まほろば御朱印紀行

日本のまほろばを探して、社寺散策をしています。 社寺散策の日記を中心にいろんなブログを書きます。

産泰神社 限定御朱印(群馬県前橋市下大屋町)5

KIMG4237
 群馬県前橋市の東、長閑な田園地帯の中に神社は鎮座していました。

 駐車場は、参道沿いの左にありました。自動車は、100台くらいは停められそうです。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「群馬県前橋市下大屋町の安産守護の神社。祭神は木花佐久夜毘売命。別名大胡(または荒砥)の産泰様。
 前橋藩主酒井氏の尊崇を得たとされ、信仰圏は県下ほか埼玉・東京にも及ぶ。安産後はお礼に底抜け柄杓を奉納する。」

 また、案内板によると次の通りです。
「この神社の創建は、社伝によれば履中元年とされているが定かでない。しかし、社殿背後に壘々としている巨石群から、神社信仰の初現形態の一つである巨石崇拝にその起源があるとみられ、歴史の古さがしのばれる。
 安産を祈る者が、軽くヌケル(生れる)ようにと底を抜いたヒシャクを奉納するようになったのは、江戸時代以降のことで、前橋、伊勢崎などをはじめ県下一円の人々から、安産の神として篤い信仰を受けた。特に、前橋藩主酒井雅楽頭は、社殿の造営をするなどその信仰著しいものがあった。
 酒井氏の造営になった社殿は、多くの彫刻で飾られ、内部格天井には、酒井抱一が描いたとされる極彩色の花鳥図もある。数ある社宝のうち八稜鏡は、平安時代のもので、前橋市の重要文化財に指定されている
 また、四月十八日例祭の際に奉納される太々神楽も前橋市の重要無形文化財に指定されている。」


 前橋市と言ってもかなり長閑な所に神社は鎮座しています。

 鳥居と神門。
KIMG4217
 新築された祈祷殿になります。
KIMG4218
 社殿になります。
KIMG4220
 抜け柄杓。
KIMG4221
 狛犬?
KIMG4222
 狛御守り?
KIMG4225
 境内の左奥には、琴平神社や日枝神社等の境内社が鎮座していました。
KIMG4223
 境内社にも参拝される方もいらっしゃいました。

 令和に改元されたので限定御朱印が授与されていました。印刷の御朱印のみで御朱印代は300円です。いつまでの授与なのかはわかりません。
 
 御神札や各種御守り(各1,000円)等の授与品はありました。
KIMG4227
KIMG4228
 安産子育てのご利益がある神社になります。
KIMG4229
 御札や腹帯等の授与品はありました。祈祷を受けての授与かと思います。





神社名:産泰神社
鎮座地:群馬県前橋市下大屋町597番地
祭 神:木花佐久夜毘売命
社格等:旧村社

少間山龍泉寺 大開運御守(埼玉県熊谷市三ヶ尻)5

KIMG4215
 埼玉県熊谷市にある真言宗豊山派の名刹「少間山龍泉寺」にて「大開運御守」を頂きました。
 何故かここ一年くらいでがらりと雰囲気が変わったお寺。
 不動明王を本尊とし、観音堂の観音様は「三ケ尻観音」として知られていたお寺でしたが何故か弘法大師・興教大師を厄除・開運大師として宣伝し始める(´・ω・`) 
KIMG4214
 境内全景
KIMG4212
 観音様
KIMG4213





寺院名:少間山 観音院 龍泉寺
所在地:埼玉県熊谷市三ヶ尻3712番地
宗 派:真言宗豊山派
本 尊:不動明王
通 称:三ヶ尻の観音様、熊谷観音、埼玉厄除開運大師
札所等:関東八十八ヶ所 八十三番札所
    ぼけ封じ関東三十三観音霊場 二十九番札所
    彩の国武州十二支霊場 子年守護
    忍三十三観音霊場 二十九番札所
    幡羅郡新四国八十八ヶ所 三十八番札所
御詠歌:少間(さやま)なる 龍の泉を 訪ぬれば 降魔不動の お慈悲あふるる


