながら勢力を伸長したが、この伝説の背後にはそれがあるように思われる。
 寛永の寺院本末帳によると、門前屋敷二十石・山林二十町が榊原氏から与えられたことと、および末寺六十八ヶ寺が書き上げられている。
 朱印は二十三石六斗で本寺は美濃竜泰寺である。」


 以前、ゴールデンウィーク中に参拝しました。
 その時は、やはりかなりのは人手ででした。観光バスも来ており、駐車場は満車状態でした。それ以外は、さほど観光客はいないと思われますが、なにぶんにも分福茶釜で有名なので、多少の観光客は仕方ないでしょう。

 通り沿いに寺号標がありました。
image

 参道沿いには狸の置物やお菓子を売るお土産屋さんがありました。

 こちらが総門になります。
image

 総門を入り、本堂へ向かう参道の脇には大き狸立像があります。
image

image

 いわゆる「信楽焼」なんでしょうか?

 参道を進むと山門がありました。
image

 山門をくぐり、進むと左側には「守鶴堂」になります。
image

 分福茶釜のモデルとなった守鶴和尚が祀られています。

 こちらが本堂になります。
image

 こちらの寺院では、基本的に御朱印は「印刷」になります。まれに御朱印帳への揮毫があるようですが、常時墨書きをしていただければ良いのですが。

 宝物館には、守鶴和尚が使ったという茶釜がありました。いわゆり「分福茶釜」になります。
 拝観料は300円でした。




寺院名:青龍山 茂林寺
所在地:群馬県館林市堀工町1570番地
宗 派:曹洞宗
本 尊:釈迦牟尼仏
通 称:分福茶釜の寺
札所等:つつじの館林七福神 大黒天
記事検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログトピックス
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