鴻神社 再拝(埼玉県鴻巣市本宮街)5

KIMG4211
 久し振りに埼玉県鴻巣市に鎮座する「鴻神社」に参拝する。「こうじんじゃ」と読む。鴻巣市にあるので「こうのすじんじゃ」と読みがちですが違う・・・

 鳥居
KIMG4176
 参道
KIMG4175
 社殿
KIMG4170
 社殿内部
KIMG4172
 狛犬ではなく、コウノトリがいらっしゃった。

 神楽殿
KIMG4169
KIMG4171
 境内社
KIMG4174
KIMG4178
 御朱印は、境内右側にある授与所にて頂きました。以前は御朱印帳に直接頂けましたが、現在は印刷の御朱印・・・







神社名:鴻神社(こうじんじゃ)
鎮座地:埼玉県鴻巣市本宮町1‐9
祭 神:スサノオノミコト(氷川社) ハヤタマノオノミコト(熊野社) ワケイカヅチノミコト(雷電社)
社格等:旧村社 鴻巣総鎮守

玉村八幡宮 見開きの御朱印(群馬県佐波郡玉村町)5

KIMG4210
 群馬県佐波郡玉村町の中心部、玉村高校・玉村小学校・玉村町役場の近くに神社は鎮座しています。

 神社の南には「日光例幣使街道」が東西にあり、「玉村宿」の中心部になります。

KIMG4205
 最寄り駅は、JR新町駅、高崎駅、前橋駅、伊勢崎駅になります。
 玉村八幡宮のホームページによると、JR新町駅より北方へ徒歩60分から90分で着くそうです。また、新町駅や高崎駅からはバスの便があるそうです。

 神社専用駐車場はありました。自動車は、数十台は停められそうです。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(群馬県神社庁伊勢崎佐波支部著『伊勢崎佐波の神社誌』より)。
「当社は、霊元天皇の貞享四年(1686)、前橋藩の儒官古市剛によって記された『玉村八幡宮本紀(当社所蔵)』によれば、後鳥羽天皇の建久六年(1195)に、源頼朝が上野奉行安達藤九郎盛長をして鎌倉・鶴岡八幡宮より御分霊を勧請して創建した。当町内に鎮座する角渕八幡神社を元宮とする。
 時は下って後陽成天皇の慶長十年(1605)、徳川家の臣で関東郡代伊奈備前守忠次が、当地の新田開発に任あたって『今我荒原を以て熟田と成さんと欲す。附して請い願わくは神霊我を祐(たす)けよ。若しその功成る時は則ち感謝するに神社の造立を以てせん。』とその成就を祈願し、前橋の総社から天狗岩用水を延長する代官堀(滝川用水)を開削して開田するという一大事業が無事竣工した、同十五年(1610)に角渕八幡神社の本殿を移築して現在地に奉斎した。境内地は、伊奈備前守の陣屋(現在の小字名御殿、旧玉村中学校裏手)と開発に協力した和田与六郎の屋敷(現在の玉村高校)に挟まれた中世の環濠屋敷跡とされ、上新田と下新田の境に位置する。
 明正天皇の寛永十五年(1638)、前橋藩主酒井雅楽頭忠清によって修理が加えられ、後光明天皇の慶安二年(1649)八月三代将軍家光より朱印地三十石の神田を賜わる。また、前年の正保三年(1646)、朝廷において日光東照宮の神前に金幣を奉呈するために例幣使が派遣された。以来、当地玉村宿は中山道倉賀野宿を分岐とする例幣使街道の第一宿となり、三国街道別路と交差する地の利もあって例幣使街道十三宿中最も規模が大きくて繁盛する宿場となった。霊元天皇の寛文七年(1667)、再度前橋藩主酒井忠清によって社殿の修理が成された。貞享元年(1684)には、前橋藩主酒井雅楽頭忠明が新院良仁法王(後西天皇)の御宸筆、『八幡大菩薩』の神號を奉納し、東山天皇の元禄十六年(1703)に修理が加えられた。次いで、中御門天皇の享保十一年、さらに延享四年(1747)の両度、前橋藩主酒井雅楽頭親愛によって修理が加えられた。しかし、桃園天皇の寛延二年(1749)に崇敬篤志家である酒井氏が播磨国姫路に移封されて以降は領主による修理は行われず、以降は七郷十二ヶ村が協議の上『修造講』を興し、その講金に朱印地の収穫を合わせて祭儀の執行と社殿修理に充てるようになり、今日に至っている。
 明治七年村社に列せられ、同四十一年一月三十一日、下新田の無格社諏訪神社・無格社御殿稲荷神社・無格社神明宮、上福島の村社稲荷神社、与六分その稲荷神社を合祀する。また、明治四十一年八月一日には、本殿が内務省より特別保護建造物に指定され、大正十四年九月、県社に列せられた。
 昭和十一年に国の指導のもとに本殿の解体修理が為され、建築の時代考証において室町様式が確認されると共に、貴重な発見がされた。さらに、昭和二十五年八月、文化財保護委員会によって重要文化財に改めて指定されている。」


 日光例幣使街道沿いに鳥居はありました。
KIMG4204
 楼門です。
KIMG4191
 参道を進みます。
KIMG4192
 安産の守護です。
KIMG4193
 三猿🙈🙉🙊
KIMG4194
 手水舎
KIMG4195
 ニノ鳥居
KIMG4196
 社殿になります。
KIMG4197
 境内社
KIMG4201
 二宮尊徳m(__)m
KIMG4202
 授与所にて御朱印を頂きました。飴付きになります。御朱印代は500円です。





神社名:玉村八幡宮
鎮座地:群馬県佐波郡玉村町下新田1番地
祭 神:誉田別命 気長足比売姫 比弯
配 祀:素盞嗚命 健御名方命 大鷦鷯命 熊野久須毘命 大己貴命 倉稲魂命 火産霊命 大日孁命 豊受姫命 菅原道真命 伊弉諾命 伊弉冉命 櫛御気命 瓊々杵命
社格等:旧県社

健田須賀神社 境内社「猿田彦神社」の御朱印(茨城県結城市結城)5

KIMG4164
 茨城県結城市の中心部に神社は鎮座していました。

 最寄り駅はJR水戸線「結城駅」になります。徒歩で神社まで10分位かと思われます。

 神社専用の駐車場はありました。北側に鳥居があり、その右側にあります。自動車は10台以上は停められそうです。


 こちらの神社の由緒は、次の通りです(大修館書店刊『日本の神仏の辞典』による)。
「【健田須賀神社】
 茨城県結城市結城浦町の旧県社。延喜式内社(合祀社)。祭神は健田大神・須賀大神。
 例祭は11月15日。7月15日から22日に神輿渡御祭があり、15日に子供の無病安全祈願のおけさ幣を授与する。4月15日に太々神楽を奉納する。7月31日の夏越祭では新茅の茅の輪と疫神を麦藁で作る。
 結城朝光が尾張国の津島神社から勧請し須賀神社と称した。付近にあって衰微した延喜式内社の健田神社を合祀して現社号になる。」

 また、臨川書店「神道大辞典(縮刷版)」によると次の通りです。
「【健田須賀神社】
 茨城県結城郡結城町大字結城に鎮座。県社。健田大神・素盞嗚命を祀る。
 もと健田神社・須賀神社の二社なるを健田神社は延喜の制、国幣の小社に列せれたが、近世は社運衰微し、明治三年須賀神社に合併す。須賀神社は結城朝光尾張津島社より素盞嗚大神を勧請せしに創まるという。
 例祭日、11月15日。」


 北側に鳥居があり、社殿は東向きになっています。
KIMG4131
 社号標になります。
KIMG4132
 手水舎です。
KIMG4133
 社殿になります。
KIMG4136
 やはりゴールデンウィーク中なので参拝者がいらっしゃいましたが、令和元年五月の御朱印を頂く方が多いのかなと思いましたが、意外と少なかったです。

 境内社の猿田彦神社です。
KIMG4134
 祭神は猿田彦大神になります。

 神楽殿です。
KIMG4137
 境内社になります。
KIMG4139
KIMG4140
 授与所にて「猿田彦大神」の御朱印を頂きました。御朱印代は300円です。
 御神札や御守りといった授与品はありました。「御手杵御守(一体700円)」頂きました。





神社名:健田須賀神社
鎮座地:茨城県結城市結城195番地
祭 神:武渟川別命(たけぬなかわわけのみこと) 須佐之男命
社格等:延喜式内社(健田神社) 旧県社 結城総鎮守
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール

まほろば

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
Twitter プロフィール
メッセージ

ご質問がありましたらメッセージをお願いいたします。 全てのご質問にはお答えできません。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

J-CASTニュース
livedoor 天気
  • ライブドアブログ